ブログトップ

CHIE SUZUKI HOME COURT blog

chiesuzuki.exblog.jp

丹下ウッディ段平

d0038897_17512074.jpg



アトランタ・ホークス、元コーチ、
丹下ウッディ段平、ジョー・ジョンソンを呼ぶ。
[PR]
# by chiesuzukihome | 2011-02-13 17:52 | NBA | Comments(4)

ウォール

d0038897_211282.jpg

(イラスト:ジョン・ウォール)


壁に見えて、それは壁じゃない。

















自分が壁を想像しているだけ。
[PR]
# by chiesuzukihome | 2011-02-10 21:02 | NBA | Comments(0)

謹賀新年

d0038897_15242171.jpg

(おせち料理…日本の正月料理)






d0038897_21431779.jpg

(おせち料理2…日本の正月料理に出没した選手たち)





2011年お正月


ブログ更新、やっとです。
今年もよろしくお願いいたします。



しばらく閉めていたコメント欄を開けておきました。
(認証制にしたので表示に時間がかかるかもしれません)
[PR]
# by chiesuzukihome | 2011-01-08 22:04 | Comments(10)

イラスト:レブロン・ジェームス

d0038897_22522316.jpg


(イラスト:王様の冠を脱いだレブロン)


マイアミ・ヒート社でばりばり働く中堅サラリーマン。
[PR]
# by chiesuzukihome | 2010-11-22 22:53 | NBA | Comments(0)

ペニーはまだ諦めない

d0038897_2142926.jpg

(写真:ペニー・ハーダウェー。ええっ?ヒートにビッグスリー?こりゃたいへんだ)



写真はペニーがヒートに復帰したころに撮影したものです。
2007年11月11日のマジソンスクエアガーデンにて。

このあと12月には解雇になってしまい、短い復帰劇は幕を閉じてしまいました。
それから2年9カ月、ペニーはまたもや、チャレンジしたいと表明した。


ウェイドのヒートに、ボッシュとレブロンがやってきたことに刺激を受けたのか、復帰を望んでいる意思をラジオで語った。
最後の最後、できるなら名声が欲しい。という。

その後ESPNとのインタビューでは、相変わらずせっかちで力強い喋り。
「ミニマムでいいんだ、3年前は33分プレーできた。」
同じようにけがを負ったことのある同世代、グラント・ヒルが未だにスターターでプレーしている事も、自分もまだできる証明として提示し、その喋り方、強いけどいつもどこかに頼りなさはあるがはっきりと言い放った。


ツイッターでは一時トレンドワードにあがり、そこには肯定的な意見と批判的な意見が書かれていた。「ずっとペニーを応援し続けてきた、最後にまた精一杯プレーしてほしい」というものや「シニアシチズンがプレーするにはボストンだろ」とか、辛辣なものまで多々あった。



d0038897_2171563.jpg

(写真:ペニー・ハーダウェー、チャージング取り。ファールの勘が取り戻せない。)


d0038897_2175417.jpg

(写真;NIKE ZOOM BBにPenny(1 cent)のロゴが。NIKEは今もAIR PENNYを売り続けている)

最近のシグニチャーは、ホログラムやロゴとなってシューズにペニーの顔をデザインしている。しかしそのペニーは、ペニー・ハーダウェーではなく、ひとり歩きしたリトルペニーなのだった。


d0038897_21195686.jpg

(写真:つかれた〜。となりのシャックは1歳下、今夏どこへ移籍するか注目)


当時のチームメイトはシャック、アロンゾ、ハスレム、、ジェイソン・ウィリアムス、リッキー・デイビス、ウェイド(怪我)など。
このときプレシーズンからロスターに残したのは、ライリーのペニーへのリスペクトもあったかなあと思う。
名将ライリーであっても、若い頃のペニーのとんでもない才能と迫力には降伏していたであろう。



d0038897_21202034.jpg

(写真:シュートフォームはそのまま。ジャンプ力が衰える)

これらの写真の6日後に行ったネッツ戦、6本中6本のシュート成功で16点を挙げ、ヒートを勝利に導いた。
こんなの僕にとって、ふつう…と言わんばかりの自信に満ちた顔だった。
ニックスでプレーし始めてすぐ(2004-5)、ベテランであるのに思うようにプレーできなくて一人ロッカールムで落ち込んでいた姿とは、全く違う男だった。


d0038897_21204289.jpg

(写真:ディフェンスもやるよ)

2007-8このシーズンのヒートは15勝67敗。ヒートの成績不振も理由のひとつだとライリーは名残惜しそうにペニーを解雇。若い選手に15人分の1のポジションを与えたいためだった。
16 games, average 3.8 points, 2.2 rebounds, 2.2 assists & 1.19 steals.


今回も、「大きなパズルの小さな一片でいいから」という。
あまりにも正直だ。

しかし、若い選手がしのぎを削っているヒートは、ペニーに興味を見せていない。いったいどうやったらロスターに残れるのだろうか。39歳のバスケ人生、確率は0.1%くらいかもしれないが、ペニーの復帰、もし叶うなら、応援したい。
[PR]
# by chiesuzukihome | 2010-07-19 16:38 | ChiePhotosNBA | Comments(4)

NBAファイナル

NBAファイナル、あと1試合で終わってしまう。


ロスアンゼルス・レイカーズ対ボストン・セルティックス。

レイカーズは昨年優勝し、セルティックスは一昨年の優勝。

今シーズン新しく加入した選手には、まだ優勝の経験がない。


きっとこんな夢を見ているのだろう…。


あさっては、ゲーム7です。
どちらが現実に?


d0038897_22402880.jpg

(合成写真:ネイト・ロビンソン、ヴィンテージなボストンガーデンで優勝リングを見せびらかす。肩にはグレン"シュレック"デイビス)



d0038897_22405593.jpg

(合成写真:ロン・アーテスト、地元クイーンズブリッジで優勝を思い出しては、にやけてしまう…)
[PR]
# by chiesuzukihome | 2010-06-16 22:43 | NBA | Comments(0)

NBA blogをやっと更新

ファイナル真っ最中のNBA。

ボストン・セルティックス対ロスアンゼルス・レイカーズ
なのですが、


それらは、
ツイッターのほうでぼちぼちつぶやいています。
それ以外のコーチ就職戦線も、ほとんどリアルタイムの情報ですよ。

ツイッター上では
お会いした事ない方々や、年に2回は必ず取材で会っていた記者たち、同じ雑誌でイラスト描いている仲間たち…と通信し合い、バスケ周りが華やいできています。


・・・



今年のファイナルはフェニックスなら渡航しようと考えていましたが、
ゲーム5、残り1秒のロンロンの意表をついたリバウンドからのシュートで、夢は見事に壊れました。



・・・


ちょっと中途半端でまとまりがないのですが、
とりあえず更新してしまいます。

あとでまた、書き換えるかもしれません。

・・・




西カンファレンスファイナル最後の試合、



ゲーム6、ロッカールームではこんな言葉がホワイトボードに書かれていたそうだ。

「in the end, it's not going to matter how many breaths you took,
but how many moments took your breath away.」

これは、Shing Xiongという人の名言らしいのだが、この人誰なのか知っている人いる?


この名言を元にしたのか、こちらが最初なのか、
映画Hitch (邦題:最後の恋のはじめ方)に登場するセリフ。

Hitch: Life is not the amount of breaths you take,
 it's the moments that take your breath away. 

これらが表すのは


「人生はどれだけ長く生きるかでなく、どれだけ至福の瞬間をもてるかだ。」


ちなみにこの映画は
Hitchいう名のウィル・スミス演じる主人公が、女性を射止めたい男性のために一役買い、それぞれの女性の性格に合った口説くスキルを伝授する。彼はいわゆるデートコンサルタントを職業としている。ニューヨークが舞台のロマンティックコメディ。

この映画自体は洒落ていて、
どんな女性に対しても、戦略を立てて男性たちに実践させれば、的中する。
というヒッチ、なんだけど、自分の恋愛では…。



この映画にはコービがやってきてシュート連発みたいなのは、なかったな。。。。。

ゲーム6を見た方ならお分かりのように、それは相手選手、コービが残り3分で何度も息をのむような至福の瞬間をひとりじめし、…サンズは敗退したのだった…。なんと言う皮肉だろうか。


ダン・マーリーの持ち出した、この一文をグラント・ヒルがホワイトボードに書き出した。

それとも、サンズにとって、「カンファレンスファイナル出場」でも至福の瞬間だったのだろうか。



・・・


今年のプレーオフ、濃い瞬間を過ごしていたかもしれないけれど、
とにかく、ナッシュには、プレーオフの雰囲気ともまた一段違った、「ファイナルの味」を享受してほしかったな。

ナッシュやヒルには、どれだけ長くプレーできるかも大切…。
[PR]
# by chiesuzukihome | 2010-06-08 18:49 | NBA | Comments(0)

青い葉を探す旅

もう3年くらい探し続けている。


Bluethooth mouseで

厚さ(高さ)2.5cm以下で

1000dpi以上で

Mac対応のもの。

書籍が電子な昨今、こんな簡単な課題が解けないなんて。



高さ2.5cmってのがくせ者なのはわかっているのだが。
あのアップル純正Bluetoothマウスのような美しいもので、ひとまわりからふたまわり小さいものを作ってほしい。アメリカ人のおじさんの手のひらに合わせたデザインのマウスなんか使えないであるよ。


日本のコクヨの電子部門?に厚さ2.7cmの小さいBluetoothマウスに出会ったのだが、Macに対応していない(残念過ぎる)。世界中を探し歩いているんだけど(ネットで)なかなかみつからないのだ。



ちなみに今使用しているのは、香港から取り寄せた厚さ1.5cmのWiredのマウス。でもBluetooth がほしいの。

(タイトルは、Bluetoothだから歯なんだけど、この漢字が好きじゃないので)
[PR]
# by chiesuzukihome | 2010-04-14 17:00 | 旅人 | Comments(0)

おひさしぶりです。

もうオールスターもトレード期限も過ぎ、NBAシーズンはプレーオフへ向けて佳境に入ってきました。約半年もほったらかしにしていたこのブログ、それでも足しげく通ってきてくださった方々。どうもありがとうございます。

最近はツイッターのほうでぶつぶつたわごとを流してます。ここには雑誌HOOPのライターやイラストレーターのみんなもいて、楽しいです。パソコン使用が必須のこの仕事、同僚と席を並べている感覚もあり、しかも勝手に外出しても部長に怒られない。(笑)
リアルタイムで入ってくる情報を瞬間で捉えて共有する、このスピード感は今までにないものですね。今回は特に、チーム重役が揃ってのトレード会議が隣の部屋で行われているような感覚を、各チームの番記者たちが寝ずに世界に向けて発信し、その状況を一秒間隔で共有できました。

そんなおもちゃを手に入れた今、ブログがアナログ?な感さえしてきます。
長文書けよと気づいたら、こっちのブログに少しずつ更新していきたいともおもいます。(おもいます...)
[PR]
# by chiesuzukihome | 2010-02-19 21:13 | NBA | Comments(0)

イラスト

d0038897_0105749.jpg

(イラスト:OJ Mayo Memphis Grizzlies)


続きは10月25日発売のHOOPでね。
[PR]
# by chiesuzukihome | 2009-10-13 00:05 | NBA | Comments(0)