ブログトップ

CHIE SUZUKI HOME COURT blog

chiesuzuki.exblog.jp

<   2013年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ブルックリンネッツ観に行くなら2

d0038897_1615421.jpg

(写真:NEW YORK TIMES紙 Dining &Wineより)

スポーツ観戦というと、バーガーとコーラ。が定番みたいなのがアメリカンFOODスタイル。
マクドナルドでもケンタッキーでもいいからアメリカンフード!!カモーン。てな感じですが、

でもブルックリンのバークレーセンターでは、
どうやら、そのへんも凝りに凝っているらしい。

だからといって、グルメレストラン乱立ではなく、
ブルックリンスタイルのアメリカンフードを確立した店をチョイス。
ホットドッグやナチョス、サンドイッチが観戦にはちょうどいいので、そのシーンは崩壊させず、味にうるさいひとでも納得のいく、たとえば

●ポテトとズッキーニのチップス、きゅうりとゴルゴンゾーラのとろとろチーズソースかけ。(Fresco by Scotto)↑写真上段中央
●たっぷりのワカモレ囲んだチップスのカレシコ・ナチョス。(Calexico)↑写真下段右
(私が食べてみたいのを2つチョイスしてみたよ)

といった風。
大量生産プロセスチーズではなく、ゴルゴンゾーラやブルーチーズを使用。
ハラペニョも使うけどセロリも。
ここのファストフードは、食欲をそそるけど味の調和がイケてるようだ。


ブルックリンの老舗手作りファストフードやカップケーキ、アイスクリーム屋さんなど
末永く地元に愛されているところの出店も数多い。


その中でもとびきり愛された、"ジュニアーズ"というアリーナの真ん前に位置している有名なファミリーレストラン?があって、ブルックリン出身のステフォンマーブリーもここでアーリーエントリー宣言をしたという地元のアフリカンアメリカンにも慕われた、ニューヨークの観光名所的解釈もある老舗。
ここのニューヨークチーズケーキは地元で大人気。(実は、日本の甘さ抑えめスイーツに馴れてしまっている私には、甘過ぎて濃厚すぎて食べられなかったよ…笑)
そのお店のブルックリンネッツロゴ入りチョコレート・カップケーキというのが、どうやらシグネチャーケーキになっているらしい。
d0038897_16151890.jpg

(写真:New York Daily News紙 FOODセクションより)


また、オーナーの一人ジェイZのマンハッタンにあるバー40/40もアリーナ内にあるそうだ。
マンハッタン25丁目の同店、ここで大画面テレビのプレーオフを観戦したり、NewEra(野球帽の会社)パーティの取材をした事があるが、酒と試合があれば何でもいいというスポーツバーが多い中、ここはお洒落で最先端の志がびしびし伝わって来たものだ。(トイレが男女共用なのとそのドアが曇りガラスなのは止めてほしいけど笑)


バークレーセンターはアメリカでも最新なアリーナで、
ファストフードの味にもうるさいぜなスポーツ観戦野郎でも満足できる、幅広い客層に受けるFOODチョイスはセンス抜群。


でもまあ、今行く予定もないので写真でアリーナの雰囲気だけでも味わってみることにしようかのう。ブリーチャーレポートのブログのリンクです。
[PR]
by chiesuzukihome | 2013-03-04 15:28 | NBA | Comments(2)

ブルックリンネッツ観に行くなら1

d0038897_14545063.jpg

(写真:Gordon's Fabulous Brooklyn private bedbathsuite)

ブルックリン・ネッツ見に行くという、知人。
そこで、彼女のために先日ちょこっと調べたアリーナ周辺スポットリンク先を、貼付けておきます。


ニュージャージーネッツ時代はマンハッタンからバス乗ったり電車乗ったり説明が難解でしたが、
ブルックリンになってからは、地下鉄で1本なので、みなさんもニューヨークを訪れたのなら最新アリーナでNBAを見るといいよ。
アリーナはブルックリンブリッジとマンハッタンブリッジを渡り交差するフラットブッシュアベニュー沿いで地下鉄駅と繋がっています。


ブルックリンのフォートグリーン(fort greene)地区は
ブラウンストーン建築の閑静な住宅街。(アリーナの北側)
Googleマップではこの位置関係。

レストラン検索すると、沢山出てきます。
私の勝手な印象ですが、北アフリカやカリブ海出身のフレンチレストランが多いように感じます。
一般的なフレンチにちょびっとスパイシーな味付けというのかな〜?
ファンキーフレンチビストロ。なんつて勝手に命名。


行く前にどうしても画像が見たい方は、これ。
この写真、季節的に冬ではないので、バスケシーズンになるとストリートに椅子はないと思います。たぶんレストランの中は暖かく、入り口は寒気避け透明ビニールカーテンで覆われているかと。
ブラウンストーンの建物は、入ると階段があり、3階までひと家族で住んでいない場合、階ごとに賃貸物件として貸し出している100年建築。

こんなのもあるらしい。(このサイトはおもしろいよ。日本語)


そして、お宿ですが、旅慣れている方ならホテルではなくB&Bがオススメです。
さきほどの
サイトの下のほうに、Popular Place To Stayと書いてある所、長期滞在にオススメ。
ここなんか、まさに住んでみたいブルックリンの典型。一泊7856円だそうです。人気のようで先まで予約一杯。(↑写真参照)
※マートルアベニュー沿いなので、深夜は気をつけてください。
(アリーナから徒歩5〜6分くらい)

また、日本語通じたい人、
ここワンハンドレッドは日本人が運営しているので、何かと便利でしかも世界中を旅したというオーナーさんの心意気が集結していそう。
アリーナのすぐ近く(徒歩2〜3分)

自分なりの旅を楽しみたい方にはオススメの宿。



安全について。
ニューヨークは危険!と思い込んでいるかもしれませんが、近年かなり安全です。
とは言っても、夜遅い時間に人通りの少ない場所を一人で歩くのは避けてください。
[PR]
by chiesuzukihome | 2013-03-01 14:14 | NBA | Comments(0)