ブログトップ

CHIE SUZUKI HOME COURT blog

chiesuzuki.exblog.jp

<   2012年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2チーム敗退

プレーオフ
自分がわりと贔屓にしている2チームは負けてしまいました。

ニックスは、最後まで同じ問題を抱えていて
アマレとカーメロ両方を活かす攻撃ができなかったこと。

ポイントガードの問題。2月頃ジェレミー・リンという救世主現れるも、怪我で
オールスターとプレーオフという重要な祭りに参加できなかった。

バロン・デイビスとマイク・ビビーという保険的ベテランも、自分の仕事はしてくれたと思うけどニックスのポイントガードとして、君臨することはできなかった。

個人的にはFAのスティーブ・ナッシュを望みますが、そうすれば
アマレも活かせるし、カーメロのオフェンスをコントロールする事も可能かと思うのですが、どうなんでしょうかね。そしてチャンドラーのディフェンスは、ディフェンス苦手なおふたりが居るにもかかわらず、このチームをディフェンスチームにしてくれそうですが…。

これは↓過去に描いたイラストですが、ツイッターフォロワーの方が
携帯の待ち受けにしてくれていたそうで、、、ありがとうございます!!
そうです、私にはアマレは「美しく散る」タイプで、ニューヨークでリッチでそこそこの成績で
セレブやっている場合ですなタイプには見えず、ニックスという戦場?で人生を全うして欲しいと
願うのです。

d0038897_21194017.jpg

(イラスト:アマレ 二等兵。美しく散ります)

というわけで、今回も無難に散ってしまったニックスです。

(あ、それからベンチ陣はけっこうお気に入りで、ノバク、ジェフリーズ、JR、シャンパートはできれば残して欲しいです。フィールズも)


もう一つのチームアトランタは、
運が良ければ、対セルティックスGame6に勝つ能力はあっただろうと思われます。
けれど、途中で流れを変えるような威勢のいい状態になりにくいチームで、
ジョッシュのダンクなどはきっと流れを変える役割があったと思うけど、
職人ジョーとまだ若いホーフォードのリーダーシップはもうひとつだったかな…。
このチームは才能もあるし、コーチも悪くないし、長年一緒にやっているメンバーで
意思の疎通もあるはず。
だけど、プレーオフ2回戦より上に行けない何かがあります。
これレニー・ウィルキンス時代から一緒?

なんだろうね。


それと、今回悔しい審判のジャッジミス。

2点差で、マービンのインバウンドの前にマーキス・ダニエルズがホーフォードにファールし、笛が鳴った。1フリースローが与えられてもいいところを、そのままサイドラインからのインバウンドのみに。
(このミスを認めた審判のサイト)


その後もう一度ダニエルズのファールでホーフォードに2本のフリースローが与えられ、一本目をミス。
となると二本目のフリースローは、
ホーフォードは「2本目はミスするべきだった。タイムアウトが残っていないとは気がつかなかった」

のだという。ほんの数秒間に判断しなければならない事が山ほどあり、
それを克服するのは、シュートやディフェンスの才能以外の経験や危機意識などであり、
それが必要なのだろう。ホーフォードはGame5で1月の怪我からやっと復帰したばかり。突然訪れたピンチの場面だったこともあり、混乱してしまった。

プレーオフを勝ちぬくのは難しい。

ゲーム7に行けたなら、ホームコートだし、勝算もあっただろう。
…といまさらぶつくさ言うのはタダ。
[PR]
by chiesuzukihome | 2012-05-12 23:48 | NBA | Comments(0)