ブログトップ

CHIE SUZUKI HOME COURT blog

chiesuzuki.exblog.jp

<   2011年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

数字をごまかすことは真実を曲げること。

あさってはファイナルだ。
ヒート対マブスという2006年の再現のよう。
あのときはパット・ライリーの錬金術?でメンバーがひとつになり、大逆転優勝だった。
しかしダーク率いるマブス、ジェンソン・キッドが司令塔だ。彼もネッツ時代ファイナルに出場した事があるが優勝はまだだ。マブスにも優勝を味わってほしいがどうなるだろう。

ツイッターのほうでときどきつぶやきます。


。。。。


ところで、最悪の事態が続いている原発だが。


これから我々が気をつける事は内部被曝。
といってもほとんどの人が知識を持っていないし、歴史的に見ても、住宅地域に放射性物質が長い間垂れ流しになる事態を経験した事はない。人類史上数えるほどしかない出来事。


空気、水、野菜や魚から取り込んだ、セシウムがいったい人体にどれくらいに積算されているのだろう。
元ベラルーシ医師のすげのや昭氏は関東圏のことを心配していた。
菅谷氏は現長野県松本市長で、同市の給食は内部被曝ゼロという方針を打ち出しているという。地産地消とともに近県の食材も使用するも、放射能暫定基準値以下でも、放射性物質が検出されているものは避けるという。子供にとって給食は毎日食べるもので、親御さんにとってこれほどありがたいことはないだろう。

内部被曝と外部被曝でどのくらい「低線量被曝」しているのかも
まったくわからないし、どれほどの病気になるのかも、次の世代に影響を及ぼすのかもわからない。
こんなわからないことづくめなのは、史上数えるほどしかないことや、何かの力によって隠蔽されているとか、そういうことがあるのだろうか…。


。。。



そこで、限りなく状態の近い、最悪の事故チェルノブイリを検証してみるのだが、
どうも、政府もメディアも、できるだけチェルノブイリとは違うということをアピールしたいようなのだが。

あの放射能がどこにどれだけ流れるのかを予測するために作られたSPEEDIは、事後一部公開にとどまり、近隣住民は思い切り被曝した。
SPEEDIはニューヨークのマンハッタン近くにあるインディアンポイントという原発の被害対策のために作られたものを見た青山繁晴氏が日本に戻ってヒヤリングしたものをモデルにした。
ニューヨークという東京以上に大きい都市に、放射能が漏れたときのことを想定し、綿密な対策が立てられた。風向きと地形、天気によってどこにどれほどの放射能が降りそそぐのかを予測するもの。

しかし、アメリカ、そういった対策は万全過ぎるほどであるし、住民に被曝させてはいけないという前提も十分なのだが、気になる事が多々…。

1945年日本敗戦以降、アメリカは広島被曝状況追跡調査した。
毎月被爆者たちを病院に呼び、検診するが治療はしない。
なんという鬼畜米英…。という言葉を吐いてしまうほど醜い実験データはアメリカに山ほどある。
はずなのだが、なぜか100msv/y以下の低線量被曝のデータは科学的根拠なし。なのだ。
(米国科学アカデミーは低線量被曝を肯定)

それに御用学者山下俊一氏も100msv/y以下は健康に被害はないというし、
それから、日本の官邸ホームページでは、チェルノブイリの死者数は28名という。
http://www.kantei.go.jp/saigai/senmonka_g3.html

ええっ?

。。。


●「チェルノブイリ小児病棟 五年目の報告」
という番組をNHK広島が制作したのは1986年から5年経つ1991年。

この秀逸な番組は、佐藤幸雄 木村昭朗 小熊信夫
この三人の広島から来た医師によってベラルーシの子供たちを治療するというドキュメントだ。
ベラルーシはチェルノブイリから180キロの地点にあり、低線量被曝や内部被曝で子供たちが危険だということで、
ベラルーシの子供の親たちは、原爆広島から来た医師と聞き、祈る思いで治療させた。
子供らの首のリンパ腺を触ると、ごりごりしたものが見つかり、甲状腺がんの手術を強いられる。水頭症の胎児、白血病の進行が続く少女…。というかわいそうな場面ばかりで悲しくなる。

ところが、
ソビエト政府がIAEAに依頼し報告書を作成。
「国際チェルノブイリ計画調査報告書」
は1000ページ英文。それによると、

「放射線被曝に直接起因すると見られる健康障害はなかった。今後大規模な疫学調査をしても、ガンや遺伝的影響の増加が放射線によるものかどうかを見分ける事は困難である。」という結論を報告。


ええっ?!

これはベラルーシの医師や看護士の間に波紋を残した。
「小児病棟で起きている異変」を、その現実をどう説明できるのか。
あらゆるデータが不足しており、中には何がしかの理由で死亡診断書を書かないベラルーシやロシアの医師も。
前述の広島の医師たちは、「長期間による追跡調査が必要」という言葉を残したのだが…。

この3人の医師、いまも日本で活動していると思うが、
この福島の事故後に出てきてもいいはずだが、表に出てこないし意見もないようだ。
なぜ。彼らも電力会社から口止め料でももらったのだろうか。


なぜこんなことが起こるのか。
WHO(世界保健機構)のチェルノブイリ死者数は4000人という報道発表。
しかし別の報告では100万人に達しているという。
この違いはいったいなんなのか。


●これはジャネット・シェルマン博士による「チェルノブイリ~大惨事の環境と人々へのその後の影響」より。この本は公開された医学的データに基づき事件の起きた1986年から2004年までで、98万5千人が亡くなったとしています。
http://www.universalsubtitles.org/ja/videos/zzyKyq4iiV3r/

●日本では野呂美加さんがチェルノブイリに趣き、現在も各地で講演している。
http://hidamariblog.jugem.jp/?eid=852

彼らや、ジャーナリスト、医師が現実を語るも、WHOとIAEA、さらに世界の原発推進組織とも利権でつながっており、出来る限り数字を小さく見積もるようにできている。WHOとIAEA間に1959年に結ばれた協定では、一方がもう一方の承諾を得ることなしに調査書を発表することを禁じているのだ。

ベラルーシではほとんどの子供がどこかしら病気で具合が悪い。
放射能は、白血病や甲状腺がん以外にも、心臓病や知能障害、糖尿病などさまざまな病気によって人体に影響を及ぼす。

これらを発表する事がいかに都合が悪いかということである。
また、チェルノブイリ、広島、長崎で起きた被曝による健康被害調査に関する報告書の出版もIAEAの介入により、見送らざるを得なかったという。チェルノブイリ事故に関わった専門家やWHO元職員から告発されている。
(IAEAとは国際原子力機関で原子力の平和利用を促進する組織だが、要は原発促進組織)

。。。


ちょっと長くなるが、もうひとつ付け加えておく。

ドイツが2022年までにすべての原発を廃炉にするという。
こんな思い切った政策をメルケル首相は打ち出した。

「科学的にはあり得ない事が起こりうる事を日本から学んだ」という。

まだフランスから原発電力を貰ってはいるものの(微々たる量らしいです)、大胆な政策。
ここまで政治家を動かしたのは、おそらく国民。

ドイツでは福島以降、原発反対デモに25万人が集まる。(日本ではまだ数千から1万人くらい?)
これは憶測だが、こんなテレビ番組が放映されたり、新聞メディアにこれらの数値が掲載されたからだろう。

●南ドイツ新聞:16の原子炉のある周辺地域で幼児がガンにかかる確率が高いことが明らかに(しかも科学では証明できかねるごく低線量)
http://www.priee.org/modules/pico2/index.php?content_id=12

●原発と白血病の因果関係(クリュンメル原発の近くで子供たちが次々と白血病に)
http://www.youtube.com/watch?v=K3VFzSLFpwg


日本もこれくらいはっきりとメディアが取り上げれば、
デモ25万人は容易に行われるかもしれない。
日本ではむかしから広瀬隆氏や樋口健二氏ががんばっている。現在は彼らに加え、
フリーのジャーナリストらが事実を明らかにしている最中だ。


。。。


チェルノブイリで病気になったり亡くなった子供たち、奇形のまま生きている短命な子供たちが
世界的組織WHOの報告から故意にもれているのが、原発利権の姿なのである。

現在福島では、御用学者の権化、山下俊一氏が県民の健康調査をするという。
また同じことが起ころうとしている。
誰か止めてくれ…。
[PR]
by chiesuzukihome | 2011-05-30 21:37 | 原発震災 | Comments(0)

天秤にかけてみると…。

原発推進・容認派と脱原発・反対派の間で、
意見の食い違っている部分の一つに、死者数というものがある。

原発による死者は少なく、放射能被曝での死者は、イメージよりも相対的にみて少ない。
したがって、原発はそんなに危ないものではないのでは?


政府や学者が安全と言っていた。
ただちに健康に影響はでないんだったな。



放射能は、人間の体に害を及ぼす。
それもたいていの場合、時間をかけて、ゆっくりとDNAを傷つけ蝕んでいく。

http://matome.naver.jp/odai/2130343998286752301

ナタリア・マンズロヴァさんは、チェルノブイリ事故に関わった科学者の一人。他の13人の科学者メンバーは全員亡くなったという。

マンズロヴァさんが伝えたいのは、
政府を信じず、自分で学び考え行動する事が大切だということ。

なぜ政府を信じてはならないのだろうか。
政府は、国という大きな組織を動かさなければならない。それゆえ、少しの犠牲よりも、多くの国民がパニックにならず、国に従ってくれる事を優先する。起こった事をなかった事にしたいときもある。

それが当時旧ソ連で実際に起こった。
ロシア、ウクライナ、ベラルーシでは、医療制度はモスクワ政府管理下にあり、多くの医師は死亡診断書に、放射能汚染が原因と思われるガンなどで亡くなった事実を記載しなかったという。

甲状腺がん、白血病のようなガンだけではなく、放射線は脳にも蓄積し、マンズロヴァさんもてんかんのような発作を起こし、精神病棟に入れられそうになったという。(25年経った今も苦しんでいる人たちがいる)

チェルノブイリの死者数について、4千人と報じられているが、100万人だという報告書も出ている。ここにも、原発での被害を小さく見せようとしている大きな権力(原発推進のIAEA, WHOも)の影響が見られるのだ。


では、チェルノブイリ事故と福島は違うと思っているようだが、
3月の地点で、レベル7で炉心溶融であったことを後になって発表した。
なんだ日本も旧ソ連と同じではないか。
水素爆発の直後、3月頃民放やNHK出演していた学者は全員「問題ありませんよ。安全です」と国民をパニックさせないために発言させられていたが(これを隠蔽という)、それ以外の例えば小出裕章さんをはじめとした学者、外国の学者は、炉心の温度や炉内の圧力などの数値、放射性核種を見て、これはほとんどの炉心が溶融していると発言しており、最悪のシナリオも予想していた。(実は4月の朝まで生テレビに出演した、推進派の代表のような学者石川迪夫でさえも…)

そして、
既に福島原発付近の村の土壌汚染の数値は、文科省の発表する数値を見るとチェルノブイリ以上となっている。
もし、3月12日から13日にかけて、政府が半径30キロの住民に(正確にはSPEEDIで風向きを検証した地域)せめて約1ヶ月栃木あたりにでも避難誘導できていたら、被曝量はだいぶ低く抑えられたであろう。

あれは取り返しのつかない日本政府の判断だったのでは…と思う。
[PR]
by chiesuzukihome | 2011-05-18 20:59 | Comments(0)

技術屋さんの苦悩

。。。


先日、岩上安身氏によって行われた
武田邦彦教授(元原子力安全委員)のインタビューを聞いて興味深く思ったのは、


内閣府原子力委員会の「専門家たち」が集まる会議で、
武田氏はこう思ったそうだ。
「原子炉を守るのか、住民を守るのか。彼らは前者を考えている」という。

2006年の「地震指針」という安全を考える会議で、彼らの考えは、
電力会社が想定していない事態が起こった場合、
「地震で施設が倒れて当然、放射能漏れて当然、住民被曝当然」と考えているという。
電源などの付帯設備に注力せず予算を費やさず、原子炉自体を守りたいと思っており、それは住民の安全を考えていないという事。


武田氏は、これでは何のために技術屋をやっているのかわからない。技術は人類や社会に貢献するためのもの。この頃から原子力推進派から批判派に変わり、今では反対派になってしまったという。


彼らは技術者、科学者であるというのになぜ、本末転倒な考え方をするのだろうか。
という疑問がわいてくる。優れているはずの学者、保安委員らは、原子炉自体のすごさの事ばかり考えていると。どうも、一部の学者は頭が良すぎて突き詰めたひとつのことにしか考えが及ばないのだろうか。

それと同時に、武田氏によると電力会社に協力している学者は年に2000~3000まんえんくらいの研究費をもらっているという。原子炉工学の学者が原発を反対するとその地点で蚊帳の外に追いやられ、小出裕章氏のように62歳で助教という肩書きになり、世の原発推進学者からバカにされ干され人生を過ごす事になるのだ。

技術者、科学者(医師も含め)は、真実を述べるものと誰もが思っていたし、
我々一般人の味方ではないかと信じていたが、どうやらそれは違うらしい…。

40歳代くらいで、なかなかそうはできないのは会社に忠誠を誓うタイプのサラリーマンと同じで、お金は欲しい、家族は守りたいと思うのだという。武田氏のように67歳でもう失うものはないと思う、いわゆるおじいちゃんになったものは、好き勝手な事が言える。今まで組織内で言えなかった事が言えるようになるのだ。

だから、最近おじいちゃんが「大声をあげている」のが目立つのだろうか?
引退した原子炉技術者らが、声を大にして「原発は危ない。今すぐ止めて」と。




。。。
[PR]
by chiesuzukihome | 2011-05-14 23:20 | Comments(0)

原発に立ち向かうおじいちゃん軍団

http://bouhatsusoshi.jp/

シニア決死隊という、原発に立ち向かうおじいちゃん軍団。


おじいちゃんの代表は山田さんという、東大卒でプラント技術者でもあった方。
70代で今まで人生を享受してきたので、危険を覚悟で原子炉での労働に志願。これはまるで、戦時中の日の丸特攻隊ではないか…。という心配にも、いいやわしらは死ぬつもりはない!それに大本営から行けと言われたわけでもない。自分から国にやらせろといっている。と心強い。

おじいちゃんは、放射性物質が若いほどリスクが高いことを知っており、こんな仕事を若い人にやらせてはならんと、60歳以上の一般から募集すると元エンジニアなど60名以上のシニアの志願者が。
次の世代に被害を負わせたくないという心意気に拍手…。
しかも、このメンバーの中には京大原子炉実験所の小出裕章先生の名も…。


「福島原発暴発阻止行動プロジェクト」が正式名称。
政府はこれを拒否してはいないものの、まだ認めてはいない。東電は迷惑そうであった。それは炉内の隠蔽が難しくなるからだろう。40年間国に楯突いた反原発の小出先生が果たして炉内に入れるだろうか。


もし遠征することになっても、必ず生きて帰ってきてください。
[PR]
by chiesuzukihome | 2011-05-10 00:50 | Comments(0)

空本議員のインタビューメモ。

現在の実情が岩上安身氏のインタビューに記録されています。

今、福島県内の幼稚園や学校などでの屋外活動を制限する
放射線量の数値が1年間で20msvである。



共同記者会見で毎度突っ込まれている「子供に20msv/yはどうよ」問題に対し、
放射線学者である小佐古敏荘内閣官房参与は、20msvという数値採用に強く抗議し、採用すれば学者生命を脅かされるとして、辞任。
この真相や今までの不可解な文科省らの思惑、詳しい説明を以下の空本氏インタビュー(一昨日)が語っています。が、ちょっと長い。2時間くらいあるので忍耐力ある人はどうぞ。



http://www.ustream.tv/recorded/14514180

空本誠喜議員インタビュー(小佐古氏の代弁者/東大助教授と生徒という関係で両方広島出身)

「官邸が、思考停止状態になったと感じている。」



20msv/yがどんな数値か。

・チェルノブイリ事故では強制移住地域が最初5msv/y以上の地域からその後1msv/yの地域へ。
・日本の労災認定は5.2msv/y以上。
・日本の放射線管理区域(レントゲン室など)は5.2msv/y


この20msv/yという数値はICRP (国際放射線防護委員会)からとったものだという。

しかし、そのICRP勧告には、こう記されている。
・20msvは放射線で働く人の上限値であり、長期の汚染地域については、1-20msvの低い方をとりなさい。
・子供は大人に比べて感受性が高いので配慮が必要。(校庭利用の基準に適切ではない)


さらに国際的にもふたつの見解にわかれており、「確定的影響と確率的影響」
・確率的影響は5年10年後の発ガンであり低線量でも発症する可能性。
・確定的影響とは100msv/y以上で身体的影響が出る(毛が抜ける、白血病、不妊、ガンなど)。それ以下は無視できる程度(というような感じの記述…)

長崎大の学者山下俊一氏はこれの確定的影響という見解を選択。
福島は100msv以下なので安全です。と発言。(これが福島では騒ぎになっている)


空本氏は、以下のようなアクションをとるが、、、、

「官邸が、思考停止状態になったと感じている。」

我々は彼ら(官僚)を動かすように努力、助言チームを作って確認をとったり、モニタリングの最適化。3月16日くらいから魚介類、食品。スピーディを持って効率的になってほしい。と言ってきた。しかしすぐに動けないのは、縦割り行政のせいかと。


文科省が20msvを決めたのだが、基準作りで何かおかしい。知識が一部しかない。バックデータ、根拠、それを見ていない。という単純な理由。

海外からは相当の非難が起きている。世界の原子力の機関に説明できるのか?このままでは国際社会から取り残される。

行政が官邸をうまく使いこなせばいい。保安院も。風穴を開けた。
しかしどうやっても「安全委員会」だけはぶちこわせなかった。

発電所の中でヨウ素134見つかったのは誤った報道。半減期が短い。
コバルト56だった。(ヨウ素134だったなら再臨界)
安全委員会がチェックすべきだが、彼らはそれができていないし、放射線防護、原子炉物理学を理解されているのかが疑わしい。能力、知識なく機能不全。
4月から新メンバー加入(参与、OB関係)で何となく動いてはいるが。



田畑について。

高い線量の地域では、耕してはだめ。表土をとるべき。

安全保障委員会(防衛省)に指示を出せるのは総理だけなので、それを即行ってほしい。
DOEを航空サーベイを一緒にやってくれる。
ヘリに放射線検出器をつければどこでも出来るものがある。20キロは民間が入れないのでできない。防衛省にお願いできればいいのだが。
防衛省ヘリに搭載できる。日本独自で出来る。
測定をしてくれとずっと言い続けているのだが、動いてもらうべきところで動いてもらえない。委員会。


これは国家存亡の危機。3月11日誕生日の自分としては、使命。
[PR]
by chiesuzukihome | 2011-05-08 17:14 | Comments(0)