ブログトップ

CHIE SUZUKI HOME COURT blog

chiesuzuki.exblog.jp

<   2009年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ホークス@ヒートGame4、セルティックス対ブルズgame4

ホークス@ヒートGame4
セルティックス@ブルズGame4
(ネタバレ)












ホークス対ヒート、
マイアミで行われた試合、前半波に乗るホークスとウェイドのシュート不調で、大量得点差。
流れを変えたのは、ジェームス・ジョーンズのスリーポイント、いやフォーポイントプレーが二度、、、。
残り3分47秒ホークス44-ヒート23が、ハーフタイムには46-42に。

このランを止められないホークスはタイムアウトこの間一度20秒タイムアウトのみ・・・。このままずんずん得点差が縮んでしまい、アドバンテージがほとんどなくなってしまった。
後半は、ウェイドが波に乗りだしたが、そうなると一対一が多くなっていたけど、ホークス側はあくまでもチームとして機能していました。

きょうのウェイド、背中痛で思うようにシュートが決まらなかった。
症状が悪化すれば、ゲーム5、6とヒートには勝ち目がなさそうです。


ところで
すごかったのはジョッシュ・スミスのブロックショット。
ジャーメイン・オニールのポストプレーをザザ・パチュリアがディフェンス、ボールをリリースしたところでスミスが高く飛び、ぼっこん!とアタック。
これで3つくらいブロックされたかと思う。

スミスはこういうアスレチックな使い方されると活きますね。頭を使ったプレーは苦手そうだけど、豪快360度ダンクで流れを変えたりと、スターターだけどシックスマンみたいなインパクトを残してくれます。


。。。。。。。。。。。。。



きのうのセルティックス対ブルズ


3時半に終わるはずの試合が、4時半に。



ダブルオーバータイム。


96-93で後が無いセルティックスは
残り9.8秒でレイ・アレンのスリーポイントで同点。

オーバータイムでは
110-107、セルティックス有利だったが
残り4.5秒でのゴードンのスリーが決まり、同点。

ダブルオーバータイム、
ファールによるフリースローなどでブルズ逃げ切る。
118-121


セルティックスのディフェンスは、KGがいなければ30%減(当社比)。中央に仁王立ちする事で、他の4人のディフェンスがさらに集中して出来るし、ローズにこんなに頻繁に抜かれるなんて事はなかったかもしれん。
まずディフェンスがあって成立するセルティックスなだけに、その比重をオフェンスに頼る事になれば、ピアース、レイアレンはもちろんの事、ビッグベイビーとロンドのオフェンスは必須です。が、この試合、ピアースの神懸かり的なプレーが発揮できず。

ロンドやそしてビッグベイビーはフロアでいろんなことをして貢献。

うーん、このシリーズ、危ういですね。
きょうはほんと、ピアースの9-24本というのが足を引っ張った感があります。

「プレーオフでは、ほんのちょっとしたことが命取りになる。ベン・ゴードンのスリーに対する僕のカバーがまずかったこととか」ピアースはがっかり。
ほんの半歩遅れたことが命取りに。


レイジョン・ロンドはまたもやトリプルダブル・・・・。身長185センチのスーパースターですね。デリック・ローズもあと1アシストでトリプルダブル。って、ポイントガード対決になっています。しかしブルズはもしかして、ディフェンスを他に集中させてロンドを消耗させているのかもしれません。彼を潰せばほぼオフェンスが機能しなくなる。足首の痛みに耐えてプレーしているロンド・・・。
ベンゴードンは太ももを痛めています。欠場の可能性も。

ではこのへんで
おやすみなさい。
[PR]
by chiesuzukihome | 2009-04-28 14:49 | NBA | Comments(0)

プレーオフ

ネタバレあり。
スパーズ@マブス、ホークス@ヒート。


プレーオフが始まっています。


今日はニューヨーク、夏日のようです。
突然ジャケット脱いで、Tシャツ一枚でも過ごせる気候になりました。
土曜日という事もあり、街は人々であふれていました。

朝から外出して、夜はブルックリンのパーティーに行くはずでしたが、あまりにも疲れてしまったのでキャンセル。新築コンドミニアムのオープンハウス(お部屋公開)パーティでした。ブルックリン地区はこんな世界的大不況だというのにあちこちに新築コンドが乱立。もちろんマンハッタンもですが、ブルックリンの方がお手頃価格で庶民には現実的。しかしいったい住む人どれくらいいるのだろうかと疑問です。


が、こういう季節になるとプレーオフが始まり、部屋の中の画面に釘付けとなります・・・。


今見ているのは、ホークス@ヒート。
ホークスの健闘ぶりは驚き。というか昨年からメンバーがほとんど変わっておらず、さらに力をつけてきた事から、ダークホースとなり得ますね。しかしヒートもルーキーコーチが率いているとは思えないのと、ジャーメイン・オニールよりもルーキー、マイケル・ビーズリーがばりばり戦力になっているってところが、計算外というか。
ドゥエイン・ウェイドに関しては、スーパースター!だとしか言いようが無いですねー。。。。
クラッチショットをことごとく入れて五分の試合をものにしてしまう。

レブロン、コービ、ウェイド、、、、は人間の次元を超えてます〜。
日本ではレブロンの人気いまひとつらしいけれど、よーく見てくださいよ。はっきり言って人間ではないですよ。がに股だとか顔がいまいちだとか爪を噛むとか、、どーでもいいんですよ。
こんどキャブスの試合があったら見てください。コートの床とコートの上の空気、ぜんぶレブロンのものですから・・・。


いまさっき、スパーズが負けました。
あーあ。
43点パーカーが二倍がんばったようですが、ロジャー・メイソン0点、フィンリー7点じゃ勝てないよ。ホセ・バレアはベテランのキッドがいる事でのびのびプレーしてますね。キッドと言えどももうスピードも落ちてきて、その分バレアがかき乱してます。パーカーは、キャリアのピークを迎えようとしていますが、そんなときに年老いたダンカン、怪我のジノビリじゃちょっとかわいそうな気が。どうするポポ。


その他

シクサーズ、イグオダラのクラッチ、ドーネル・マーシャルの狂い咲きスリーポイント。
マジック、相手はドワイトを押さえれば、あとはジャンパー外れるのを待つ、みたいなチームになりそうです。ターコルーの多彩に期待。
セルティックス、ビッグベイビーは意外に器用?ロンド頼りなところが、少し危うい。怪我で不出場になったら・・・。
ピストンズ、チャウンシーがいないピストンズにケミストリーはない。
ブルズ、ゲーム1のタイラス・トーマスとジョアキム・ノアに脱帽。若さ爆発。もちろん、デリック・ローズは間違いなくスーパースター。もっと笑ってくれ。
スパーズ、もう一枚オフェンスが欲しかった。ジノビリはこのチームに不可欠だった。
ロケッツ、ディフェンスがいいですが、ムトンボやっぱり全力で戦うのは無理でした。
ブレイザーズ、なすすべなし?
ナゲッツ、チャウンシーがやっぱりケミストリーを構築。ってかオフェンスずいぶん変わりましたよ。ディフェンスが加味されたのは解るけど、、、、。
レイカーズ、ファイナル行き?
ホーネッツ、CP3はスターだけど、勝てそうにない。
ジャズ、毎年プレーオフ出場を逃さないところを評価。


うーん、
ヒートがすごい事に。
このシリーズ、7戦まで行くかもしれませんね。


個人的にはホークス応援してるんだけど・・・。
[PR]
by chiesuzukihome | 2009-04-26 09:13 | NBA | Comments(0)

ヘラクレス・ レブロン

d0038897_0582141.jpg

(写真:レブロンの視界は180度以上あり?)

構図が絶妙な写真だったので、掲載。

スキルフル・ディフェンダー、トレントン・ハッセルはなぜか方向違いのブロックショットをしているし。。。



もう一丁。


d0038897_1524647.jpg

(写真:泣くネイト。)

クリプトネイトの衣装で。
この日はセントパトリックディで緑色を身に纏う日。
[PR]
by chiesuzukihome | 2009-04-09 00:58 | NBA | Comments(0)

東のレースとアイバーソン

d0038897_952235.jpg

(写真:試合中、ロールプレーヤーとともにベンチからプレーするアイバーソン。)


ごぶさたしておりました。
その間も通ってくださった方、ありがとうございます!


今月のそまとも氏のカートゥーン、ラテじゃなくて抹茶プリンなんですけど!
それとなぜか私が女王様キャラになってるんですが〜(笑)。





あと2週間でプレーオフ。

ええと、東の激戦、ブルズ、ボブキャッツ、ピストンズ

いったいボブキャッツは初のプレーオフ舞台へ旅立てるのでしょうか・・・。
レイカーズに勝ったものの、対セルティックス、対ヒートで激戦の末、敗退。最後の1分まではいいところまで行くのだけど、クラッチ的な活躍がいまひとつ。しかも今後残り6試合のうち5試合はアウェーで一番不利。それにしてもよくやっている・・・。さすがラリ爺のチームだ。
8位を獲得するのはどのチームでしょうか。


デトロイトはアイバーソン問題などチームががたがただ。なんとかテイションやリップが立て直しているけれど、意味不明なトレードでデトロイトバスケットボール存続の危機。

今日の試合はアイバーソン不在。
心の怪我が体の怪我を悪化させているようです。

。。。

アイバーソンは先日のネッツ戦で心のうちを吐き出しました。
だって試合後、ロッカールームでは天井を見上げ悲しそうな顔で惚けていたのだから。

「こんなことがまた起こる前に引退したい。」
ベンチスタートで、パスばかり強いられ、注目を浴びず、静かにロールプレーヤーを全うする。


注目を浴びていないなんてアイバーソンじゃない。
スターターじゃないなんてアイバーソンじゃない。
パスばっかりしていてはアイバーソンじゃない。
ロールプレーヤーだなんてアイバーソンじゃない。

と思う。


ここにやり取りが全て載っています。
http://my.nba.com/thread.jspa?threadID=5800022806


アイバーソンは静かに引退するのでしょうか?

どうやらアイバーソンのトレード市場価値は下がるばかりで、ベンチスタートが出来なければ彼を引き受けるチームは無いのでは?というあるチーム重役の意見もある。
そうなると、今シーズンで契約が切れるアイバーソンはもうNBAに戻ってこないのでしょうか・・・。
[PR]
by chiesuzukihome | 2009-04-05 07:04 | NBA | Comments(0)