ブログトップ

CHIE SUZUKI HOME COURT blog

chiesuzuki.exblog.jp

<   2009年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

マイケル・ジョーダンのエアジョーダン

d0038897_544550.jpg

(写真:マイケル・ジョーダン in New York。肩が凝ってさあ…。)

お正月気分も抜けた頃、新しいシューズが出ました。


ニューヨークでエアジョーダンの次、Air Jordan 2009が出ました。

詳しくは、今月25日発売のHOOPと月バスを買って読んでねー。
掲載はほんのちょっとなので、ここにボツネタ貼って置きます。




しかし、ひさびさのマイケル・ジョーダンも年を取ったとはいえ、オーラがぎらぎらしておりました。最前列に陣取り、ジョーダンを観察しましたが、目のキラキラ度が他の人とは違います。これはアレン・アイバーソンと共通するキラキラなのですね。よく、少女漫画で、瞳の中に★がいっぱい、ってこれほんとうなんですよ。

(写真が別のパソコンに入っているので、後日アップします)


明日はアメリカにとって歴史的な日になりそうです。
ワシントンでの就任式をハーレムのアポロシアターのスクリーンで見届けてきます。


。。。



ボツネタです。


Air Jordan 2009

(詳細の一部です)
ズームエアユニットクッションで心地よい快適さを実現。
アキレス腱保護用の発砲体を挿入。
外部ヒール部分に注入されたドットグリップは履きやすさを追求。指が滑らない。
耐久性のある構造、足にかびを侵入させない構造。

多方向への移動を考えた側面のヘリングボーンパターン(V字型)により、
最適な動きでコートをしっかりとらえる。

補強構造として高級ヨーロッパスタイルの美学にて縫製されている。アッパーのステッチは縫い目が二列、三列となっており、それは23番をあらわしている。

ヒール部分のディテールはシカゴ・ブルズ本拠地ユナイテッドセンター正面口のマイケル・ジョーダン銅像から引用。左足は「Greatest there ever was」右足は「Greatest there ever will be」と読めるらしい。(これはどれのことなのかわかりません)


環境を優先した素材を使用。
プライムアジアレザー、環境に優しいゴム使用
無駄を省き環境保全に貢献。


アメリカでの230ドルの限定発売は1月31日。
全米発売は2月14日のオールスターで190ドル。
通常の175ドルから15ドル値上げしたが、それ相当の改革とテクノロジーが融合しているため。
[PR]
by chiesuzukihome | 2009-01-20 12:53 | NBA | Comments(0)

2009年

d0038897_731847.jpg

(写真:ジャレッド君KGをディフェンス)


あけましておめでとうございます。



さて新年のセルティックス対ニックスは、
なんとニックスの勝利。

昨年ボストンでロンドに暴れられ、負けたニックスでしたが、今回のディフェンスはなかなかよかったです。あれくらい毎回がんばれると勝ち星が増えそうですが、Dに関しては口を酸っぱくして言うようなコーチではないので、本人たちが「か、勝ちたい…」と望んだとき、あのディフェンスが出現するようです。

小さく速いポイントガードのレイジョン・ロンドをなんとジャレド・ジェフリーズがマークしていました。まずは中に入りこませない為に、腕を大きく広げ物理的にカバー。なのでトップからパスを出さざるおえない。中でKGがボールを持つと、またもやジェフリーズが出没。ということで、これぞ最強のサイボーグです。

彼はオフェンスではスクリーナーとして活躍。ときどきターンアラウンドジャンパーなど、演技としてやってみせていますが、フリースローは入る方なので、練習すればジャンパーも出来ると思うのだが…。(しつこい〜)


しかしショットブロッカーのいないニックスにはジェフリーズのDは有効ですね。今のところ、スターターです。そしてシックスマンにアル・ハリントン。
彼の武器はロングジャンパー、でかい体を使った丁寧なゴール下ショット、若さ…。


・・・


これからは、オールスター&トレードデッッドラインと嬉しい行事と厳しい行事が続きます。

オールスターは待ちに待ったフェニックス。
シャックが選ばれるとまたひと味違う、楽しいオールスターになりそうですが、スターターはヤオ票により阻止されています。


デッドラインのほうは、捨て腐(ステフ)がボストン?っていう話もあるとかないとか。捨て腐をコントロールできるのはドッグ・リバースか、ポポかフィルくらいしかいないかも。スパーズ話もまだ終わっていないようですが。




・・・


地味な、ゴートゥガイ(勝負どころのクラッチシューター)は

○ビンス・カーター
最近変わった。

○ジョー・ジョンソン、マイク・ビビー
アトランタの勝利はいつもこの二人が最後接戦をもぎ取る形になっています。





というわけで、

今年もよろしくお願いします。
[PR]
by chiesuzukihome | 2009-01-08 02:39 | NBA | Comments(0)