ブログトップ

CHIE SUZUKI HOME COURT blog

chiesuzuki.exblog.jp

<   2008年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

NBAプレーオフ:ファーストラウンド

スパーズ対サンズ(ゲーム3)
ピストンズ対シクサーズ(ゲーム3)

(ネタバレあり)



ニューヨークも暖かくなりました。
ついこの間までブーツを履いていたのが、いきなりサンダル。
街は露出度の高い服と、もわーと香る体臭ですぐそこに夏がやってくるのを感じます。

体臭が街の風物詩となるなんて、ニューヨークは独特です。
夜は日が長くなり、8時9時でもまだまだ通行人がいっぱい。どこから湧いて出てくるのか人、人、人・・・。このへんはアメリカのその他の地域ではあまり見られないことかと思うけど、ほんとうに人がいっぱい。

五番街、ルイヴィトンの前を通りかかると、中には金持ちそうな客が買い物を楽しみセキュリティの男性がそれを見守る。重厚な石造りの外壁の角にはグレーの毛布にくるまり裸足の黒い足をすりよせた女性が地べたに座り込み、涙を流していた。その傍らを観光客やビジネスマンが足早に通り過ぎ、その女性は彼らの靴、靴、靴、足音に恐怖を覚えていたのかもしれない。
半ブロック歩いただけでその女性に対する同情は直ちに薄れてしまう。そんな街なのです。


・・・


ピストンズはいったいどうしたんでしょうか?

というより私はシクサーズの勢いのついた戦いぶりに敬意を表したい。
何もかもがうまくいっている。

いわゆるハッスルプレーの類、スチール、リバウンド、ディフェンスに命をかけているような戦いっぷり。
ピストンズはファーストラウンドだからと余裕こいていたらまじで叩きのめされます。

レジー・エバンスやサミュエル・ダランベアの腕は長い。
こいつらマジで勝とうとしている故、その長い腕が必ずボールにヒットする。
そこにアンドレ・ミラーの冷静なプレーでファストブレイクが展開され、運動能力の高いイグ男がいつの間にか空を飛んでいる。


しかしゲーム3のピストンズの精彩を欠いたプレーは説明しづらい。
どうしたんですか。


・・・


狙われたシャックの謎。
(スパーズ対サンズ)


こちらはとうとう決着がついてしまいそう。

ゲーム3、
トニー・パーカー41点、そのほとんどがジャンパー。
それもダンカンのピックアンドロールのスクリーンでディフェンスがスイッチして、トニーの正面にはダンカンに付いていたシャック。シャックはトニーから1〜3メートル離れていて、トニーはそこを間髪入れずすかさずショット。
シャックはスイッチされても、ヘルプ行っても、相手に追いつけない。
その1〜3メートルの間があったとき、ほとんどのスパーズ選手のショットは入っていた。
まさにシャックは狙われているのか。

しかも、ダンカンはインサイドへ行けばシャックの餌食になってしまうので、中距離ジャンパーをシャックから離れて打っていた。シャックはどこを守ればいいのかますますわからなくなる。

これらのジャンパーが、ホームコートでもないのにばすばす入ってしまった絶好調状態と、それを攻略できなかった大したことないサンズのディフェンスに、スパーズは大勝。

・・・

ハックァシャック。まだまだやるか。


またもやハックされまくったシャック。
オーリーはハック要員に成り下がってしまったな。

この作戦が有効なのかどうなのかはポポビッチのみ知るところ。

しかしシャックがハックされ、フリースローを落とす(17本中8本失敗。そのうちハックされたときの数字はたぶん8本中6本失敗・成功した2本はレーンバイオレーションで稼いだもの:曖昧な記憶で失礼)
フリースローを落としたことにより、シャックの心理状態はどうなるか。
落とした直後、シャックは二回つまらないファールを犯していた。シャックの自尊心とか勢いとかが一瞬こそぎ落とされたのか。チームの中でアリストテレスと呼ばれる尊敬される重鎮もこういった落とし穴で一瞬のスキを作ってしまう。
そしてダントニをバカにするような作戦でもある。指揮をしている一瞬「まだやるかぁ〜」と感情的になる。
ポポビッチにとってこの作戦は、パーフェクトな音楽にわざとノイズを入れて視聴者を煙に巻くような、相手の心理状態を一瞬混乱させるサプライズ効果なのかもしれない。それが数字に微妙に現れる。シャックのつまらんファールとチームメイトからのがっかり感による尊厳の低下、ダントニの指揮棒に粘着質の蠅がとまりへばりついて取れない。しかたないので指揮棒を交換。一瞬勢いが停滞。

・・・

そして絶好調ハイパートニーに前半ナッシュをディフェンスにつけていたことと、ボウエンがナッシュのディフェンスをしていたことで、ナッシュは疲労・・・。

後半トニーにはグラント・ヒルが付いたりディオウが付いたりしたが、
まともに打たせないようにはできなかった。


ヒルは本調子ではないように見える。
コーチはがっかり感を否めない。ゲーム4ではベンチかローテーションから外すことも考えているようだが、サンズのメディカルスタッフはダントニに、ヒルは行けそうだと伝えたという。

・・・

戦術を読みそれを攻略する方法は、各チームコンピューターの導入により数年前よりも物理的に早まったかもしれない。しかしスパーズはマイナーチェンジ以外数年前とほぼおんなじような事をしているという。元ネタがいかに優れていると言うことなのか。それとも各選手が有り得ないくらい練習しているということなのか。

ジノビリとトニーの成長度はコンピューターよりも大きい。
ポポビッチは恐いからな〜。
[PR]
by chiesuzukihome | 2008-04-27 01:04 | NBA | Comments(10)

バナナスプリット対チョコサンデー

プレーオフバスケットボール:


サンズ対スパーズgame1
シクサーズ対ピストンズgame1

(この二戦のみ・ネタバレ有り)





プレーオフが始まりました。


ABC放送では、サンズ対スパーズが。



もうファーストラウンドで当たってしまうんですね。
この二つのチーム、因縁の対決過ぎて、リラックスしてみることが出来ないよ。

初っぱな飛ばしたのはサンズで、スパーズはターンオーバーを重ね、シュートはイマイチ。パーカーはオフェンス面を危惧していたとおり、前半はサンズが大量リードの場面も。


ところがシャックのファールトラブル。

張り切りすぎ感が・・・。
それとトリプルチームの効果が。

後半になって徐々にスパーズは調子を取り戻し、いいところでブレントバリーを投入。これが流れを変えるきっかけにも。



・・・


いやはや、、、、
なんというのか、このダブルオーバータイムは、
サンズ・スパーズならでわ。



審判も前半ナーバスになりすぎて、笛はピーピー鳴るし、スローテンポで危なっかしいし、たくさんのフロップ俳優は演じているし、スリーはあまり試みないし、サンズはファストブレイクなんて、ほとんどなし。
かといってシャックで行ける場面も少なく、ナッシュからひたすら怪しいピックアンドロールのパスが。
スパーズの並大抵ではないディフェンスのなかをくぐり抜け、よくスコア出来た。


そしてコーチ、

ダントニよりもポポビッチのほうが鋭くゲームの流れを読む。


サンズは、ここぞという大事なショットをはずして、試合を終了させ畳みかけることができなかった。
これさえできていればサンズは初戦をものにしたのだが・・・。

ダブルオーバータイム、これはもうスパーズの勝利?というところでナッシュがスリーを。同点に。そして、その後すぐ、
最後にタイムアウトを取らずジノビリにレイアップ突っ込ませた。これがウイニングショット。・・・。


・・・

奇妙な二つの出来事。


4Q6分に2度のハックァシャック。
シャックは4本ともフリースローを外す。
これは、、、、理由がよく分からないが、
たぶん、流れやリズムを変えること。シャックが外すことによって、サンズの勢いを止める。
それか、シャックの本日のフリースロー状況を確かめるため。
これによって4Qの戦い方を占う。強めにディフェンスするのか。


それと、ダンカンのスリーポイント。
これが、シーズン初めてらしい。
こんな大切な時間帯に同点スリーが決まるなんて。
シャックはディフェンスをスイッチしなかった。ダンカンのスリーだからだろう。これがいつも通りはずれていれば、サンズの勝利だったのに。
ダンカンの執念だったのか。
(サンズよりな感想で失礼・・・)


ハックァシャックについて:

ポポビッチはギャンブルみたいなものだという。
そのときそうしたくなったから、やってみたのだそうだ。

シャックは
「オレを数字戦略で陥れようとしても無理だぜ」


出戻り男:
ブレント・バリーは、トレードで放出されたあと、サンズGMスティーブ・カーからもチーム加入へのオファーを受けていた。スパーズからももちろん戻ってきて欲しいとの要請。

「バナナスプリットとチョコレートサンデーのどちらかを選ばなければならないくらい難しかった。でもどっちを選んでも賢い選択だった。」
バリーらしいコメントだ。


また、カート・トーマスはサンズからスパーズへやってきて、いきなり重要な時間帯でプレー。ファールアウトになったものの、その見事なディフェンス(演技)でシャックをもファールトラブルに。
頭を使ったスローな展開にカートはもってこいか。


ダンカンはサンズ戦を「ファイナルのよう」だという。


・・・・・・・・


シクサーズ、
対ピストンズで初戦をものにする。


これは・・・。

いやはや相手によってはシクサーズは奮闘すると思っていたけど、ピストンズ相手に勝ってしまうなんて・・・。
このチームディフェンスが半端じゃなくヘルプの出方もうまい。
プレーオフになって、ますますディフェンスが生きてきたのかな?

それと、終盤普段は当たらないレジー・エバンスのジャンパーとフリースローが入ったことは大きかった。
TNT放送では、終盤の大事な場面でラシードがシクサーズのハドルにニコニコしながら加わり、その後のレイアップをはずしたことを「集中力に欠ける」と批判。

シクサーズは、
アンドレ(ミラー&イグ男)、チークス、ディフェンスという3つのキーがある。
[PR]
by chiesuzukihome | 2008-04-21 11:27 | NBA | Comments(8)

殿堂入りしたパトリック・ユーイング

d0038897_6153630.jpg

(写真:試合中。オーランド・マジックAC業に勤しむゆうさん。)

d0038897_616239.jpg

(写真:試合中、殿堂入りを告げるアナウンスに手を振る)

d0038897_6162610.jpg

(写真:試合中なのに、アイザイアとその仲間たちACは和気藹々。残りシーズン、もう勝ち負けも関係なくなりました。)

d0038897_617184.jpg

(写真:試合中。アナウンスと共にスクリーンにゆうさんの過去の勇姿が映し出される。)


「子どもの頃、殿堂入りするだろうと思ったことはあるかと誰かに訊かれて、全く考えたこともなかった。って答えた。ケンブリッジに住んでいた時、殿堂記念館には小学校の時も高校の時も遠足とかツアーで何度も行ったことがあるよ。でもまったく自分がそうなれるなんて考えたこともなかったんだ。」ユーイング
[PR]
by chiesuzukihome | 2008-04-09 06:17 | NBA | Comments(8)

ニューヨークのドン


d0038897_8411518.jpg

(写真:ドニー・ウォルシュ、まるでドン・コルレオーネ photo by Chie Suzuki)


ペイサーズのGM球団社長だったドニー・ウォルシュがニックスのGM球団社長に。
本日記者会見が行われた。


昨日だったなら、みなエイプリルフールのいたずら?なんて思ったかもしれないが、今日は4月2日。会見はラリー・ブラウンの時と比べると、驚きや和やかさ、勝利に対する確信などではなく、わりと淡々としたものだった。

もちろん期待でいっぱいなのだが、それはいかにまともで、ニューヨークにあるべき球団を再び創造できるのか。ということを待ち望んでいたのだ。言いたいことも言えて、書きたいことも書けて、優勝を狙うことに集中できる健全な組織をこのドンは導いてくれるのか。
そして誰もがペイサーズに24年間勤務した男の技量は申し分ないと思っている。みんなニックスが変わることをいまか、いまかと待ち望んでいるし、この男なら、と思えるのである。

この人事、他の候補、キキ・バンダウェーやジェリー・ウエストではなく、ウォルシュが半年前からオファーを受けており、NBAコミッショナーのプッシュもあったそうだが、アイザイアも彼なら自分のポジションがどこかしらに置かれるのでは?とジェームス・ドーランというボスに頼んだ最後のわがままだったのかも。
アイザイアの最後の藁。



・・・


ウォルシュはまず、サラリーで太りすぎてしまった中性脂肪をなんとか排出し、ドラフトやトレードで調整していくのに3年くらいの時間をかけ治療するという。
その後かそれまでプレーオフに出場することを念頭に置き、優勝を狙っていくのだろう。

現在のプレーヤーについては、当たり障りのないコメントで、
カリーやジャマールの能力、
ジェフリーズ、バークマン、リー
ネイトの流れを変える力、
そして、マーブリーの能力についても肯定的だ。

今の選手を残すのか残さないのかはその時のトレード状況によって決まるだろうが、けっして悪い素材が集まっているわけではないと言う。

そしてこの先、実質的な仕事をするGMを迎えるであろうし、コーチも変わるであろう。

・・・

ニューヨーク生まれのニューヨーク育ち。ブロンクス、クイーンズのアストリアにもブルックリンにもマンハッタンにも居たことがあるという、ニューヨークシティの至る所に生活し、ニューヨークにゆかりの深い男だ。
この仕事を引き受けるに際し、ルー・カーネセッカなどのニューヨーク・バスケットボールシーンを担ってきた重鎮たちから電話メッセージを貰ったことが、とても心を動かしたという。


彼にとってとても大きな仕事、67歳でニューヨークの大きな球団を牛耳ることを「チャレンジ」と呼ぶ。まさに大きなチャレンジだ。カントリーサイド、インディアナで引退して悠々自適に過ごすはずの老後を、こんな大仕事を引き受け再びコンペティターとして市場に参上したのだ。敵を射るような目で人事し、ニックスを優勝に導くのであろうが、リズムが、まだまだインディアナである。
ニューヨークのせっかちすぎるビジネススピードについて行けないかのように、話の合間に小休止を置いただけで、司会者は次の質問に移ってしまい、言葉が重なってしまう場面が数回。

しかし、ドンはウォルシュなのだ。ドンが指をパチと鳴らせば部下が動き事を速やかに行う。こんな人事がなされるであろう。

いままで、ドーランとアイザイアによって、ふたりのバスケットボール界のレジェンドが痛い目にあった。レニー・ウィルキンスとラリー・ブラウン。アイザイアがレニーを連れてきた頃、プレーオフにも滑り込み、悪くはなかったはずなのだが、ラリーの時代も当初の3年かかる計画を無視して解雇。
そんな痛い歴史を再び繰り返さないでほしいのである。


ドーランとアイザイアのエキセントリックな蜜月は終わり、あたらしいニューヨークバスケットボール界が創造されることをみんな望んでいる。
[PR]
by chiesuzukihome | 2008-04-03 08:38 | NBA | Comments(2)

ニックスの新しいGM


ニックスのGMが、ドニー・ウォルシュに決定とアナウンスされるそうです。


先日ペイサーズのGM職をラリーバードに譲り、退陣。
そして、たぶん明日からニックスのGMとして、その24年間の経験を生かし手腕を振るうことになりそうです。

しかし、あくまでもいまだコーチはアイザイアだそうですが、その後の人事権はウォルシュに委ねられるので、いくら友人だったとしてもアイザイアが来年もコーチをしているとは約束できません。

長年訳の分からない事態に陥っていたニックスが変わることを、望みます。
[PR]
by chiesuzukihome | 2008-04-02 17:09 | NBA | Comments(0)