ブログトップ

CHIE SUZUKI HOME COURT blog

chiesuzuki.exblog.jp

<   2006年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

電球のようなアスリートたち

d0038897_1111163.jpg

(写真:トレーシー・マクグレディ、ひさしぶりのコート)

T Macは7試合を背中の痛みで欠場し、この日は2試合目の出場。
まだまだあのTマックではないが、元気なところを見せてくれた。
この人の魅力はふわふわしているように見えて、やるところでやる。というツボを押さえているところだ。

しかしディフェンス面では、バンガンディ流とは行かず。バンガンディはディフェンス苦手なタイプをちゃんと「ヘルプ」として使用しているところが、賢い。
あの長い腕はどうやっても相手から見たらじゃまだしね。


ロケッツの雄、ヤオも現在けが人リスト。
たくさんの中国人が観戦に訪れたが、単なるロケッツファンではなくヤオを見に来たのに。という不満も多々あったようだ。その代わり、コンゴの虎ディケン・ベムトンボが20分フル出場(平均10分。20−30分出場の時もある)。彼はもう40歳と思ったが、動きがすこぶる良い。
55歳説もあるほど顔は老けているが、細身になって軽やかなステップで、健康である。
アロンゾといい、この手の選手は自分の健康を自ら管理する能力が長けている。がむしゃらにやればいいのは、若いうちだけだ。

ジャズのスローンコーチはジョン・ストックトンをもったいぶって使っていたという。
健康で長持ちさせるためにプレイングタイムを控え、小出しにしていたのだ。この発想には驚いた。いくらアスリートといえども、すり減るんだなあ。と、それを長く強く保つためにコーチがセーブしていたとは。

まるで機械製品か電球の寿命のようだな。
現ジャズのポイントガード、デロン・ウイリアムスはそんなスローンコーチに反抗しているという。平均36分の出場。これ以上使うと、疲労が溜まるのだろうか。ストックトンももっと出たいよとぶつぶつ言いながらキャリアの平均31.8分で19年長持ちした。
若さ故40分は出たいと、ウィリアムスもプレイングタイムはいくらでも欲しいらしい。若ければ徹夜をしても飲み明かしても翌日には回復。なんてことは一般サラリーマンにも当てはまる。バックトゥバックの試合で体を酷使しても翌日も元気だったり。しかしいつまでもそんなわけにもいかない。やっぱり人間の体は摩耗するのか。

あのストックトンの安定性はそんなコーチの配慮と、サラリーマンのように毎試合表情を変えず黙々とハイレベルの仕事をこなし、それを習慣として生活リズムを作っていたからなのかな。

Tマック、いまのところコラーゲンを摂るくらいしかback spasmの回避法はないのか(そんなんじゃだめか・・・。)背中や腰の痛みはほんとだましだまし使うしかないからな。
(背骨がゆがんでいたり、背骨の柔らかいコラーゲンみたいなジョイント部分(椎間板)がすり減り、神経を刺激している)

ヤオとTマックも大事に使わないと長持ちしないよ。
バンガンディのディフェンスでは体を酷使しすぎなんじゃあないか。でもオフェンスではハーフコートが多いからまだましか・・・。
[PR]
by chiesuzukihome | 2006-12-31 04:24 | NBA | Comments(4)

明け方のぼやき

どうしても眠れないので、ひまつぶしに。

ニックス、、、、乱闘の後は、ジャズ戦、ボブキャッツ戦と、怒濤の勝利が立て続けに起こりましたね。
ジャズ戦では、デロン・ウイリアムスの決勝得点の後、残り数秒即インバウンドパスをしたデビッドリー、ステフォンがそれを自分で運び、のこり0秒でレイアップ。

これが97-96逆転勝利。
ニックスリバウンド63本っていったい・・・。


翌々日、
ボブキャッツ戦、この日最前列には、ジョーダン、ユーイング、オークリーの御三家?がスーツ姿で観戦。超豪華・・・。
これがダブルオーバータイム、最後ジャマールのインバウンドパスでデビッドリーが後ろ向きでチィップイン。リムの中にボールが吸い込まれた。
リーはこの日が19リバウンドで、ジャズ戦は20リバウンド。
フライはこの日30得点。

きみたち、乱闘後なんか変わったでしょ。
リーとフライ、ふたりは怪しいカップルみたいだな。


ネイト・ロビンソンの子供っぷりがやけに目立ちますな。


写真がないのは、ここのところ、ずっとネッツ戦行っているから。
両方観たいのだけど、NBAのスケジュール、12月は酷い。
火曜日はNBA TVに、木曜日はTNTに視聴者を集中させるため、リーグは月、水、金の試合ばかり。で、ネッツとニックスはもろ重なりまくっています。(他のチームもこの曜日に試合が多い)


いいかげん、寝よ。

アイバーソンのデビューはいつになるのか。
水曜日のサンズ@デンバー戦は雪で飛行機が飛ばなかったらしく延期。
今日のサクラメント@デンバーもたぶん無理かも??


寒さには気を付けてね。
[PR]
by chiesuzukihome | 2006-12-22 19:05 | NBA | Comments(2)

アイバーソンの新住所

d0038897_1142956.jpg

(写真:アレン・アイバーソン、デンバー・ナゲッツの一員に)

アンドレ・ミラー、ジョー・スミス、2007年一巡目指名権2つと、アイバーソン、アイバン・マクファリンが交換。

長引くと予想されていたトレードが、突然決まった。
最近リーグを騒がせているナゲッツ、これからが楽しみなチーム。


カーメロの出場停止で焦ったのか、一巡目指名権2つ提供が効いたのかもしれない。

コロラド州デンバー、山の麓76丁目。
デンバーの山脈とアレン、あんまり似合わないな。
[PR]
by chiesuzukihome | 2006-12-20 11:02 | NBA | Comments(8)

乱闘は指示されたものなのか

d0038897_540651.jpg

(写真:乱闘直後、アイザイアが審判に話しかける)
d0038897_3104274.jpg

(写真:乱闘直後、ナハラとキャンビーに笑みが。ジョージ・カールもその後ふたりと微笑む)



アイザイアが乱闘に持って行くように選手に指示を出したのでは?
というまことしやかな噂が流れている。
ニューヨークタイムズを筆頭に調査しなければならないという論調。
リーグもこのことを無視せず調査したという。

「バスケットに近づくなよ。それはいい考えじゃないって、伝えておくからな。」
とアイザイアは乱闘17秒前にカーメロに言ったという。

この発言によって、各メディアが翌々日の試合前、
アイザイアに詰め寄ることになった。


アイザイアの弁明によると、「18点19点差がついているのだからバスケットに向かって僕の選手たちの上からもうダンクはしないでくれ。意地悪く何度もそういうことはしないでくれ。なんらかの慈悲を見せてくれ」という意味だったんだという。

リーグは、関係者にインタビューを試み、ビデオを何度も再生したが、コーチを出場停止処分するまでの証拠はみつからなかったそうだ。


個人的には、コーチが試合中、ハードファールをしろと選手に指示するなんてあり得ないと思う。もしかしたらアイザイアは、「もうマジやめてくんないかな。選手たちがかわいそうじゃん。」くらいのことは、味方相手選手両方に聞こえるくらいの声で発したかもしれない。
コリンズに向かって、「あいつらを叩きのめしてくれ。」と万が一言ったとしても乱闘しろとかハードなファールを仕掛けて怪我させろ。なんてレベルでは発していないと思う。

事件はなぜこんな方向に行ってしまうのだろう。
ジョージ・カールコーチは、
「アイザイアが事件を指揮したんじゃないかと思う。事件後も事をもっと悪くした。」と思ったという。


このような方向に発展したのは、「バスケットに近づくな。」などと言ったからであり、
悪い方向へ示唆するのに長けているニューヨークメディアが事件にへばりついているからである。

しかしそれ以外に、アイザイアという人間に心の底で、「そう言うレッテル」を貼っているひとが多数居るからだと思う。すでにリーグでは、アイザイアは孤立しているのではと思われる。
すでに彼の人格に疑いを持っているひとたちが増えているのではないか。彼を信じている人間は、ドーランと数名の若いニックス選手たち。

アイザイアがいくら微笑んでも、どんな言葉を用意しても、いくら若い子分を増やしても、リーグ全体からのアイザイアへの信頼度はかなり低い。

こんな事になったのも卑劣な手段で次々とコーチを首にしたことが、少なくとも影響していると言える。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、アイザイアの人生はこの先いったいどの辺へ向かっていくのだろうか。

と、アイザイアの人生は私にはあまり関係ないので、どーでもよいが、


先日ドン・ネルソンは、バドライトを飲みながら試合後インタビューに答えていた。(笑)
そのあと、火のついていない葉巻をくわえながらもう一缶のバドを上着のポケットに忍ばせ去っていった。
風貌がまさしく「ドン」なかんじでのしのし歩く、カリスマをぶら下げた老いぼれ名将だった。

この老いぼれでも選手に対し厳しい練習態度を命令できるのはやはり名将だったからだろう。コーチとは辛い職業だ。世界一レベルのバスケットボール選手たちに付いてきてもらうには、ハイテンスで戦う選手たちを指揮するには、自分もそれなりのカリスマがなければならない。
名将であるか、選手に味方するタイプか、かなり高レベルのバスケに対する情熱を持っているか。の3つ、どれかがなければ選手は言うことを聞かない。

アイザイアの場合、選手に味方するコーチの代表だ。
得てしてこういうコーチはそうやって世渡りをするが、肝心のコーチングは?である。
以前ラリー・バードがコーチになったが、彼も選手に味方するコーチの変形版だ。彼は選手をやる気にさせて彼らのモチベーションを最大限に引き出すことのできる数少ないコーチ。
彼はアシスタントコーチに作戦を任せてそれをディレクションする。

あ、こうやってバードひいき目に書いているのも、
やっぱり世間から刷り込まれているバードの人格がそう書かせるのである。

・・・・・・・・・・・・・

バスケに強烈な情熱を持つコーチタイプのジェフ・バンガンディは、
土曜日の出来事に「感情移入してしまった」そうだ。自分の過去の惨事がよみがえってしまったのだろう。
(2001年1月。対スパーズ戦、ダニー・フェリーのひじ鉄攻撃に業を煮やしたマーカス・キャンビーは数メートル先にいたフェリーに向かって振りかぶった。げんこつは、空振りに終わり、それを阻止しようとしたバンガンディ、キャンビーの頭にこめかみを打ち付けて流血15針縫ったんだった。そのほかにもアロンゾの美脚にぶら下がり事件など。)

おまけ:当時のキャンビーのコメント
「(フェリーのひじ鉄で自分の額の)血を見て正気を失ってしまった。あれは僕じゃなかった。僕はもっとお気楽なヤツなんだって、ここにいる周りのみんなはよく知っている。」キャンビーはリーグから罰金25,000ドル(約二百九十万円)と5試合出場停止とその間のサラリー$77,122 x 5=385,610ドル(約四千五百万円)を差し引かれる。ダニー・フェリーのほうも1試合の出場停止+罰金7500ドルだそうだ。


「乱闘は指示されて起こるものではない。」
とバンガンディもコメント。
乱闘を語らせたら(体を張らせたら)右に出るものはいない彼のコメントを、信じよう。
[PR]
by chiesuzukihome | 2006-12-20 03:12 | NBA | Comments(2)

土曜の夜は、けんか

d0038897_1413331.jpg

(写真:カーメロの右手はグー。ジェフリーズ、すっころんでカーメロを逃す。)

d0038897_1414189.jpg

(写真:乱闘直後。怒りが収まらない、カーメロ。わなわな。)

d0038897_14184152.jpg

(写真:ファールされたJRスミスをなだめる、私服のケニヨン・マーティン。スミスは怒りを表わにする。)


乱闘、起きてしまいました。


ナゲッツ対ニックス、数週間前のデンバーでのニックス戦は、ジャマールによるスチール逆転スリーポイント勝利だった。
今日はマーブリーが好調で、3Qに26点差を10点差にまで接近させ、会場は大いに盛り上がったのだが4Qでは本来の姿に戻り、ニックス敗戦が完全に決まりかけていた残り1分15秒、マーブリーと交代した新人マーディ・コリンズ、軽くレイアップを決めようとしたJRスミスに、ハードファウル。首に両手をかけて床に叩きのめした。当然JRは怒り狂い、反撃に出る。

フロアでプレーしていた10人はカメラ席あたりで入り乱れる。

そこでハッスルしたのがネイト・ロビンソン、JRにダイブし参戦。観客の中に入り乱れる。現在スコアリングリーダーであるカーメロ・アンソニーは辺り構わずニックスの選手をどついていた。

チームメイトがやられているのをだまっちゃいられない。という気持ちでみんな相手チームの選手を後ろから押さえたり、どついたり、
相手選手を押さえている選手をまた相手選手が阻止し、それをまた阻止しているうちに、どついたりどつかれたりして、結局パンチが出たのは、カーメロだけ。

そして殴った相手はコリンズ・・・。

それを見て、ジャレド・ジェフリーズがものすごい勢いで怒り心頭、カーメロをハーフコートあたりまで追いかけた。しかし皆に止められながら写真のように途中で転んでしまい、殴らずに(殴られずに)済んだ。アシスタントコーチたちに止められながらもまだカーメロのほうを睨んでいた。
(きょうはジェフリーズがカーメロのディフェンスをしていたが34得点された)

特にニックスの選手はフラストレーションが溜まっていた。
コリンズのファウルは明らかな退場ファールだった。それに反応したJR、まーもちろん、ここで男ならこのやろーとなってしまうのだろう。で、そのあとネイトがわざわざ喧嘩しようとしたってところと、カーメロも報復に走ってしまったところが、この乱闘の核の部分だ。


数分後、フロアの10人は退場になった。
(コリンズ、フライ、リー、ジェフリーズ、ロビンソン、スミス、キャンビー、アンソニー、ナハラ、ミラー)

あの悪夢のようなピストンズ対ペイサーズのようにはならなかった。
ファンが参戦しなかったのは、ひとえに、セキュリティのしっかりしているガーデンだった。ということだ。ここのセキュリティは真のプロフェッショナルだ。そして執事のような面持ちのニックスのフロア担当主任は、即厳戒態勢をしき、試合後のロッカールームの廊下には警官も立たせていた。選手の帰り道が同じにならないようにしていた。

ロッカールームでは、もうすでに皆冷静になっており、さっさと帰った。
JRはコリンズなんて初めて見るヤツと言っていた。
カーメロも言葉少なに試合のことしか話さなかった。



コリンズは喧嘩中もフロアでいたって終始冷静だった。
張本人なのに沈着冷静な(人をバカにしたような)顔がカーメロの気に障ったんじゃないかと思うが、カーメロはその前に、病み上がりチャニング・フライのジャージを後ろから引っ張り、しりもちつかせてその上を仁王立ちしていた。かなりやる気満々だった。


しかしジェフリーズが「追いかけてまで殴ろうとする。」タイプだったのにはおどろいた。
カーメロのパンチ後はたぶん一番エキサイトしていただろう。
丁度、数年前ニックス時代のキャンビーがスパーズのダニー・フェリーを殴った時の、
(いやあ、間にバンガンディが仲裁に入って、キャンビーの右拳はバンガンディの目の上に当たって流血だったな〜)あの、キャンビーの「てんぱった感じ」を、今回のジェフリーズの中に見た・・・。


最後に、もしジェフ・バンガンディがコーチだったら、コリンズとの間に入り込み、カーメロに殴られて鼻血出しているだろうか。またはカーメロの足にからみつき・・・・・。

いい意味でも悪い意味でも、戦う場所、ガーデンであった。
[PR]
by chiesuzukihome | 2006-12-17 14:15 | NBA | Comments(8)

アイバーソンは呆けない。

d0038897_10564324.jpg

(写真:トーテンポールなスイフト、カリー、カージナル)

d0038897_1057431.jpg

(写真:ルーズボールを追う、スティーブンソン、アリーナス、フランシス、トーマス)

d0038897_11431436.jpg

(写真:アイバーソンの思いは・・・。)


あまり時間がないので、写真だけですが、
今週、月、火、水、木、土と試合です。

今日は金曜日で一日呆けーとしていました。


アイバーソンがトレードされそうです。
この先プレーオフにいけないくらいの戦力でのうのうと過ごしていくことに耐えられなくなったりしたのでしょうが
しかし無能なGMだにゃ。。
これは脅し、であってほしい。皆を奮起させるための、そして勝てる人材とコーチを呼ぶことの。チークスで勝てるのか。

でもアホなGMはただいま他のチームのGMに電話かけまくっています。
もう、遅いのか。

状況に耐えられなくなったら、
直接、本人に訴えよ。
[PR]
by chiesuzukihome | 2006-12-09 11:06 | NBA | Comments(10)