ブログトップ

CHIE SUZUKI HOME COURT blog

chiesuzuki.exblog.jp

<   2006年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ペイサーズ対ネッツゲーム4

コンセコで行われたゲーム4は、

ジェフバンガンディが解説。
って彼はたしか昨年プレーオフで審判批判をして罰金科せられたよね。
イリーガルスクリーンがどうのこうのと言う話だったな・・・。


「あ、これはフロップですね。」と
オニールがまたもや早々の2ファールを取られ、クリスティッチにたいしてフロップだと解説。さすがにバンガンディはコワイものなしな発言をするな。

そのオニールは4Q残り1分30秒ほどでカーターのレイアップを阻止したためファールアウトになる。
眉は八の字に曲がりベンチに腰を下ろす。

・・・

前半から3Qまでネッツは20点差を開き
クリスティッチのジャンパーやRJの得点が入り、しかもディフェンス面も充実しておりペイサーズに隙を与えなかった。

ペイサーズのほうはディフェンス緩く、ノーマークのジャンパーも外し、フリースローも確率低く、特に要のひとりスティーブン・ジャクソンが良くない。

それでもオニールのインサイドショットとクローシュアのアウトサイドショットで食いつなぎ4Q20点差から10点差に近づき、最後の2分には5点差までこぎ着けた。

が、引き続きカーターはインサイドに切り込みファールを貰うし、
オニールは終盤いいショットを続けていたのにファールアウトで、ペイサは4Qは31点も入れたがその後手がない。

ペイサーズのターンオーバーを誘ったのはたいていが、ネッツの選手がドリブルするボールを下に叩いたことが原因のひとつ。
正当に守るとファールになる、体がぶつかっただけでファールになる。
ドリブルするボールを叩いたくらいではファールにならない。

今日のネッツ選手たちの佇まいは、勝つぞという意気込みが十分見受けられた。
ペイサーズのゲーム1の佇まいと同じだった。
97対88でネッツ。

これでペイサーズ2勝ネッツ2勝で、どちらもあと2勝しなければならない。
しかしこのシリーズ、まさに審判を自分サイドに引き込まないと、ファールトラブルが試合を決定しかねない。
ネッツはクリスティッチを早い段階で絶対ファールアウトさせてはならないし、
RJの得点も重要。そしてペイサーズのターンオーバーを誘うプレーをする。

ペイサーズはオニールに気持ちよくバスケさせるために、アウトサイドショットが必要でそれはAJやジャクソンの得点(ペジャは膝で出場しないし、ヤシケビシャスはキッドに付けない)。それから時々手を抜く48分間のディフェンスを緩めないことなのだけど、これがファールトラブルに繋がっては元も子もないなー。

このシリーズほんと五分五分ですね。ゲーム7まで行きそう。


NBA プレーオフ
NBA Playoffs '06 Nets @ Pacers Game4
[PR]
by chiesuzukihome | 2006-04-30 07:16 | NBA | Comments(6)

ペイサーズ対ネッツ、ゲーム2と3

d0038897_12531811.jpg

(写真:構図が微妙〜。オニール、キッド、グレンジャー)

ゲーム2
ペジャがインアクティブ(膝の怪我)でダニー・グレンジャースターター。
ネッツはまたもやオニールをファールでイライラさせるのに成功。
こうも素直に反応しすぎるオニールも、経験10年とも思えないくらい初々しい。
で、審判批判をして罰金だとか。


ゲーム3、テレビ観戦。@コンセコ

「皆俺のことを疑っているし、専門家達は俺達にチャンスはないと思っているよ。なぜならキッド対AJのマッチアップだからだと。そんな図式はいらん。」

と発言したアンソニー・ジョンソンは・・・。

ゲーム3にて、
AJの能力には驚いた。
キッドより運動神経抜群男子をアピールし
4Qの二本のリバースレイアップはあれ、普通できませんよ。
3人のディフェンダーをくぐり抜け、あの身長でリバースダンク。

AJ はこの試合25点でプレーオフキャリアハイ。
オニールは37点でやっと大人の男子に成長。

カーター、前半絶好調、ペイサーズのディフェンスも前半はいまいちだった。が、後半まったくシュートが入らないカーター。

今度はクリスティッチのファールトラブル&ネッツのビッグマンがファールトラブルに。オニールが正しくバスケすればネッツにはマッチアップできない。

さて、ネッツはカーター次第になっているが、クリスティッチの得点、RJの得点を増やさないと、彼の好不調がネッツの行方を決定しているじょ。
そしてキッドはAJを止めなければならないのだ。ここまでキッドが運動神経鈍い子に見えたのは初めてだった。


(実はオニールのたわごとに同意する私。)

ジャーメイン・オニールがポストアップをするとディフェンダーはぱたんと後ろに倒れる。これをオフェンスファールとして審判がコール。(ゲーム1と2で)
「全く理解できないんですけど。これは僕の10年目。いままで4年も5年も同じムーブでプレーしてきてオールスターになったのに、(今回に限って)審判があんなフロップ(演技で倒れる)を信用してしまうんじゃ、ポストプレーヤーにとっては厳しいよ。」オニールはゲーム2の後そう語ったのだった。

そうそう、あのオフェンスチャージ取りにはときどき驚くほどの演技派がおります。
嘘ついてもそれが審判に信用されてしまうのだ。なんて世の中だ。

そんな胡散臭いプレーを蔓延らせてしまうという裏には、力づくのプレーはあまりしないで、アリウープやダンクをしようね。という暗黙の、バスケットボールを見て楽しいお金の儲かるエンターテインメントにしましょう。という了解があるのだ。

オニールが罰金徴収されたのは仕方ないこと。
だって、ポストプレーは今後なるべくやらないでくださいね。というデビッド・スターン流金儲けのゆく方向なのだから・・・。(無念)

(でも今度はネッツのビッグマン達がファールトラブルに・・・。謎)
[PR]
by chiesuzukihome | 2006-04-28 13:29 | NBA | Comments(4)

ペイサーズ@ネッツのプレーオフGame1

d0038897_8363023.jpg

(写真:ビンス・カーター、31得点)
d0038897_8372526.jpg

(写真:話しかけて自分の緊張を解いているのか。ペジャも出場時間が制限されていたのはディフェンスの問題。)
d0038897_839685.jpg

(写真:おねいさん。)
d0038897_8394251.jpg

(写真:ジャーメイン・オニール。早々で3ファールになりベンチに座っている間が長かった。)

カメラ席からの視点:
ペイサーズはジャーメイン・オニールが1Qで2個のファール、前半3個目の時はもう顔がワナワナしていた。鼻息荒く頭に血が上っているので「引く」というワザができない。あまりにも押しすぎて相手ディフェンスが引いてしまうと、床にごろんとしりもちをつく。精神面も押せ押せで、そのうち4個目のファールを貰ってしまう。
そんなオニールを観察しているキッド、ファールが嵩んでいるオニールに、スチールにチャレンジしたりとにかく彼の周りをいやらしく付きまとい、イライラさせている。さすが人の心を読んでいる。このときのオニールは堪忍袋が80パーセントくらいマグマが溜まって今にも吹き出しそうな様子でした。

続きを読むContinue Reading


[PR]
by chiesuzukihome | 2006-04-24 08:50 | NBA | Comments(0)

さようならニックス

d0038897_5143140.jpg

(写真:ハーブ・ウイリアムス指揮のシーズン最後のネッツ戦だが、ベンチに座るラリー・ブラウンはときどきこうやって、こりゃそっちじゃないわい。と自ら声をあげる場面も。大人しく座ってりゃいいものを。ちなみにこの日は爺が座って緊張感があること、両チームとも二軍のプレーヤーでニックスの勝ち。ニックスの二軍は一軍より強い。)


土曜日から始まるプレーオフ。

ポストシーズンの無いニックス、話題だけは他のチームを凌ぐほどだったが、プレーオフに出られない情けないチームになった。

さようなら。


ラリ爺は来年も戻ってくる予定。
彼のコーチング一年目では勝率は低い。というのが定説になっており、あの優勝に導いたデトロイト時でさえそうだった。
それを配慮してアイザイアはラリ爺続投を示唆。

そして一年中仲違いのラリ爺対スターブリーは・・・・。
ここへ来てとってもいい関係になっている。

この夏はマブの家族を爺の家族と会わせるなどの催しも実現しそうで、マブは「来年は爺のスタイルとスターブリースタイルを合体させたスタイルで行くぞ」とはりきっている。

マブは爺と今週ミーティングを開き有意義な時間を過ごせたそう。
「彼は僕をよりいい男にしてくれた。」
爺もきっとマブをこのまま諦めるわけには行かないと思っているのだろう。
もし万が一マブがトレードされるのなら爺は「(トレード相手は)コービ。ガラクタじゃなくて」とマブに言ったとか。これもマブをスーパースターとして見ているんだ(煽てているのだろうが)という風にマブは喜んでいたようだ。

ただアイザイアは状況次第でマブをトレードする可能性も大いに残っている。
ミネソタが貰ってくれる話など、さまざまな噂も飛び交っている。


最終試合では、ニューヨーク・ポストのマーク・バーマンとひたすらお喋りをするマブ。
この記者は以前スプリーのヨットで手首怪我事件を捏造?して訴えられたり、アラン・ヒューストンをボロクソ書く、労働者諸君が喜びそうな話題を得意とする。ポパイに出てくるブルートのような風貌。(髭はないけど)
その彼の名前を連呼するマブ。「バ〜マン、バ〜マン」と歌を歌い嬉しそうだった。
彼のマブに関する記事は要チェックである。
[PR]
by chiesuzukihome | 2006-04-22 05:35 | NBA | Comments(0)

負け負けチーム

d0038897_13242439.jpg

(TJフォードの鋭いパス。速すぎて手前の選手は受け取れない。)

このままいくと、ニックス負け記録を更新ってな勢い。
ミルウォーキーに負け、ボブキャッツに負け、(もちろんデトロイトでも敗戦)
たぶん明日のニュージャージーも負けるだろう。

完全に壊れたチーム。

しかし、ラリ爺の健康のことを考えると同情してしまう。

続きを読むContinue Reading


[PR]
by chiesuzukihome | 2006-04-18 13:35 | NBA | Comments(0)

記録係

d0038897_1753539.jpg

(写真:ロン・アーテストとマイク・ビビー、打ち合わせ中)

またロンがらみになるが、
彼は生身の人間の声を発する男。

というのも今現在の心境と意見をそのまんま、脳から飛び出たそのまんまを
発言する。


続きを読むContinue Reading


[PR]
by chiesuzukihome | 2006-04-13 17:08 | NBA | Comments(0)

ゾンビ?

ネタバレありますのでご注意。



d0038897_1431584.jpg

(写真:4Q残り27.9秒、優れたディフェンダーのラリー・ヒューズを前にラストショットを試みるジャマール。観客とベンチのチームメイトが見守る中。)

ヒューズ、なんとつま先立ち!というか地に足がついていない!

d0038897_14333817.jpg

(写真:そして残り6.4秒でそのボールをフェイダウェージャンパーでリムの中に。)

ボール放った後、ヒューズの手が触れています。

d0038897_1435579.jpg

(写真:喜ぶベンチの怪我人たち。)

ラリ爺が半分しか写っていなくて残念。

d0038897_14384148.jpg

(写真:残り6.4秒、レブロンにボールが渡るが、激しくディフェンスされコーナーのヒューズにパス。スリーを打つがはずれ、試合終了。96−94)


ニックス対キャブスの試合、

続きを読む Continue Reading


[PR]
by chiesuzukihome | 2006-04-06 14:48 | NBA | Comments(0)

ネッツがプレーオフ

d0038897_5402071.jpg

(写真:ネッツ、11連勝の末プレーオフへ進出決定。)
d0038897_5411428.jpg

(写真:ビンスの活躍はでかい。今シーズン、伸びしろ&スター性が戻ってきた。)

ネッツはシーズン序盤はもたついていたが、ここへきて
連勝連勝。(祝)
[PR]
by chiesuzukihome | 2006-04-02 05:47 | NBA | Comments(4)