ブログトップ

CHIE SUZUKI HOME COURT blog

chiesuzuki.exblog.jp

<   2006年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

スプリーは今どこで何を。考えているの。

d0038897_8225465.jpg

(写真:2004年シーズンのスプリー@MSG、お相手はもちろんアラン・ヒューストン)


プレーオフに向けて各チームジェネラルマネージャーが考えることは、このロスターで十分プレーオフを生き残れるか、怪我人がいるばあい補強すべきスポットに、誰かを連れてきてプレーさせることでメリットはあるのか。

この時期、ウエーブされて宙ぶらりんなベテラン選手や、もしかしたらチームのスパイスになり得るマイナーリーグの選手などを、どこかから調達。を狙っている。

その中でもいつでも噂にのぼっているのが
ラトレル・スプリーウェル。

彼は今どこで何をしているの・・・。

(遠い目)


そこでESPNの記者たちのスプリーに対する奮闘ぶりを読んだのでちょっと紹介。

まず先週か先々週あたりの記事、
ESPN.comのマーク・ステイン記者によると、
ジェフ・バンガンディはスプリーに電話をかけたそうだ。
折り返し電話くれと留守電に残したが、彼はかけてこなかったそう。

ジェフは
「かかってこないってことは、興味なしか」と。
昔の恩師?の誘いに乗らないスプリ・・・。

(遠い目)

スプリは実生活には満足しており、ベテラン用ミニマムサラリーでプレーするのは不当な価値だと思っているのだろうとジェフは言う。そういう自尊心のようなものは、彼に素晴らしいプレーをさせると言う。

インタビュアーがジェフに

「どこかで彼に会うことがないという事は、あなたを悲しませますか?」

という質問を投げかけると、

「いいや、彼が悲しくなければ、私は悲しくない。」

「もし彼の状況がつらくなくて、そして、キャリアを変えそれに彼が満足ならば、そうしたならば私はハッピーだ。」

とジェフは答えた。ちょっと泣ける。


Tマックの怪我でロケッツはどん底。もしかしたらジェフも首の皮一枚で繋がっている状態なのか・・・、そこで切り札というかやけくそというか、ジェフは一生のお願い、最期のお願いをスプリに託した。

ロケッツは$2ミリオンを用意していたが、スプリは無視した。

シーズン前もスプリ獲得に興味を示したロケッツ。
ジェフはやっぱりスプリを愛しているんだな。と
ふと想ふ。


きっとプレーオフコンテンダーじゃないと、やる気でないのかな?
スプリは・・・

ところが、


ESPNの別の記者クリス・シェリダンは、なんとミルウォーキーの彼の実家!を訪れたそうだ。彼はニューヨーク在住でスプリの劇的なシーンを何度も見てきただけに(というか、ニューヨーク1999年にMSGで取材していた記者達はスプリのことを大目に見ているし、彼がニューヨークにもたらしたものを肌で感じ、ミラクルニックスの立て役者と認識し、それらすべてが美しい想い出となって脳裏に焼き付いている)こんな行動に出てしまったのかもしれないと、アポなし取材を試みたんだなと。



ところが彼の目にしたものは、
紛れもなくそれはスプリ、あの歪んだしかめっ面のスプリが出てきて、
シェリダンは見事な「門前払い」を食らったそうだ。


「俺の敷地から直ちに出て行け、さもなきゃ誰か呼んでとっ捕まえてやる!」


ノースリーブのTシャツとスエットパンツの男は怒った声でそう言った。

シェリダンはスプリの生前、じゃなくて、スプリがニューヨークにやってくると
まるで仲間のように振る舞っていたのかもしれない。
俺の顔忘れていないかも。なんて、まさかここまで来てまったく知らない記者じゃなし門前払いはないだろう。と。

休日の午後、シェリダンは賭けに負け、とぼとぼとミルウォーキーを後にした。


ところでシェリダンはマブス社長マーク・キューバンからメールを受け取ったそうで、
キューバンもプレーオフに向けてスプリ獲得を思索していたそうだ。
「電話には出たが、明日かけると言って、かかってこなかった」そうである。

たぶん、スパーズもスプリ打診したようで、

今のところプレーオフ激戦が予想される、スパーズとマブスのスプリ争奪戦が行われていたようだ。

じゃあスプリはプレーオフにも関心がなかったことになる、こうなるといったい彼は何を考えいるのかも分からない。

昔からスプリのエージェントだったロバート・ギストでさえ
「彼が何を考えているのかさっぱりわからないし、彼は考えを明かしてくれない。」
という。

(謎のスプリ・・・)

シーズン序盤、3年間$21ミリオンを
「家族を喰わせるために」ミネソタのオファーを断った。
その背景にはレイカーズ行きを希望し、トレードがうまくいくまで駄々をこねて待っていたというもの。その間、バンガンディのロケッツ、ジョージ・カールのナゲッツ、レブロンのキャブス、優勝コンテンダー・ピストンズなどがスプリを欲しがった。
このタイミングは、スプリが暫くレイカーズを待っていたために、他チームが我慢できず次々とフリーエージェントとサインしてしまい、結局はレイカーズへのトレードもうまくいかず高額のスプリだけが残った。というのがエージェントの弁。

一年間姿を現さないスプリは、2度目。
一度目は(首締め事件後)、そのあいだ筋トレも充分に躰を作っていたので、
来シーズンも同じく素晴らしいコンディションで私たちの前に姿を現せばいいのだが。



ウィスコンシン州ミルウォーキー、
長い冬は終わったのか、そしてスプリはこの後どうするつもりなのだろう。

バンガンディは
「彼は本当に本当に賢い。彼には今まで自分自身の人生が先へ進んでいくいろいろな出来事が起こった。だから、特に驚いてはいないよ。」
とESPN.comのマーク・ステインに語ったそうである。


引用部分すべてhttp://insider.espn.go.com/より。
[PR]
by chiesuzukihome | 2006-03-29 07:34 | NBA | Comments(10)

どれほどのへっぽこなのか、ニックス。

d0038897_15163257.jpg

(写真:パウ・ガソル。髪の毛がベートーベンのよう。この日は暴れまくり36点!)
d0038897_1518556.jpg

(写真:ロレンゼン・ライトのダンクシーン。やられまくっています。)
d0038897_15194583.jpg

(写真:スリーシックス・マフィアというオスカー受賞のラッパーと、隣の席にはビクトリアシークレットのモデルたち。映画はHustle & Flow)
d0038897_15215349.jpg

(写真:マイク・フラテロとエディ・ジョーンズ。これは試合中エディがフラテロにプレーについての意見を述べているところ。)

メンフィス・グリズリーズがニューヨークにやってきた。

ベートーベン・ガソルはがしがしとインサイドへダンクしまくっていた。
今日のスターター、マリーク・ローズは病み上がりと言う感じで、押さえても押さえても零れるガソル、くるりと軽くかわしてダンクをリムに直撃させるガソル・・・。
セブンフッターの躰の運動量とは思えないくらい激しい。

ディフェンスが機能しているグリズリーズは、天才シェーン・バティエや4スチールなんて当たり前のエディ・ジョーンズを筆頭に、へっぽこニックスを地獄の底に突き落とす。

どれほどニックスはへっぽこなのか。

試合前、ロッカールームでは、フラテロがホワイトボードに作戦を書きこんでいる。
普通はコーチではなくアシスタントが書くものだが、フォーメーションの図や、オフェンス、ディフェンスの注意事項、などなど、コーチ自ら丁寧に一週間のスケジュールまで書いている。
相手ニックス選手達のフリースロー確率がゼロコンマの桁までひとりひとり書かれている。

が、先頭にはなんとARIZAの名前が・・・・。

ありゃりゃ。
私は「もしもしコーチ、アリーザはもういませんよ。」とこっそり教えてあげた。

フラテロは「あっ、そうだった・・・(汗)。ありがとう恩に着るよ〜。」と
指でARIZAの名前を消した。
ニックスのメンバーひとりひとりの動向なんか、コーチの頭の中からはすっかり消え去っていたのだった。


そんなど〜でもよいチームなのであった、ニックスって。
でもなぜかきょうもガーデンは19,763人の満員御礼!!
[PR]
by chiesuzukihome | 2006-03-25 15:46 | NBA | Comments(18)

ニックス過酷な日々。

d0038897_4725.jpg

(写真:スティービー落ちる)
フランシスは激しいブロックショットをお見舞いし、落下する。

d0038897_474428.jpg

(写真:スティービー驚く)
相手マイク・ジェームスは放るものすべてリムに吸い込まれるってな勢いで37得点。スティービーはディフェンスに勤しむが。

d0038897_482546.jpg

(写真:スティービー歯を食いしばる)
この日がんがん攻めている場面が多かったが、なにか歯車がかみ合わないところもあり。
スティーブ・フランシスは最近元気がない。
いつから元気がないのか、オーランドでもめ事になって以来、こちらに来てもいつものフランシスではないようす。あまり笑顔を見せず、受け答えも当たり障りない。
しかし最近「スターターにしてくれ」という発言でラリ爺を喜ばせている。といってもQが怪我から復帰すればまたベンチに戻ると思うが。なんとかこのだぶついたガード陣を上手く起用したい爺。そしていつものフランシスに戻してくれたら、少しは。

d0038897_411010.jpg

(写真:ちびっ子ネイトとちびっ子バレット)
チビ同士、175cm(ネイト)と178cm(アンドレ・バレット)最小対決??

d0038897_4121022.jpg

(写真:泣きながらドライブ。ジャマール)
4Q接戦の場面でボールはジャマールに。
こんなにつらい顔をしながらドライブしているなんて、泣ける・・・。
モーリス・ピーターソンのひょろりとしたディフェンスもいけている。大事な場面でオフェンスチャージをいくつかゲットした。

d0038897_4124758.jpg

(写真:痛すぎるフライ)
3Qは12分丸々出場し、絶好調だったフライは4Q2分ばかりプレーした頃、
ネイトがアンドレ・バレットの持っているボールをスティールしようと試みる。がそれをかわそうとしたバレットの左肩はフライの左膝に激突。
フライはくの字に折れ曲がり、バレットの体の上に乗っかったまま動かない。(写真のように)暫くしてチームメイトやトレーナーが起こそうとするも、膝の痛みがあるのか起きあがれない。ラプターズのトレーナーはバレットをフライの下から引きずり出し、そしてようやくフライも立ち上がることが出来、ジェームスと肩を組み、保健室へ。
痛々しい場面に会場は騒然とし、フライの健康を祈ることしかできない。唯一の未来のスターというわけで、ニックスファンは身震い。(写真客席右のおじさんのように)

ネイトは自分が試みたスティールでチームメイトが痛いことになり、かなり危惧している。これでフライのキャリアがおあずけ状態になったなら、たいへんなことだと。

ラリ爺は、選手が安定したキャリアを築くのは簡単なことではないと、アラン、ペニー、アントニオの膝の怪我を引き合いに出す。

膝の捻挫という診断だったが、磁器を使った検査もしなければならないくらい、微妙な状態らしい。今日のオーランドへのフライトには合流せず、今朝の検査結果待ち。

何ともなければいいのだけど。祈。



PS.
本日のチャニン・グフライMRIの結果は、今シーズン絶望。

が〜ん。

d0038897_14344476.jpg

(写真:チャニング・フライ怪我8分前。今日は19得点9リバウンド何と4ブロックと爽快な気分だった。)
[PR]
by chiesuzukihome | 2006-03-23 05:11 | NBA | Comments(6)

セントパトリックディの衣装

d0038897_15353984.jpg

d0038897_1541699.jpg

d0038897_15412776.jpg


先週のセントパトリックディ、アリーナではたいていハーフタイムにこのダンス。
ニックスやブルズはグリーンのユニフォーム。
[PR]
by chiesuzukihome | 2006-03-22 15:37 | ニューヨークシティ | Comments(4)

ニューヨークで戦争勃発

d0038897_16134369.jpg

前々からラリ爺とステフとの間には蟠りがあり、ステフが「未だに彼のやりたいことが分からない。」とラリ爺のコーチング批判をすればラリ爺は「今まで30年間同じようにコーチングしてきたつもりだ。」と鼻であしらう。


スターブリー殿が、「(あまりにも勝てないんで)俺は今まで通り俺のやり方(AKAスターブリースタイル)で行くぜ。」とラリー・ブラウンコーチング以前のやり方を貫くと発言し、ラリ爺のコーチングを批判。
スターブリーが「自由を与えろ」と言えば

「ファール数がリーグ最下位、フィールドゴールは下から二番目、ターンオーバーは他のどのチームより多い、ほとんど最低に近いブロック数、

こんなスタッツで、よく「自由」などと言えるわい。」
と爺は嘆く。

そしてアイバーソンやスノウをほめほめ。(ステフをコケにする)

「アレンは出来る限りハードにプレーし毎試合勝利のために戦っていた。プレーで痛めたり、転んだり、毎晩毎晩競い合い、我々は彼のやったことを受け入れたチームだった。」
(ほのぼの)

さらにラリ爺、泣きが入る。

「わしはコーチを何年していると思うかね。ずいぶん長いよ。わしは今までな、決してそのチームを預かった時よりも、低迷させたまま去ったことはない。
考えてみてくれ、わしのことを。わしはな、ひどい状態のまま去ったことはないんだ。
今と比べて決して変わったことを選手にしていたつもりもない。」


このような爺vsAKA Starbury
の戦争勃発状態を、各紙おもしろおかしく、追跡している。

きょうのアトランタ戦などは、その戦争状態を煽る、まるでCNNヘッドラインのように、試合前、ジャーナリストのひとりが電話生リポートをするなど、ニューヨークのお家芸は佳境を迎える・・・・、おもしろすぎる・・・・・。

金曜日のデトロイト戦ははたまた大変なことが起きそうだ。
[PR]
by chiesuzukihome | 2006-03-16 16:14 | NBA | Comments(20)

ウィザーズ見ていれば良かったよ。

d0038897_15145685.jpg

(写真:チャニング・フライを見つめるモデル。よい子のデビッド・リーとモデル)

ニックスはこんなことしている場合じゃなかったんだ。
先日行われた毎年恒例ニックスボウル。
グリズリーズ戦からなんなく調子よくしていた、ニックス。ブルズに破れたもののこの分ならケミストリーが戻る。と思った。
ミルウォーキー、インディアナと、アウェーなのに勝利し、
続いてほしいWWWの文字。

しかしインディアナから帰ってきたところでニックスボウルが行われ、
和気藹々、ボウリングはいいのだけど、このあともう2日試合が無く、
だれる原因になりえるな〜。と思っていたところに、ボブキャッツに負ける。
負け続けているときに一息入れるボウリングはいいかもしれないが、
その調子を維持したいときのボウリングは・・・。

今日はワシントン対デトロイトをテレビで見ていた。
強豪を倒すウィザーズを見て、満足していると、あ、きょうはニックス戦だった。
(はっきりいって最近アウェーの試合忘れます)
後半から見たものの、雑なプレーにため息。

別にニックスボウルのせいじゃないかもしれないが、
これで事実上の30チーム中最下位じゃん。
って思ってしまった。

d0038897_15235698.jpg

(写真:ステフと、デスティニーチャイルドのミッシェル。)
d0038897_15245987.jpg

(写真:ネイトと息子。ネイトは息子をだっこしたりボウリングをさせたり子煩悩。)
d0038897_1526373.jpg

(写真:和気藹々なニックス。このチームたまに喧嘩するけれど、仲はいいんだよね)
ステフ、ネイト、ジャマール、カリー、JJ、Qなどは一緒に連んでいました。
d0038897_15444290.jpg

(写真:ダンクチャンピオン、ネイト・ロビンソン。)
息子がめちゃくちゃかわいいの。手を振ってきたりして。まだ1歳4ヶ月だからおむつとかどうしているのだろう。ネイトが替えるのかな。
d0038897_1527439.jpg

(写真:モテモテのチャニング・フライ(右手前の背中)。左の女性は凄くカワイイ。)
そこへデビッド・リーがやってくるのだが、両女性ともチャニングを気に入っているようす。その口惜しさが、ボブキャッツ戦に現れていたリー。でもふたりは親友なのです。
d0038897_15294390.jpg

(写真:左からアラン・ヒューストン、ガス・ジョンソン、チャールズ・スミス。)
どうも、アランはおじさんカテゴリーに入ったようです。現役選手達と戯れることなし。ガス・ジョンソンはMSGのアナウンサーのひとり。チャールズ・スミスはお馴染みですね。
[PR]
by chiesuzukihome | 2006-03-12 15:38 | NBA | Comments(13)

ディフェンスがヘタなロン・アーテスト。

d0038897_1728323.jpg

(写真:ロン・アーテスト。合成ではありません。この日はジャンパーがまーったく入らない。大分リードした後スリーが辛うじて一本。)
d0038897_17284278.jpg

(写真:ディフェンスの鬼。この写真はかなり激しいディフェンスをしているが、全体的にインディアナ時代よりソフトになった感がある(この日だけかな)。その分キングスのディフェンスはアーテストが中心になって行っているという。キングスディフェンスは確実に良くなっている。)
d0038897_17291156.jpg

(写真:ドイツのブランドK1Xを履く。まだ背番号15番版。マジックで何か描こうとしたのか、青いインクがキタナく手垢のように白地に付着。デザインはアーテストのサインをフューチャーしたローカットモデル。)


ニューヨークエリアに来るとひときわ嬉しそうなロン・アーテスト。
アーテストによれば、アイザイアはチャニング・フライなどの若手を放出したくなかったから、ニックスには来れなかった。のだそうだ。
ニックスの選手になるって事は、他の選手にとっては注目の的だしメディアはきついしで大変なことだという。でも自分はスプリーのようにチャレンジしていただろうという。今でもニックスの一員というのは憧れではあるけれど、今はキングスの一員。と念を押す。

ここのチーム、なんかほのぼのしているんだよね。
アーテストも近寄りがたい感じがすっかり抜けて、嬉しそうだし。
でもこの姿、真のアーテストではない気がする。
もっと、ギリギリ感があったはずなんだけど、プレーオフになればそれが出てくるのかな?

それと、彼はスーパースターではなく、やっぱりとなりの兄ちゃん。
もちろん。スーパースターのポテンシャルは十分にあるのだけど、

ディフェンスがヘタなんだな。

ディフェンスの鬼なのに、世間に対するディフェンスがめちゃくちゃヘタくそ。
この調子で来るもの拒まず、騙されているんじゃないかな?なんて場面が多々あった。あまり詳細は書かないけれど、大丈夫かな?
彼はメディアにそのまんまを喋りすぎ。純粋すぎる語り口調は、ディフェンスできていない感ありすぎ。インディスター紙にこの調子で喋って、ペイサーズ放出になったんだな。と思わせる。
スーパースターならこうする、ってことが出来ない。というか。
そこがいいとこなんですが。


キングスはアーテスト獲得により、かなりインサイドアウトサイドゲームが容易になったとアデルマンコーチ。もちろんディフェンスは数字に表せないくらい良くなっているとおもう。もうすぐはっきりとデータで出てきそうである。プレーオフも狙える。

ちなみに、K1Xについてもちょっと訊いてきましたので、どっかで披露しますね。

あ、それからニックス勝ち始めています。
これを続けていけばいい結果が出そうだが、明日はボーリング大会。
こんな調子いい時にボーリングかい。
[PR]
by chiesuzukihome | 2006-03-08 17:58 | NBA | Comments(4)

拝金主義の暗黒時代。

d0038897_14591284.jpg

(写真:ニックスに慣れてきたスティーブ・フランシス)

連敗、どれくらい続いているのかさっぱりわからなくなってきている。
日本ではニックス戦は放映されているのだろうか?

ブローアウト、1Qから10点差が付く試合がずいぶん続いた。
何が悪い。ディフェンスがヘタ。
ケミストリーがめたくそ。

しかしブラウン爺(茶色爺)のコーチングはこのふたつが命だ。

先日のメンフィス戦と今日のブルズ戦では、一瞬素晴らしいケミストリーが見えた。あれ?チャリティゲームのメンバーでこんなケミストリー作れるの?って思ったくらい。

でもきょうの得点はほとんどスリーポイントが入ったからリードできただけ。

ここが、ブラウン爺のコーチングのツボだ。
スリーポイントでいくら勝っていても、長い目で見ればそれは偶然なのだ。
じっくり24秒使って攻めて、極上のケミストリーを育て上げて、初めて勝利。なのだ。これさえ自分たちのものに出来れば、あとはどんな強い相手が来ようとも、勝つ確率は限りなく高い。

これを教え込むのに、一年、いや二年かかりそうだ。

それを即勝つことが信条の、ビジネスやすべての物事が日々ものすごい速さで過ぎゆくニューヨークでやっていけるのだから、
凄いことなのだ。

これは、巨匠級コーチと殿堂入りGMの説得力があって初めて成せること。
これが経験少ないコーチでブラウン爺と同じ作戦を実行したとしても説得力不足で、今頃はとっくに首だ。殿堂入りGMもどんな手を使ったのかよく知らないが、説得力は抜群だ。現在社長のジェームス・ドーランはこのふたりの狸オヤジを信じ切って、任せているのだ。

実は、ドーラン一家の会社、
選手に何十億使おうが、負け続けようが、ケーブルビジョン社にとっては屁でもないらしい・・・。

息子の道楽にパパドーランは甘い。
息子は殿堂GMに甘い。
殿堂GMは巨匠に甘い。

負け続けてもNEWSがあるので視聴率が下がらないことでビジネスが成り立っている。
おもしろおかしいNEWSにはやっぱり巨匠爺やチャリティゲームに出てきそうな選手が必要なのだ。


フランシスは、観客から声援を浴びている。
彼が出るたび会場がざわつくのだ。
過去の彼の飛び抜けたオフェンスパフォーマンスを記憶に残しているのだろう。


きょうのブルズ戦は本当に惜しかった。
ディフェンスのミスがふたつ。
マーブリーはシュートしたときに、ファールを取られなかったので、ゴール下で審判に文句を言っている間に、ベンゴードンはあちら側ですっかりノーマークのシュートをたたき込んでいた。
それとジェイレンのディフェンスミスでルオル・デンをノーマークにしてしまい、スリーを入れられた。終盤のディフェンスミスがなければ、勝っていたかな?
もし、今日勝っていたならみんな少しは気が楽になったと思うのだが。

カーク・ハインリックは、トニー・パーカーと同じくらい早くて抜け目無い。
[PR]
by chiesuzukihome | 2006-03-04 15:10 | NBA | Comments(8)

シューズオタクへの道

d0038897_8232785.jpg

(写真:デイモン・ジョーンズが履いている、リーニンブランドのシューズ。写真をよくみたら、ロッカールームで手にとって見せてくれたシューズと違っていた。試合にはガード用のものを履き、エキジビジョン用にごついのをもう一足持っていたらしい・・・。抜け目ない。)

d0038897_8234771.jpg

(写真:リッキー・デイビスが履いているPONYシューズ。歩く広告塔としてPONYの将来を背負っている。80年代にスパット・ウエッブらが履いていたブランドが復帰。次に履くのは?ネイト・ロビンソンかな?=スパット・ウエッブつながり)

以上、NBAで人と違ったシューズを履いているおふたり。
ナイキ、アディダス、リーボック、アンドワン、ジョーダンブランド、ニューバランス
以外の最近新しく参入した二つのブランドは、NBAで果たしてうまくいくのか?
[PR]
by chiesuzukihome | 2006-03-02 08:40 | NBA | Comments(8)