ブログトップ

CHIE SUZUKI HOME COURT blog

chiesuzuki.exblog.jp

カテゴリ:CMウォッチ( 1 )

沁みわたれ!本搾りっ!

ちょっと前だけど、良さげなCMがあった。しかし、すぐに次のバージョンになってしまった。


キリンの本搾り

中身を見るとこれ、ソルティドッグのような、ウォッカと柑橘系果汁。
グレープフルーツ味、レモン味、オレンジ味、ピンクグレープフルーツ味、(最近では甘夏味も!)
ぎゅーっと搾った果汁が売りらしい。

なのになんで、チューハイと謳うのか。
本格チューハイ、お店みたいな手搾りチューハイ。などと言ってる。


果汁とウォッカだから、チューハイじゃないでしょ?
チューハイって、焼酎とハイボールだからチューハイなんじゃ?と思ったら、ウォッカなどスピリッツで割ってもチューハイっていうらしいんよ。

でも、いわゆるチューハイやサワーよりも、なんか美味しそうなんですよ。ウォッカと柑橘果汁しか入ってない。(レモン味だけは、レモンウォッカとレモンリキュール)


。。。


處で、
気に入っていたCMのバージョンとは、


大沢たかお一人で出演のやつ。
なぜ気に入っているかというと、音楽。このCMが流れるたび耳を澄ましていた。

調べてみると
The Cinematic Orchestra with Patrick WatsonのTo Build a Homeだった。それから聴きまくること数週間。そのうちにCMも別バージョンに。

チューハイにしては、あまりにも壮大な画と音。
大沢たかおの本搾り!っぷりもすざまじい。

大地の恵みを缶の中に詰め込み、それをプシュっと開け喉を通るときの爽快感を表現したのだろうか、あまりにも壮大すぎてチューハイが小さくてよく見えないよ(笑)。このCM自体大好きなので、もっとシズル感あるカット(しゅわしゅわのアップと果汁搾るアップなど)を散りばめてパンチを効かせてくれ。


でも、この壮大なスケール感にピンときて本搾りを貪るものはいるのだろうか。と言う疑問が湧き上がって少しカジュアルな創りのCMに変わったのか。わからんが、大沢とともに市川紗椰を起用し知的?女性にターゲットを絞り込んだ。

セリフで市川が手搾りであることを説明しているし、大沢は「ウォッカと果汁だけ」を強調しているのだが、普通の缶ビールや酎ハイと変わり映えしない設定だし、座らせて語るにはふたりは訴求力で勝負するタイプじゃないので素通りしそうだ。


。。。



處で、
混ぜ物がなく、ウォッカと果汁だけって本当、需要あるよ!!



沁みわたれ!キリン本搾りっ!




。。。


今、ちょっと調べてみたら、かなり売れているらしい!
やはり混ざり物がなくて美味しいってのが魅力だった。

(レモン味については、リニューアルでレモンウォッカとレモンリキュールになった。リニューアル後は不評。)


ここのところ、酒を絶っているので味見できないのが悔やまれる。



[PR]
by chiesuzukihome | 2017-07-21 00:41 | CMウォッチ | Comments(0)