ブログトップ

CHIE SUZUKI HOME COURT blog

chiesuzuki.exblog.jp

チープトリックのA Day in the Life

レコードで聴くあのスタジオ録音だったA Day in the Life (The Beatles)を、ライブでこれだけ再現しているチープトリック。
スタジオ録音のオリジナルに似せる表現でありながら、十分ライブの臨場感ありとは遖。


ロビン・ザンダーの声は、レノンパートとポールパートを歌い分けているし。








[PR]
# by chiesuzukihome | 2017-07-21 13:10 | アート | Comments(0)

沁みわたれ!本搾りっ!

ちょっと前だけど、良さげなCMがあった。しかし、すぐに次のバージョンになってしまった。


キリンの本搾り

中身を見るとこれ、ソルティドッグのような、ウォッカと柑橘系果汁。
グレープフルーツ味、レモン味、オレンジ味、ピンクグレープフルーツ味、(最近では甘夏味も!)
ぎゅーっと搾った果汁が売りらしい。

なのになんで、チューハイと謳うのか。
本格チューハイ、お店みたいな手搾りチューハイ。などと言ってる。


果汁とウォッカだから、チューハイじゃないでしょ?
チューハイって、焼酎とハイボールだからチューハイなんじゃ?と思ったら、ウォッカなどスピリッツで割ってもチューハイっていうらしいんよ。

でも、いわゆるチューハイやサワーよりも、なんか美味しそうなんですよ。ウォッカと柑橘果汁しか入ってない。(レモン味だけは、レモンウォッカとレモンリキュール)


。。。


處で、
気に入っていたCMのバージョンとは、


大沢たかお一人で出演のやつ。
なぜ気に入っているかというと、音楽。このCMが流れるたび耳を澄ましていた。

調べてみると
The Cinematic Orchestra with Patrick WatsonのTo Build a Homeだった。それから聴きまくること数週間。そのうちにCMも別バージョンに。

チューハイにしては、あまりにも壮大な画と音。
大沢たかおの本搾り!っぷりもすざまじい。

大地の恵みを缶の中に詰め込み、それをプシュっと開け喉を通るときの爽快感を表現したのだろうか、あまりにも壮大すぎてチューハイが小さくてよく見えないよ(笑)。このCM自体大好きなので、もっとシズル感あるカット(しゅわしゅわのアップと果汁搾るアップなど)を散りばめてパンチを効かせてくれ。


でも、この壮大なスケール感にピンときて本搾りを貪るものはいるのだろうか。と言う疑問が湧き上がって少しカジュアルな創りのCMに変わったのか。わからんが、大沢とともに市川紗椰を起用し知的?女性にターゲットを絞り込んだ。

セリフで市川が手搾りであることを説明しているし、大沢は「ウォッカと果汁だけ」を強調しているのだが、普通の缶ビールや酎ハイと変わり映えしない設定だし、座らせて語るにはふたりは訴求力で勝負するタイプじゃないので素通りしそうだ。


。。。



處で、
混ぜ物がなく、ウォッカと果汁だけって本当、需要あるよ!!



沁みわたれ!キリン本搾りっ!




。。。


今、ちょっと調べてみたら、かなり売れているらしい!
やはり混ざり物がなくて美味しいってのが魅力だった。

(レモン味については、リニューアルでレモンウォッカとレモンリキュールになった。リニューアル後は不評。)


ここのところ、酒を絶っているので味見できないのが悔やまれる。



[PR]
# by chiesuzukihome | 2017-07-21 00:41 | CMウォッチ | Comments(0)

加計と森友

加計学園と森友学園の問題、

いろいろあるが
2つだけポイントを。

一つは
前川前事務次官と籠池氏のみがターゲットになっていて、
政府側に事の説明ができる参考人が出てこず、そして書類や資料を隠し続けていること。

◯和泉首相補佐官(加計学園の指示説明全体図をほぼ全て知っている人物)
◯北村直人(獣医師会会長)加計学園問題をよく知る人物。証拠を握っている。
◯今井直哉(総理秘書官)安倍腹心の部下。官邸内の意思決定に深く関わる人物。
◯財務省の資料(森友の小学校のゴミの量は194トンしか出ていないのに、2万トンという事になっているなど)
◯今治市の黒塗りでない資料(黒塗りの資料は自由党森ゆうこ議員が7800枚を開示させた)と官邸訪問時、藤原審議官と会い打ち合わせした内容。
◯加計学園についての内閣府の資料、書類をすべて提出させる。
◯その他…安倍晋三、安倍昭恵、加計孝太郎、松井一郎。


もう一つは
これらの学校が創設した場合の学ぶ内容。

◯森友の瑞穂の國小学院で幼稚園同様「教育勅語」を暗唱させる右翼教育。
◯今治で建設中の獣医学部で、ライフサイエンスなどの公務員獣医師育成以外に、「生物兵器の開発」!を念頭に入れていること。(あるテレビ番組で石破茂が明言)


根底に流れる闇の部分が浮かび上がって見えるのだ。
教育勅語と生物兵器…。

これは、まさに一億総玉砕の教育勅語と731部隊。
やりたいことは、大日本帝國の復活のようなこと。

憲法改正も、大日本帝国憲法の復活?

今更ながら怖いな。
。。。






戦前の日本を復活させるよりまずは雨ポチをやめろ。








北村直人氏はIWJでかなり核心を話しているぞ。








[PR]
# by chiesuzukihome | 2017-07-12 14:33 | 政治 | Comments(0)

スノーデン

エドワード・スノーデンの映画、
2本見ました。もうだいぶ前ですが。


両方オススメですよ。

「スノーデン」
はオリバー・ストーン監督の事実を基にしたフィクションで、諜報活動の実態と、彼の人生にもスポットを当てている。NSAで」どのように過ごし、そこはどのようなところなのか、実態が赤裸々に書かれている。物語の中には日本への警告も。
http://www.snowden-movie.jp

「シチズンフォー」
こちらはローラ・ポイトラスという監督によるドキュメンタリー映画。実際のスノーデンが香港のホテルに潜伏し、(どこかにセットされているであろう監視カメラに映らぬよう)毛布をかぶってテキスト打ったりしているところや、暴露相手の英紙ガーディアン記者グレン・グリーンウォルドとの実際の会話など、すべて現実。
スマホを電子レンジに入れ遠隔操作させないようにしたり、スノーデンがメガネを外し、観光客を装ってホテルから脱出する場面などそのまま撮影。
http://gaga.ne.jp/citizenfour/


日本の社会にも大いに関係があるので、是非。






[PR]
# by chiesuzukihome | 2017-07-12 13:18 | 政治 | Comments(0)

都知事選1 俊太郎と護煕

東京都の知事を決める選挙、
必ず一度は演説を聞きに行き、個人的には盛り上がっている。


前回は、細川護煕を応援、今回は鳥越俊太郎。
以下護煕、俊太郎と呼ぶ。


どちらも3位敗退だったが、今回の俊太郎は四方八方から矢が放たれる誹謗中傷の中、
1,346,103票を獲得。
134万人が俊太郎に投票した。
民進党、共産党、社民党、生活の党が支援したが、民進党のバックにいる「連合」が自主投票となった。
でも、

もし、連合を足しても小池百合子(以下ゆり子)の2,912,628票には、至らなかっただろうし、
俊太郎出馬で、断念した宇都宮健児の応援があったとしても、足りなかったと思う。

このゆり子ぶっちぎり当選には、多くのリベラル層や普通のおばちゃんやおじちゃんが、テレビの放送や噂を聞いて、小池さんかわいそう〜、自民党と戦っているのね!というイメージで投票行動を起こしたのだろうな。
俊太郎出馬当時は、おそらく彼らの期待は俊太郎にも集まっただろうし、自民党との対決姿勢も期待しただろうが、あまりにも準備期間が短すぎたわ。

最初の数日はしどろもどろで、護煕の演説を思い起こさせた…。
おそらく、俊太郎の場合、準備に1週間でもあれば、かなりいけてたのではないかな。最後の方は声も大きく、ムーブメントを起こせそうな雰囲気にまで至っていた。
護煕最後の数日に「タウンミーティング」開催した時のような、ああ最初からこれやっとけよ感が全く同じで、ええと、またもや、、、中道左派orリベラル保守は、

「他にいい候補がいないので、純なおじいちゃんが老体に鞭打って出馬!!!」みたいなのが続いてしまった。。。。
純粋なおじいちゃんがリベラルの情けなさに後押しされ、思い余って、お茶の間から飛び出てきてしまったのだ。

。。。

実は、前日まで民進党都連は古賀茂明を担ぐことがほぼ決まっていた。
でも俊太郎が手を上げたため、「勝てそうなイメージ」を優先して俊太郎に決まったらしい。

それ、岡田克也民進党代表の一声だったそうだが、その地点では正解だったのではないか。
都知事は、まずは「知名度」がないと絶対に勝てないのだ。
いくら完璧な政策を掲げようとも、

「知名度=信頼」なのである。

それに加え、「はつらつと元気で賢そう」「リーダーシップありそうに見える」

さえあれば、かなり有利だ。


ところが俊太郎の場合、勘が鈍りまくり、しかも言わない方がいい単語を連発。元気そうに見えない。
などのネガティブ要素に加え、女性スキャンダルに、自民党ネットサポーターズクラブのネトウヨによる誹謗中傷、マスメディアによる意地悪な編集、等々、様々な波が押し寄せ、知名度は悪い方向へ振り切った。
今でもひどいデマや中傷が書き込まれており、これは事情の知らない人たちや迷っている人たちに当然のように敬遠されただろう。

wikiペディアにも、ネガティブなことが多く書かれている。
これは普段ネットをやらない俊太郎ゆえ、何が書かれているかチェックしていないと思われる。もっと素晴らしい功績をたくさん書き込んでおくべきだった。その点ゆり子は、自分自身のサクセスストーリーを詳細に並べており、うむ、ゆり子、わかってるな!と頷いてしまうほどだ。


言わない方が良い単語とは、
例えば
「3日で政策作った」

「4野党と宇都宮さんの政策を集結させている最中なので」、など他に言いようがあった。


原発については
↓(経済的に失速するイメージを持つ)ただ脱原発を掲げ圏内止めるというよりも、

「都のエネルギー政策では、再生可能エネルギーを促進し、原発ゼロに。それによって(再生可能エネルギーの)新しい技術開発が進み経済に活気をもたらす」、、などなど言いようがあった。(これは護煕の時もそう思った。最後の方で小泉純一郎はそういうロジックを取り入れていたが時すでに遅しだった)

原発止めるというのは、まあよかったかもしれないが。


そして、ゆり子は選挙がよくわかっている。

緑色のものを用意してください。と有権者に訴え、都民一人一人の票が私を作っているのよ感を演出していた。
党の操り人形ではない、縛られていないというイメージ作りも完璧。


俊太郎の方も、実は結構頑張っていた。
マスメディアに載らないので、そんなことがあったのか〜と言われてももう遅い。
市民連合や学生たち、パーカッショニスト、脱原発市民、などが次々舞台上でスピーチし、
その気ままさや多様性ある人たちの訴え、フェス感、は絶対に増田候補にはできない、ゆり子にもできない
芸当だったと思う。

あまり認識される機会がなかったのが悔やまれる。

ここに、鳥越Tシャツのデザインを添付しておきますが誰が作ったのかな〜??
d0038897_185085.jpg


そして、こちらはバーニーサンダースの。
d0038897_18534688.png


Birdieとも呼ばれる、サンダース。
鳥つながり。

こういうグッズを作ってお祭り騒ぎにする選挙を、日本はもっとやっていいし、テレビや新聞はもっと取り上げるべきだ。それによって投票率も上がるし若者もとっつきやすい。

選挙期間が短すぎ、自民党が国民不在でこっそり政治を決めるやり方が一般的になってしまい、知らぬ間に、今回の東京都の利権問題(内田茂というドンが都の利権を牛耳っていると猪瀬直樹が暴露)追求が難しくなっていた。

ゆり子が都知事になり、利権追及チームを作るというので、期待したい。
俊太郎には、一息入れて、とりあえずぐっすり眠ってほしいのだった。






つづく








[PR]
# by chiesuzukihome | 2016-08-01 22:45 | Comments(0)

村上隆 五百羅漢展

d0038897_14531890.jpg


すごいエネルギー量の展覧会だった。
村上隆の五百羅漢図展。

五百羅漢とは、500人の供養尊敬を受ける石仏。
羅漢にちょっとこっけいなおもしろさを見つけ、壮大なキャンバスにシルクスクリーンで描く。

左右、数十メートルくらいある。(人の大きさ参照)

d0038897_14535352.jpg


手前の羅漢が小さく、後ろの羅漢が大きい。西洋の遠近法をみごとに無視しした
日本独自の解釈がいたるところに。

d0038897_1454189.jpg

これにかかわったボランティアらは200人くらい居るらしい。

d0038897_14542961.jpg

気の遠くなるような仕事量。
コンピューター使いまくり。レイヤー重ねまくり。

d0038897_14544259.jpg


時間割…夜間シフトと昼間シフトがあり、みな一緒に生活しているのか。

d0038897_14545373.jpg


d0038897_14551288.jpg


d0038897_14552149.jpg


村上隆は、東日本大震災にショックを受け、制作したという。
人間の死、限界をテーマとした村上隆ワールドの境地。

これを仕上げた後、村上は「死んでもいい」と思ったそうだ。

日本が世界に誇れる境地を創造した
必見のアートだった。

d0038897_14533882.jpg

[PR]
# by chiesuzukihome | 2016-03-01 18:23 | アート | Comments(0)

フランクゲーリー

d0038897_14513582.jpg


d0038897_1451481.jpg


d0038897_1452378.jpg


d0038897_14521226.jpg

[PR]
# by chiesuzukihome | 2015-12-22 18:25 | 建築門外漢 | Comments(0)

会田誠

d0038897_20335927.jpg
これ、あの総理大臣じゃなくて会田誠。
海外で演説しているところ。パロディなんだけど…。

東京都現代美術館にて。

「国際会議で演説をする日本の総理大臣と名乗る男のビデオ」
by 会田誠
d0038897_20344647.jpg
原稿をただ読んでいるんだけど、つっかえつっかえ、日本語発音の英語で。全文も大きく掲載されている。難しい単語にはちゃんとふりがながあります。

d0038897_20350300.jpg
檄文
文部科学省に物申す。

東京都現代美術館は展示を躊躇(実際は、子供向けの企画だったため展示趣旨を質問しただけと主張しているそうだ)。もちろん、上のパロディも問題だっただろう。なんか残念な展示のされ方というか、ヨーガンレールなどとカップリングされ、「おとなもこどもも考える ここはだれの場所?」というタイトルでくくり、作品の写真などを掲載していないポスターになっている。しかし上記の企画タイトルで出てきた作品がこれだったってすごいな!


日本の総理大臣と名乗る男のビデオはもっと拡散されてほしかったね。



[PR]
# by chiesuzukihome | 2015-12-22 18:18 | アート | Comments(0)

ヨーガンレール

ヨーガンレールはドイツのファッションデザイナー。
日本に住んでいたんだよ。
d0038897_18250531.jpg
ヨーガンレールの照明。

d0038897_18271549.jpg
とても綺麗。
d0038897_18273848.jpg
でも、これどうやって作ったの?
石垣島の海岸に漂着した、プラスティックの山に頭を痛めたヨーガンレールは、そのひとつひとつを綺麗に洗い流し、アイテム別に分け、一番上の写真などは洗剤の蓋やシャンプーのボトルを縦に繋いだもの。3番目の写真の蛍光灯のような白い輪っかは、ペットボトルの蓋の真ん中に穴を開け繋いだもの。紐のように見えるのはおそらく漁網。
d0038897_18280941.jpg
これはビーチサンダルを色別に分けたもの。

d0038897_18281378.jpg
岩に打ち上げられ磨り減っている。
どことなく顔にも見える。

d0038897_18281859.jpg
海岸はゴミの山。
d0038897_18280571.jpg
細かい小石のように見える白い粒はプラスチックが削れたもの。
地球の生態系を考えると、これを魚が食べたりするわけで、しかも絶対に分解しない。限りなく小さくなるだけ。
地球環境の破壊をデザイナー、ヨーガンレールは嘆く。ご本人は2014年に逝去。若い頃はファッションと創作、大量消費時代を生きたが、晩年は食の安全、自然の大切さを痛感し、社員食堂も無農薬野菜を使用し、石垣島にヨーガンレール農場を持っていた。

ヨーガンレールのこと、もっともっと調べたい。
。。。

d0038897_19341357.jpg

d0038897_19350177.jpg
東京都江東区にあるヨーガンレールの山食堂。
美味しすぎる。





[PR]
# by chiesuzukihome | 2015-12-22 18:16 | アート | Comments(0)

坂茂の新国立競技場案

d0038897_1884655.jpg

(坂茂の新国立競技場コンペ案)

2020年東京オリンピック 新国立競技場:

坂茂さんもコンペ出品していたのか。
100年続いた人工の森、神宮の森との調和を考えるのは当然だと。

「あのコンペに僕も案を出したんですよ。見事に落ちましたけど(笑)。神宮の森と競技場を溶け込ませる配慮は当然です。規模も小さくなります。それは、僕だけじゃなく、他の提案者もしています。当たり前のことなのです。
そのうえで、僕の案は、予算(当初の予定価格は1300億円)の8割ぐらい。もっと簡単にドームの開閉ができるプランです。従来の開閉式ドームは、建設にもメンテナンスにもすごくお金がかかる。一回一回の開閉が大変で、時間もかかります。そこを簡単な構造で、スピーディにできるようにしました。」
President Onlineより



神宮の森との調和。
被災地への想い。

このふたつはこのコンペに不可欠ではなかったのか。
坂は世界の被災地へ飛んで紙管を使った住宅を創り、被災した人々への貢献を無償で行っている。そのような視点を持つ坂茂。なにか盛大なスタジアムを作って日本をアピール!の前に、それらをしなければいけないのではないか。

先ほど、茂木健一郎氏がツイートしていた「負ける建築(隈研吾)」もしかり。


そもそも、21世紀において、日本が世界に発信する建築的メッセージとして、ザハ案はまったくそぐわない。現代の代表的建築家のひとりである隈研吾氏は、「負ける建築」ということを言われる。建築は、設計者の自我の主張、押し付けではない。むしろ、周辺の環境に「負ける」ことが大切。
茂木健一郎 (@kenichiromogi)


「負ける建築」とは、つまり、周辺の環境、文化、歴史的文脈に合わせて、その中で違和感を与えず、ひっそりと息づく、そんな建築であり、まさに日本人の伝統的な建築観(借景などを大切にしてきた)に合うものだろう。新国立競技場には、そのような、環境に適応した控えめな視点こそが必要である。
茂木健一郎 (@kenichiromogi)





まあ、スポーツ界において、負けるのはごめんかもしれないが、
今の時代、公共事業に於いて考えなければならないこと多し。



⚪︎
[PR]
# by chiesuzukihome | 2015-07-13 18:38 | 建築門外漢 | Comments(2)