ブログトップ

CHIE SUZUKI HOME COURT blog

chiesuzuki.exblog.jp

マーブリーのボストン

d0038897_2173445.jpg

(写真:ステフォン・マーブリー、ボストン・セルティックスでプレー。KGの体と合成写真)

ニックスはとうとうステフォン・マーブリーをバイアウト。
ドニー・ウォルシュはマーブリーと直接は話していないそうだし、エモーショナルな部分も特にないという。それがこの業界の常で、いくらニューヨーカーだと言ってもチームに貢献できない状態なら、すぐにどこへでも飛ばされる。



ボストンへ到着したマーブリー。

ニューヨークから飛行機で1時間の古都で、
観客やコーチは暖かく迎えてくれた。

試合中マーブリーのアナウンスがあるや、客はスタンディングオベーションで拍手喝采。
って、ここでマーブリーは感極まった。
「こんなふうに反応してくれるなんて、お客さんは愛を示してくれた、とってもハッピーだったよ」

コーチも「自分の選手にはいつもオープンハートでいるよ」とマーブリーを暖かく迎え入れた。

マーブリーは自分の過去の間違いに気づき、謙虚になっている。

さすがにビッグな3の前に自分勝手なプレーは許されないだろうし、ドッグ・リバースコーチの大きなハートに包まれて、今は生まれ育ったニューヨークよりも心地が良いのではないか。


ベンチスタートで新たなスタート。

そしてアレン・アイバーソンも先頃、ベンチスタートに。
時代の移り変わりを感じます。
[PR]
by chiesuzukihome | 2009-03-03 02:29 | NBA | Comments(0)
<< NJネッツへの行き方 とうさん怒る >>