ブログトップ

CHIE SUZUKI HOME COURT blog

chiesuzuki.exblog.jp

タイムアフタータイム

クリスマス明けのミネソタ対ニューヨーク、


最前列には、アグリー・ベティ主演、アメリカ・フェレーラが。
エバ・ロンゴリア似の美人。
って信じられる?
もちろん眼鏡も矯正器具もしていません。
ニックス帽をかぶって観戦。

。。。

3Qクリス・デュホンがラシャード・マッキャンツの肘をごつんと浴びてしまい、左目上から流血。4Qに絆創膏姿で戻って来たものの視界が狭くなり、ネイトと交代。

デュホンが戻るまで5フォワードで戦っていたニックス。
フロアにはチャンドラー、リー、トーマス、ハリントン、ジェフリーズ。
この5人、個別ではなかなかよかったがやはりガードが必要。(Qは足首ねんざ)


ネイト・ロビンソン、ダンクコンテスト出場。

ちびっ子の人気者。
あいかわらず、フロアに現れるとエナジーを注いでくれる。


アル・ジェファーソンに対し、トリプルチームのニックス。
まずティム・トーマスが、ディフェンス。
ボールを持ちそうになると、ネイトが飛んで来て低い位置でボールをかきむしる。と同時にジェフリーズが、ジェファーソンに覆いかぶさる。

このジェフリーズのディフェンスが、、、すごくいい!

ジェフリーズ、オフェンスは、とほほほほ………だけど、
ディフェンス、一流。

このトリプルチームで、終盤二度ほどタイムアウトを取らざる終えなくなったミネソタ。
しかし、きょうはスリーが思うように入る(13-24)ミネソタは点差を引き離す。



話は戻るが、ジャレド・ジェフリーズ、
せめて中距離、いや短距離ジャンパーでいいから練習してほしい。
学生時代はオフェンスも良かったらしいが、今ははっきりいってNBAのレベルじゃないシュート力。
すごーくいいディフェンスがもったいないよ。


。。。


レブロンのコマーシャル


レブロンのゲーム前の儀式、スコアテーブルの前でベビーパウダー(滑り止め)を天に向けて放つ、モノクロのコマーシャル。

チョーク。という題名がついているが、
学校の黒板のチョークの粉で子どもが同じ事をしてみたり、ドーナツ屋がパウダーシュガーを天に放ったりと、その儀式は至る所で行われる。

あれ、チョークの粉は目に入ったら危険なんじゃないか。
と、そんなことをぶつぶつ言うであろうおっさん上司を説得できる、ナイキという会社がすごい。

http://jp.youtube.com/watch?v=9SiQKxja79M

レブロンのダンクシーンは、あれはほんとうに普通にやってあのくらい飛べる。
レブロンを生で見たならば、空中で加速するように見える。

あ、ナイキの回し者じゃないよ。
個人的にはスポーツブランドは身に着けません〜。


それから、

NBAのコマーシャルで、
赤い観光用二階建てバスから観光客に、レイカーズ戦やキャブス戦を紹介。
ところがそのバスの大きさは選手たちの膝下の小ささ。
バスの上から選手をまじまじと観察する事ができるという設定。

キャブスロッカールームで、ヘッドホンで音楽を聴くレブロン。
赤いバスの観光ガイドは、レブロンは音楽を使って戦うモードに自分を高めているところだと紹介するが、レブロンの口から鼻歌が漏れる。

シンディ・ローパーのタイムアフタータイムを情緒たっぷりに歌っている。

(笑)

http://jp.youtube.com/watch?v=UxsYPiFaTQY


蛇足
タイムアフタータイムは、マイルス・デイビスも吹いているよ。


P.S.


グリズリーズ対スパーズです。

ダブルオーバータイム
最後のマヨのレイアップシュート、腕をはたいたファールをされたのに見逃されました。したがってスパーズ勝利。


クリスマスの花形。スパーズ対サンズ、

サンズ勝利かと皆が思った矢先、最後左へ切り込んだパーカー、スリーのラインに立つロジャー・メイソンジュニアにパス。このときメイソンのディフェンスをしていたジェイソン・リチャードソンはパーカー寄りにディフェンスしていたため、ロジャーのスリーは0秒で決まる。


この二つのスパーズ物語、恐るべし。。。。


クリスマス,ゴールデンタイムのTV、
みんながサンズを応援していた、みんなが勝つと思っていた。
元CIA諜報部員ポポはアメリカの資本主義の娯楽を奪う天才。
(スパーズファン、ごめんね。)

マヨの発音はメヨに近いが日本人的にはマヨか。メイヨではないと思う。


d0038897_1451972.jpg

(写真:アメリカ・フェレーラ)
[PR]
by chiesuzukihome | 2008-12-27 13:56 | NBA | Comments(0)
<< 2009年 何をすればいいのか >>