ブログトップ

CHIE SUZUKI HOME COURT blog

chiesuzuki.exblog.jp

開幕したよ

NBA開幕しました。

オクラホマシティに新しいチームが設立されましたが、サンダーというチーム名やありふれたロゴに「弱そう!」と誰もが思った事でしょう。
開幕ではミルウォーキーに負けてしまいましたが、チケットはソールドアウト。観客は「ディーフェンス、ディーフェンス」とうまくかけ声が出来ていました。
ちょっと応援したくなりました。


シャーロット・ボブキャッツは、ラリー・ブラウンコーチが采配しております。ここには若い若い選手たちが爺さんの教えに注意深く耳を傾けてますが、やっぱりオフェンスが厳しそう〜なラリ爺。。。



今年を予想するとなると、


イースト


ボストン・セルティックス
昨シーズン優勝して、さぞかし気が抜けているだろうと思うのは間違い。
若手もベテランもさらなる可能性に賭け気合いが入っている。特にレオン・ポウ、レイジョン・ロンド、トニー・アレンあたりの成長に期待していいかもしれない。寒きゃセールと、ブライアン・スカラぶりには完全に応援団と化している。
パトリック・オブライアントが新加入したが、レベルがNBDLだよ。ゴール下でシュートはいらない場面を何度も目撃(笑)。でもきっとセブンフッターにしては柔らかい動きにコーチたちは、その新鮮素材の旨味をなんとか引き出そうとシェフの醍醐味を味わっているのかもしれない。

セルティックスのディフェンスシステムも二年目だけあり、若手も昨シーズンより上達したという。

そういえば、ダリウス・マイルズ、カットされてしまいました。




クリーブランドキャバリアーズ
オーランドマジック
デトロイトピストンズ
フィラデルフィア76ers
トロントラプターズ

この5つのチームはイースト上位〜チーム。
キャブスはもー・ウイリアムスが加入したことで今まで以上にボールが廻る。外と内のバランスがいい。そこにレブロンがゴーカイ!なダンクをかます場面が印象的だった。いったいどこから飛んでくるのか、得点の半分くらいレブロンのショーだったような気がする。




ウエスト


ロスアンゼルスレイカーズ
最後のピースである、アンドリュー・バイナムが怪我から復帰。
彼一人いるだけで、パウもプレーしやすい、コービだけにボールが集まることもなくなる。今シーズンの優勝候補。


ヒューストンロケッツ
アーテストを中心に添えたディフェンスがなかなかよいな。
おお、アーテスト、やってるやってる。ヤオがジョッシュ・ハワードからファールをされたときヤオは肩をわざとハワードに押し付けた。それを見ていたアーテスト、つかつかと歩み寄り危うい雰囲気に発展しそうなゴール下からヤオを掴んで引き離した。
彼の熱さはこういうときにふとにじみ出てしまうが、全体的にはオフェンスも含め、スターのレベル。ここにもヤオ、Tマック、アーテストというビッグスリーが生まれるといいのだけどね。


ニューオリンズホーネッツ
ユタジャズ
サンアントニオスパーズ

フェニックスサンズ
サンズはあのイケイケオフェンスから、急速にダウンした得点数。対ホーネッツ戦では終盤立て続けに、モーピートとバトラーのスリーに引き離され、ナッシュ数回のターンオーバーでゲーム終了。という辛い結果に。しかもチャンドラーを欠いていた。
ディフェンス面ではいい動きをしていたかもしれないがオフェンスがどうしたのか。
アマレとシャックを有効利用したいし、充実したフォワード陣ももったいない。

この試合、途中でペジャが足を挫いてロッカーへ引き下がった。
ホーネッツは優勝してもおかしくない布陣をそろえたチームだけど、もし何かが足りないとしたら……精神的なものか。経験か。



ダラスマーベリックス
新コーチ、リック・カーライルを迎え、
さて、ジェイソン・キッドやダーク・ノビツキーをどう使うのだろうか。今ロケッツ対マブスを見ていたが、速攻での得点はかなり粋がいい。しかしカーライルのオフェンスを構築しようとするとうまくいかない。今後キッドとカーライルのコンビがどんな風に試合を作っていくのか、あまり想像できないんですけど。ガチガチにオフェンスを組み立てるカーライルと、自ら試合を作るキッド、一番相性の悪いパターンかもしれないがどんな解決策があるのかも見物。

(再来年のオールスターはダラスに決定。)


。。。


そのほかには、ヒート、ブレイザーズ、ニックス、ブルズ、などにも注目。


きょうはハロウィーンです。街は仮装した人でにぎわいます。
街を歩いていると子どもたちからお菓子をねだられるので日本のかわいい包みのお菓子を渡すととても喜ばれます。
日本のハロウィーンは無理でも日本の正月を過ごしたいな。




→追伸

解決策:

どうやら、マブスはキッドの才能を生かした新しい戦略を構築すると、カーライルは発言したようで、真に新しいスタイル、21世紀スタイルが発信されることを期待したい。
戦略オタクなカーライルとチームを陰で牛耳るキッド、そしてリーグの反逆児的オーナー、マークキューバン。また新たな物語が生まれそうだ…。
[PR]
by chiesuzukihome | 2008-10-31 08:30 | NBA | Comments(4)
Commented by the question at 2008-11-01 13:23 x
こんにちは、chieさん。
NBA開幕しましたね。僕はBS1で放送された2試合(ボストン対キャブズ、サンズ対ホーネッツ)を見ましたが、今シーズンも熱い!です。
特にキャブズは、モーが入ってボール周りがいい!モーとウエストのアウトサイドとドライブインが、キャブズのオフェンスを一段階上に引き上げてくれたってかんじですね。レブロンもその流れに溶け込んでましたし、今シーズン、チームがうまく機能していけば、今からレブロンの活躍が怖いくらいです。
ボストン、ホーネッツは昨シーズンの延長で、チームになっているのですが、サンズは・・・
いったい何がしたいのかわかりません。僕がみるにシャックとナッシュは合わない。シャックではなくキャンビーあたりだったら、もっとサンズにあってるんだろうな・・・
Commented by mari at 2008-11-03 01:30 x
こんにちはchie様、とうとう開幕ですね。今年もどんなチームが勝ち進んでいくのか楽しみです。そうはいいつつも私はやはりサンズが気になってしまい、ディフェンスを強化したということのようですが、あのナッシュがどのようにこなしていくのかとても興味深いです。
Commented by chiesuzukihome at 2008-11-04 01:08
>今シーズンも熱い!です。

the questionさんこんにちは。今シーズンも熱く語ってくださいね。

>モーとウエストのアウトサイドとドライブインが、キャブズのオフェンスを一段階上に引き上げてくれたってかんじですね。

そうですね。ウエストも才能ある選手なのでふたりでペリメーターを完成させてほしい。レブロンはひとり超人芸を披露している感じですね。ビッグマンもスリーを打つキャブスは完成度高いですが、インサイドのディフェンスが少し微妙な感じでしょうか。

>サンズは・・・
>いったい何がしたいのかわかりません。

ディフェンスにフォーカスするのはいいのです。しかしあのときはオフェンスがさっぱりでしたね。あの日のラン&ガンをもう一度見たい…。ときどきやってますけど、オフェンスのコンビネーションは無限にあるような気がするのですが。サンズは。
シャックとナッシュ、なるほど、そうかもしれません、。

Commented by chiesuzukihome at 2008-11-04 01:13
>ディフェンスを強化したということのようですが、あのナッシュがどのようにこなしていくのかとても興味深いです。

mariさんこんにちは。
ナッシュは、ディフェンスあまり得意じゃないですよね。
そう言う意味も含めてラン&ガンだったのでしょうか?でもリーグ屈指の才能を持つだけに、彼の貴重な出場時間を有効利用してほしいと願っております。才能ある選手たちでどう組み立てていくのか、どんな方法で完成度を高めていくのか、まさに芸術の領域です。
<< アイバーソンがデトロイトへ アイザイア、オーバードーズピル >>