ブログトップ

CHIE SUZUKI HOME COURT blog

chiesuzuki.exblog.jp

NBAカンファレンスファイナル ゲーム1

ネタバレ(ピストンズvsセルティックスゲーム1)(スパーズvsレイカーズゲーム1)












とうとうやってきましたね。
カンファレンスファイナル。





セルティックス、レイアレン、まだまだロングジャンパーが入らない。これは何となく思うのですが、、、セルティックスにまつわるたくさんの霊がレイの腕を引っ張っているとしか。。。。(笑)
だってエアボールですよ。あの何回かのオールスター選手が、凄腕シューターが、ゴールのボール一個分外したところに打っているわけですよ。

レジールイスの死、その他、その他、アワーバックの死
なんかの怨念がボストンガーデンにこびり付いていて、レイアレンに降り掛かっているのか。

と思ってしまうわけです。

とまあジョーダンはこれくらいにして、
ピストンズはいつも通りのバスケットをして、
セルティックスを倒しそうな勢いがあったのだけど、
ホームではめっぽう強いセルティックスが勝利。

セルティックスはベンチなど脇役が十二分にプレーしているし、ロンドも絶好調で、ホームで倒すことはかなり難しい。PJブラウンの狂い咲きも見逃せない。
がピストンズは黙々と自分たちのバスケをしていてなんだか怖い。あのシクサーズのときの不信感は完全に払拭され、マクダイスの一皮むけた感がピストンズを冴え渡らせている。


きょうはゲーム2です。
要チェック。



西のファイナル、
スパーズ対レイカーズ。

前半は流れるスパーズのリズムでレイカーズは腑抜けでしたが、後半、さすがにディフェンスがきつきつになって、スパーズを逆転。
4Qのコービーさんが連続ショットでこれが絶対入る。彼一人いるだけで、オフェンスはOK。


このシリーズの鍵は、レイカーズのディフェンス。
それと、サーシャとファーマーの助っ人ぶり。

と予想してみました。


スパーズはこの日マヌが不調で、それも響いていたが、
ポポとジャクソンのだまし合いも見所の一つ。。。
レイカーズは前半死んだふりをしていたが後半のきついディフェンスで流れを完全につかんでしまったのだった。

次もポポの策をジャクソンがどんな風にこねくり回すのか。それともポポはコービーにトリプルチームか(これはサンアントニオに行くまでとっておくか)。ポポとダンカンは昨晩眠れなかったに違いない。
[PR]
by chiesuzukihome | 2008-05-23 03:34 | NBA | Comments(0)
<< NBAカンファレンスファイナル... カンファレンスファイナル >>