ブログトップ

CHIE SUZUKI HOME COURT blog

chiesuzuki.exblog.jp

カンファレンスファイナル

(スパーズvsホーネッツ ゲーム7=ネタバレあり)

ドラフトロッタリー結果。





というわけで、
4チームも出揃い、カンファレンスファイナルがやってきました。
今年のプレーオフは、ファーストラウンドから、ドキドキな展開でしたが、通常いちばんおもろいのはカンファレンスファイナル。
ファイナルは西と東の差が激しすぎて、昨年のようになった場合、今までためておいたエナジーが、不発に終わってしまい、なんだか損した気分になるし。

でも今年の西の強豪は、波乱に富んでいて今やカンファレンスファイナルも何も関係なし。対戦カードがイコール面白さともなっています。



と、うんちくはさておき、



スパーズ、やってくれましたね。
私はホーネッツが行くんかな?と思っていましたが、
(あー、また電話が。セールスの電話が一日5件くらいかかってくるって異常じゃないですか?それも、人間の生の声ではなくて録音した機械の声。内容はというと、カードローンや車の保険、「これが最終宣告です。」とか頼んでもいないのにべらべらと捲し立てられる…。こまったなー。)


と割り込み電話が入りましたが、


ホーネッツは、第七戦を逃してしまいましたね。
スパーズは1Qから気合いが違いましたよ。アウェーなのにこの落ち着きようは、やはり百戦錬磨しているだけのことはありますな。オーリーはまた6戦でウエストの背中を撃墜してしまうし…(笑)。

ホーネッツは突然フィールドゴールがなくなってしまい、それを助っ人のようにジャネロ・パルゴ君が奮起して(18点のうち4Qに16点)、なんとか接戦に持っていっていたけど、やはり通常の栗須ポールやチャンドラー、ウエストが得点入れられない、彼らのリズムもパルゴ君が打つことによって崩れたということになってしまい、4Q終盤でいつも通りの得点ができなかったこと、それをさせなかった重鎮スパーズに軍配があがりました。
ホーネッツは、これから経験値を上げていけばもっと強力なチームになれるでしょうね。


西はレイカーズ対スパーズ。
これもまったく予想できない、どちらが勝ってもおかしくない、楽しみなカードです。


……………


東はセルティックス対キャブスは、
こちらも第七戦までもつれて、セルティックスがカンファレンスファイナル行きになりました。
セルティックスは、いままでなんと

アウェー:0勝6敗。
ホーム:8勝0敗。

わけわかんないチームです。

この不調っぷりは、ひとえにレイ・アレンのせいでしょうか。
彼たまたまシュートが入らない病に罹っていて、本人も特に心配していないと言っていますが、こういう大試合で病が出てしまうのは、つらいですね。きっと頼れるお方、ポールとケビンがいるから甘えているんでしょう。ビッグはスリーもいらない。ということ?
3人もいると、余裕こいてひとりは遊んでいても勝てる。

大会社で、三分の一の社員は適当にしていても、会社はびくともしない。というのに似ていますね。

でもこれからピストンズという超強力ディフェンスチームがやってきます。
彼らに勝つには、レイ・アレンのシュート力は絶対必要。
ピストンズのすばやいディフェンスヘルプを踏ん切るために、遠くからバスバスと入れてくれることを期待しています。


ポール・ピアースのゴートゥガイっぷり、
第七戦では楽しませていただきました。彼も切羽詰まらないと動き出さないタイプの最終兵器ですね。まだまだ健在。

レイジョン・ロンド。

彼のフローティング(ゴール前でふわっとボールを浮かせて得点)技はマーク弱損やケビン・ジョンソンがやっていた、ベテランじゃないとできない難しいものだと解説が言っていました。
そんな技を習得し、プレーオフで活用できるロンド、やはりデロン・ウィリアムスや栗須ポールたちの仲間に入れそうでしょうか?

でろんて。

レブロンのキャブス。レブロンは初期のジョーダンのような状態に陥っています。ピッペンとグラント、これがイルガウスカスとデロンテ・ウエストということでしょうか。ウエストはこのプレーオフで株を上げましたね。もう一段階上がればレブロンの真の助っ人になれそう。


さて、だらだら書いてきましたが、ボストンの正念場はこれからです。
アウェーの0敗なんとかしないとね。
ケビン・ガーネットのゴウトゥガイっぷりにもかかってます。



;;;;;;;;


ドラフトロッタリー、

一位はシカゴブルズでした。
ダントニを取りこぼしたブルズ、こんなところに、ラッキーが落ちていました。
デリックローズ?
ポイントガード、どうする…。


二位はマイアミヒート。
ウェイドがピック。

三位はミネソタ。

4位ソニックス
5位グリズリーズ
6位ニックス。ダントニがピック。
7位クリッパーズ
8位バックス
9位ボブキャッツ
10位ネッツ。JayZが参加。アガっていました。
11位ペイサーズ。ラリーバード。
12位キングス。シーズンチケットホルダーのおばちゃん。
13位ブレイザーズ
14位ウォリアーズ
[PR]
by chiesuzukihome | 2008-05-21 01:42 | NBA | Comments(2)
Commented by Takuro at 2008-05-21 21:24 x
こんにちわ Chieさん

面白くなってきましたねー ^^
個人的にはレイカーズ×セルティックスが観たいです
でもダンカンvsKGも観たいかな 笑

その前に
レイ・アレン次第ですね 本当に
ピストンズを倒すためにはビッグスリーが全員機能しないと
いけないと思います 

毎度のことですがセルティックスよりのCommentでごめんなさい
Commented by chiesuzukihome at 2008-05-23 02:54
>個人的にはレイカーズ×セルティックスが観たいです

Takuroさんこんにちは。
レイカーズセルティックス、は何年ぶりになるのでしょうか。
両チーム強豪になってまだわずかですが(レイカーズはシャック時代もありましたが)そのほかのピストンズとスパーズはもう数年間勝ち続けている常連ですね。どのチームも優勝の可能性あります。

>セルティックスよりのCommentでごめんなさい

OKです。ここにはいろんなファンが来ていますが、ファンだったらファン寄りの発言は当たり前。どんどん自分の好きなことしゃべってください。

<< NBAカンファレンスファイナル... 西からやって来た楽観主義者 >>