ブログトップ

CHIE SUZUKI HOME COURT blog

chiesuzuki.exblog.jp

殿堂入りしたパトリック・ユーイング

d0038897_6153630.jpg

(写真:試合中。オーランド・マジックAC業に勤しむゆうさん。)

d0038897_616239.jpg

(写真:試合中、殿堂入りを告げるアナウンスに手を振る)

d0038897_6162610.jpg

(写真:試合中なのに、アイザイアとその仲間たちACは和気藹々。残りシーズン、もう勝ち負けも関係なくなりました。)

d0038897_617184.jpg

(写真:試合中。アナウンスと共にスクリーンにゆうさんの過去の勇姿が映し出される。)


「子どもの頃、殿堂入りするだろうと思ったことはあるかと誰かに訊かれて、全く考えたこともなかった。って答えた。ケンブリッジに住んでいた時、殿堂記念館には小学校の時も高校の時も遠足とかツアーで何度も行ったことがあるよ。でもまったく自分がそうなれるなんて考えたこともなかったんだ。」ユーイング
[PR]
by chiesuzukihome | 2008-04-09 06:17 | NBA | Comments(8)
Commented by ピム at 2008-04-09 09:38 x
 ユーイング中心だった90年代前半の強いニックスと比べると、今のニックスのしょぼさは信じられない。ユーイングだけでなくて他の選手も味があり、いいチームだった。カッコよかった。
 軟弱な選手やコーチはさっさと放出して、あの頃のような骨のある人たちを呼んでほしい。
Commented by 愛罪屋 at 2008-04-09 10:12 x
元ピストンのエイドリアン・ダントリーも殿堂入りしました.
あぁ,きちんと見ていてくれるのだなぁと感心しました.
デニスジョンソンは今回は見送られましたね...
Commented by pip at 2008-04-09 12:48 x
私のニックスのイメージもピムさんと同じ時期。
ニックスといえば、パットライリーさまであった。彼がきてから戦う軍団になった、とTVの解説?で聞いた。
ゆうさまの勇姿の写真、とても彼らしい。確か後姿もおきまりのポーズだった。ゆうさまといえば「滝のような汗」という印象もあったが(^^;
エックスまんが、「gameはおとこの戦いなのだ」とインタビューで言っていたが、今同じ思いでいるのは、fanだけなのだろうか。。。
Commented by moto at 2008-04-10 11:49 x
パートリッ、ユーイン(ちゃっ、ちゃっ、ちゃちゃちゃ)!
パートリッ、ユーイン(ちゃっ、ちゃっ、ちゃちゃちゃ)!
パートリッ、ユーイン(ちゃっ、ちゃっ、ちゃちゃちゃ)!

来シーズンはガーデンでいいことがありますように・・・。
Commented by chiesuzukihome at 2008-04-11 08:13
>ユーイングだけでなくて他の選手も味があり、いいチームだった。カッコよかった。

ピムさんはじめまして。
そうですね。90年代ニックスは揺るぎない骨太なチームでしたね。いつのころからその強靱な精神が崩壊したのでしょうか。たぶん・・・、ニューヨークという土地はディフェンスが似合うんです。その打たれ強さを昔のニックスはまさしく表現していたんでしょう。
Commented by chiesuzukihome at 2008-04-11 08:16
>あぁ,きちんと見ていてくれるのだなぁと感心しました.

愛罪屋さんこんにちは。
昔からのファンなんですね。ピストンズも殿堂入り選手を排出する揺るぎないいいチームですね。そう言う意味でもアイザイア自身も打たれ強い人です。何度転んでも何度でも起きあがりますね。
Commented by chiesuzukihome at 2008-04-11 08:21
>ゆうさまといえば「滝のような汗」という印象もあったが(^^;

pipさんこんにちは。
滝のような汗。。。そういえばユーイング殿堂入りで彼について問われたアイザイアも同じ事言っていました。(笑)

>エックスまんが、「gameはおとこの戦いなのだ」

ええ、そうでしょう。エックスマンとかメイスンとか今にもバトルしそうな漢が、ニックスのブルーカラーを形成していましたね。
Commented by chiesuzukihome at 2008-04-11 09:01
>パートリッ、ユーイン(ちゃっ、ちゃっ、ちゃちゃちゃ)!
来シーズンはガーデンでいいことがありますように・・・。

motoさんこんにちは。
来シーズンは、新しいコーチ、来ると思いますよ!マークジャクソン、その他。。。ジェフバンガンディ?わかりませんが、まだユーイングという可能性も低いですが、彼は「ニューヨークステイトオブマインド」なんです・・・。
<< バナナスプリット対チョコサンデー ニューヨークのドン >>