ブログトップ

CHIE SUZUKI HOME COURT blog

chiesuzuki.exblog.jp

WILD WILD WEST

d0038897_6381038.jpg

(イラスト:フレンチプレーヤー、フレンチカフェにて。右から、マイケル・ピートリス、ボリス・ディオウ・ロニー・トゥーリアフ、トニー・パーカー、エバ・ロンゴリアもやってくる)



西の激戦、この際、シードは全く関係なし。
下位にスパーズだったり、たった一試合落としただけで、転落したり。
先日ダーク・ノビツキーが左脛を挫いてしまい、戦線離脱。
これが復帰に2週間と言われているし、怪我に強いダークと言われているものの、このふくらはぎとアキレス腱の間の部分の捻挫は、人によっては長期の治癒が必要らしい。

そうなると、プレーオフに滑り込めないかもしれない。
8位にゴールデンステイトが全速力で走ってきています。9位のナゲッツもものすごい勢いでオフェンスしまくっています。

キッド、大ピンチですね。


1.ニューオリンズ・ホーネッツ
2.ロスアンゼルス・レイカーズ
3.ヒューストン・ロケッツ
4.ユタ・ジャズ
5.フェニックス・サンズ
6.サンアントニオ・スパーズ
7.ダラス・マーベリックス
8.ゴールデンステイト・ウォリアーズ

9.デンバー・ナゲッツ



やっぱり見ていて飽きないゴールデンステイト。まるでTVドラマを見ているようなのです。どろぼう髭のバロン・デイビス、潰れた鉤鼻のスティーブン・ジャクソンをはじめ、モンテ・エリス坊やははたしてどんな事件に巻き込まれるのか。あの軽快な走りと玉回しはプレーオフでも見逃せません。

まだまだ書きたいこともありますが、
(ヒマなほど更新も怠ります。忙しさが中程度のときが一番更新してしまうのはなぜなのか?)


・・・・・


イラストは、HOOPの人脈図鑑のページに掲載されたものです(山脇氏執筆)。この連載もう終了してしまいましたが、楽しくイラスト描かせていただきました。上はフレンチコネクション。
つぎつぎとフランス人NBA選手が生まれていますね。


マイケル・ピートリス(ウォリアーズ)
ボリス・ディオウ(サンズ)
ロニー・トゥーリアフ(レイカーズ)
トニー・パーカー(スパーズ)


そして、昨年トニー・パーカーと結婚した、女優エバ・ロンゴリア・パーカー。
昨晩テレビのトークショーに出演。新作映画では幽霊の役で女性の本音?の部分を披露している。人気となったドラマ、デスパレートな妻たちでもいわゆるイヤな女を演じている。

実際はどんな女性なのか、役のような性格ではないとは思いますが、お父さんが大のスパーズファン。娘とトニーを会わせるきっかけを作ったお父さんは、ハンティング好きで娘も山へ行って「野豚狩り」を楽しんでいたそうです。


フランス料理では、豚のリエット、豚のロティ・・・

フランスでも銘柄のバスク豚は戸外で木の実を食べ育てられた希少価値のぶたさん。
バスク豚の生ハムは味わい深く超高級品なのであまり流通もされていないのです。

今、トニー・パーカーがバスク豚に見えてきちゃった読者は鋭いですね。
エバもハンターな性格だったのでしょうか・・・。
[PR]
by chiesuzukihome | 2008-03-29 03:06 | NBA | Comments(4)
Commented by sid at 2008-03-29 04:43 x
エヴァちゃん,聞く限りではいい娘ですよね。
子供の頃から苦労してきたみたいでガッツあるし,気取りないし。
試合も良く観に来てるし。私は気に入ってます。
正直,パーカーが活躍できるようにしてくれる嫁なら誰でもいいです(笑)。
Commented by Chie Suzuki at 2008-03-29 12:17 x
>パーカーが活躍できるようにしてくれる嫁

sidさんこんにちは。
私の観察眼でもいい線行ってます。人は第一印象では分からないものですが、女性の観察眼は男性よりも優れていてしかもほぼ当たっていますねー。
エバは苦労人なんですか。
Commented by sid at 2008-03-29 23:53 x
貧しい家で育って,かなり苦労したと聞きました。
あとお姉さんだか妹さんだかが障害を持ってて,そのために周りにいじめられたこともあるとか。
でもエヴァはその姉妹のことを「my Hero」と呼んでてすごく仲がいいらしく,今はその姉妹と同じ障害を持つ人を支援する活動をしているらしいです。
試合観に来る時も派手すぎず感じのいいファッションしてるし,好印象ですねー。日本まで観に来ちゃうんだし。
Commented by Chie Suzuki at 2008-03-30 13:20 x
↑そうなんですかー。ふむふむ。
テキサスのコーパスクリスティって街出身ですよね。サンアントニオの南。
ファッションは、そうですね。派手にしなくても華があるのでそれでよし。
確かに昨年は、パーカーが活躍出来るようにしてくれた嫁でした。結婚に向かって突っ走っていたような。
<< ニックスの新しいGM 花粉の季節 >>