ブログトップ

CHIE SUZUKI HOME COURT blog

chiesuzuki.exblog.jp

レブロン・ジェームス

d0038897_454072.jpg

(写真:レブロン倒れること数回。ネッツ戦にて)


この試合のレブロンはいったい何度すっころんだろうか?
後ろへ走りながら一度、レイアップで一度、と何度だったか。。。
人間らしかった。


しかし、レブロンとコービ、ってのは
人間業を超えたものがある。

まるで一緒にプレーしている他のNBA選手が、凡人に見えてしまうのである。
コービはキャリア絶頂を迎えているが、レブロンはまだまだ本番ではない。スノーのようなベテランが叱咤するか、それとも自分で何度も失敗しながら(チームとして)学ぶのだろうか?


成長するには経験するしかないのか。
昨シーズンのキャブスはファイナルで、大失敗だった。
こんな事を何度も重ねて、30歳くらいのおっさんになったら、とてつもない怪人になるのだろうか。


レブロンが垢抜けつつある。
なんとヴォーグの表紙にもなっている。

d0038897_418733.jpg

(写真:ファッション誌Vogueの表紙。レブロンとファッション界のアイコン、ジゼール)


フォトグラファーは女流写真家の巨匠アニー・レイボビッツ。
レブロンが怪獣のように雄叫びをあげている、美女と野獣という設定だろうか。レブロンもスポーツ界のアイコンとして、どんどん垢抜けていくのだろう。
先日ガーデンにやってきた時、白のカシミアコートに首にはマフラーを巻いていたのだが、その巻き方が、とてもヘタクソで、どうヘタクソかというとマフラーがシャツの襟の中に入ってしまっていて襟が潰れているのだ。これがアメリカを代表するスーパースターなのか、、、、と苦笑。それにしてはメディアを30分待たせていた。


ヴォーグにはシークレット・ベストボディ、この完璧な肉体の秘密を暴く。
というものだ。モデルの姉さんの完璧な肉体、レブロンのアスリートな肉体、どうやったってしろうとには無理だろうが、誰もが憧れる肉体になるには?みたいな特集がある。


要は肉体が人間らしさを超えているのである。
[PR]
by chiesuzukihome | 2008-03-16 04:25 | NBA | Comments(2)
Commented by Takuro at 2008-03-16 13:15 x
こんにちわ Chieさん

本当にそうですね もうすこし時がたったレブロンを今から
想像してみると・・・ それはそれは化け物でしょう 
見た目はすでに30歳ぐらいに見えますけどね 笑
Commented by Chie Suzuki at 2008-03-19 07:35 x
>見た目はすでに30歳ぐらいに見えますけどね 笑

Takuroさんこんにちは。ええ、そうですね。30歳くらいでしょうね。さらにオデン君という40歳くらいに見える人もいて、NBAってほんとうにバラエティに富んでます。
38歳キャセール先生も重要なショットを叩き込んだりして、彼の地で馴染みつつあります。
<< 花粉の季節 後半戦もろもろ >>