ブログトップ

CHIE SUZUKI HOME COURT blog

chiesuzuki.exblog.jp

did i lose something important?

NBAオールスター・ウィークエンド in New Orleans

d0038897_4583954.jpg

(写真:ふたりの偉大なPG、ジェイソン・キッドとスティーブ・ナッシュ。ニューオリンズのハリケーンで被害を受けた地域を訪問し、家の塗装、窓枠の処理などのボランティア作業を行った後の笑顔。)

d0038897_502644.jpg

(写真:練習中のジェイソン・キッドとケビン・ガーネットら。キッド最後のイーストでのプレーになりそうだ。)


今回のオールスター・ウィークエンドで印象に残ったのは、ジェイソン・キッドの「満面の笑み」である。ダラス・マーベリックスに移籍できたことが嬉しくて仕方ないようだ。ここ数年こういう笑顔がなかった。



d0038897_505392.jpg

(写真:ハーフコートシュートに挑戦のレブロン・ジェームス。写真のピントはキングレブロンよりも控えめなジョー・ジョンソンに合っています。そんなことめったにないよ)

d0038897_511575.jpg

(写真:ダーク・ノビツキー。シュートってこういう風に打つのかぁ・・・。)


d0038897_515530.jpg

(写真:クリス・ポールのギネス挑戦。後ろのカーメロには注目せぬよう)

このハーフコートシュート合戦、
一分間に何本入れられるのか。という競争で、イーストのレイ・アレンは、当たり前のように美しいシュートホームで2本。が、レブロン・ジェームス3本、さらに今回ツキがあるのかキッドもアンダーハンドスタイル(ボーリングみたいな)のシュートを無骨に3本入れた。これらはギネスブックの新記録になった。

ところがその後ウエストの番になり、クリス・ポールがなんと4本と記録を即座に塗り替え会場を沸かせた。さすがニューオリンズの期待を背負うだけあったのだ。


d0038897_522258.jpg

(写真:本戦リハーサル風景。今回はブランドン・ロイ、クリス・ポールなど新しい顔が増え、世代交代の色も強い。)


d0038897_5152387.jpg

(写真:練習後、カーメロ・アンソニーとアレン・アイバーソンのナゲッツは一緒に座る。なんだか華やかでした)

終盤:
本戦中のウエストチーム、終盤の時間帯はこの↑ふたりはベンチに座っていた。
イーストに比べて玉の流れを悪くしているふたりに見えた。

ゴウトゥガイであるダンカンに速攻ダブルチームに行ったタイミング、何が起こっているのかフロアで今何をすればいいのか、当然のように分かっているイーストのフロア上のメンバーは、ウエストメンバーに比べ、経験もスキルも微妙に勝っていた。


d0038897_534095.jpg

(写真:レブロン・ジェームスとMVPのトロフィー。アシスト、リバウンド、ディフェンスでも貢献。レイ・アレンはスリーポイントをぼこぼこにたたき込み逆転に成功したがMVPには届かず。)

d0038897_543376.jpg

(写真:フレンチクウォーターにはたくさんの古いバルコニー付き建築が並ぶ)




ニューオリンズのオールスター。
これらのレポートは後日雑誌にアップします。・・・・。


バーボンストリート、ってのがあって日本で言う飲み屋横町ってなかんじの酔っぱらい天国なストリートがあります。ここがニューオリンズを象徴する「酔ってみんな忘れてしまえ。」な風にさせてくれるところのようです。祭りというのは日常のルーティーンから解放され、明日からの活力を養うための息抜きでもあります。
数多くの歴史を抱えているこの街は、調べれば調べるほど味が出てきそう。
でも、昨今の街は寂れていてもの悲しささえ感じられます。

ハリケーンカトリーナの爪痕は、それぞれの建物に少しずつ見えました。ドアがボロくなっていたり、ペンキが剥がれていたり。それでも各店はペンキを塗り替え復興に必死なところもありました。
ここが浸水したとこなのか・・・と心酔しながらフレンチクウォーターを歩き、ジャンバラヤとガンボを食べました。アリゲーターフライってのもあったよ。



今回の大会、街は本当に大丈夫なのか、シャックやらKG、コービ(数分出場)などいつものスターがフロアにいないことを心配したが、今回のアメリカ国歌斉唱がそんな杞憂を吹き飛ばすほどの、この街の重みを思い起こさせる音で、由緒あるパフォーマンスにこれまた心酔。(歌ったのはステファニー・ジョーダン、サックスのブランフォード・マルサリス、ギターのジョナサン・デュボース)
そして真剣勝負のスター達は、失ったスター達よりもいいパフォーマンスをしていたかもしれません。特にイーストのスターターは呆れるくらいケミストリーが抜群でした。練習中からすでに仲良しで、ウエストチームと比べて活力に満ちていた。

ダンクコンテストもかなり盛り上がったのですが、
書き切れません〜。


・・・

実は愛用していたvideoipodを紛失し、意気消沈しています。
重厚で高級なブラックのipodは大会終了後もとうとう出てきませんでした。(中にインタビューも入っていた)

香辛料で激辛味のジャンバラヤでも食べて、バーボン飲んで
忘れるしかありませんね。
[PR]
by chiesuzukihome | 2008-02-20 05:04 | NBA | Comments(6)
Commented by Takuro at 2008-02-20 19:43 x
こんにちわ Chieさん

やっぱりキッド移籍したんですね 
抜けた選手の穴も気になるんですがやっぱりマーベリックスは
強くなるんでしょうね ネッツはちょっと予測がつきませんが

世代交代ですねー 
まだまだって感じもしますけど
ベテランの力が落ちてくるというよりも新しいスターが続々と
生まれているって感じでしょうか

お疲れ様でした

カーメロ 笑
Commented by mari at 2008-02-22 11:32 x
Chieさんこんにちは
ここ数年まれに見る素晴らしいオールスターでしたね。残念ながら国歌斉唱は日本では放映されなかったかと思います。ダンクコンテストもハイライトだけなのは仕方ないのでしょうか。
ドワイトのスーパーマン、とっても笑えました。どんなところから発想しているのでしょうか気になります。
ipodのことはほんとうに残念ですね。やはりアメリカでは紛失物が出てくることは希なのでしょうか。お気持ち察します。
Commented by Blue at 2008-02-22 23:56 x
こんにちは。オールスター取材お疲れ様でした!

今回の、選手たちのニューオーリンズ修復ボランティアの映像は印象的でした。アメリカの社会奉仕の姿勢は本当に素晴らしいし、少しでも復興につながったらいいですね。

試合も各コンテストも最高に盛り上がったから満足満足!HOOP楽しみにしてますよ~♪
Commented by chiesuzukihome at 2008-02-24 02:51
>抜けた選手の穴も気になるんですがやっぱりマーベリックスは強くなるんでしょうね

Takuroさん、こんにちは。キッドは古巣に戻った形になりますね。オールスターでのレブロンとの共演は見事でしたが、ダークとの饗宴?は楽しみですね。

>世代交代ですねー 
新しいスターが続々と生まれているって感じでしょうか

新しいスター、続々登場していますね。毎回発見があります。昨日はルーキーのジャマリオ・ムーンのプレーを見ましたが、スターター張っていながらも、コーチにめちゃくちゃ怒られておりました。ルーキーといいながらもCBAやハーレムグローブトロッタズ!など数十チームを転々としていた27歳。ときどき立ち位置を間違えてはいましたが、リバウンドやダンクが豪快です。
今が一番辛抱の時ですね。
Commented by chiesuzukihome at 2008-02-24 03:00
>残念ながら国歌斉唱は日本では放映されなかったかと思います。ダンクコンテストもハイライトだけなのは仕方ないのでしょうか。

mariさん、こんにちは。
国歌は素晴らしかったですよ。きっとyoutubeなどで発掘できると思います。ダンクコンテストはロウソクの火消しなど笑えましたねー。先ほどのムーンですが、もっとアイディアを募って例えば「宇宙服を着てムーンウォークダンク」とか「(張りぼての大きい)月にボールをバウンドさせて月面ダンク」とか、やって欲しかったですね。

>ipodのことはほんとうに残念ですね。やはりアメリカでは紛失物が出てくることは希なのでしょうか。お気持ち察します。

心配していただきありがとうございます。
心優しい方が拾ってくれていたならばきっと今頃は手元にあるはずですが、そうではなかったようです〜。
Commented by chiesuzukihome at 2008-02-24 03:10
>選手たちのニューオーリンズ修復ボランティアの映像は印象的でした。

Blueさん、こんにちは。
そうですよね。あれはけっこうスゴイ企画だったようです。合計10箇所の地域に選手やレジェンド俳優など6人組位づつ&ボランティア達が散らばって作業をする。というもので、ほぼ同時刻に行われているので取材する方もそのうちの4箇所にだけそれぞれチャーターバスが出ていて、私はたまたまキッドのいるところへ行きました。他にもアイバーソンやらタイガージェットリーやら、ウェイドやら、みなさん散らばって作業したようです。特に我々の行った地域は地面がどろどろでしかも小雨の中、窓枠の処理をキッド、レブロン、ナッシュが行っていました。(窓枠に塗られたペンキがガラス部分に付着しているところを削る作業=最初からマスキングテープすればこんな作業はいらんのに(笑)

>試合も各コンテストも最高に盛り上がったから満足満足!HOOP楽しみにしてますよ~♪

盛り上がりましたね。今月HOOPは、ASカバーしてあります。しめきりぎっりぎりの神業で、本戦原稿は宮地さんが書かれていますよ。
私のコラムのほうは来月です〜。(しばらくお待ちください♪)
<< トレード期限終了 going to big easy >>