ブログトップ

CHIE SUZUKI HOME COURT blog

chiesuzuki.exblog.jp

SAS vs DET

ドウェイン・ウェイドの40得点が効いた。あらゆる魔の手から逃れたショット。ベン、ラシード、テイションのディフェンスは、マイアミには驚異過ぎる。このうちふたりがファールトラブルになったことが勝敗を分けた。フロアからふたりがいなくなれば、マイアミにもオフェンスの機会がある。しかし・・・、たぶんこのシリーズは、4-1くらいでデトロイトのものになるだろう。

デトロイトは地味ながら、完璧なバスケをやってくる。
ビラップスは、きょうはTOが多かったが、次回からは再びクラッチシューターとして復活するだろう。オフェンスで一番の驚異。デトロイト側が、入れてほしいと思うときに必ずシュートを入れる。

ファイナルはデトロイト対サンアントニオかな?

すべてのメディアが恐れていた、シリーズ。
玄人には見応えのあるシリーズ。人気商売としては格段に地味地味シリーズ。
なかなか休みの取れない全米記者達にとっても、マイアミ対フェニックスがバケーション込の希望地域だったようで。(そんな不謹慎な話は他言しないよう)

しかし7回戦える実力対決、
これがバスケットボールという競技なのだった・・・。
サンアントニオとデトロイトに幸福を。

d0038897_1255386.jpg

[PR]
by chiesuzukihome | 2005-05-26 12:34 | NBA | Comments(0)
<< ピンヒール修理 レジー・ミラー・モーメント >>