ブログトップ

CHIE SUZUKI HOME COURT blog

chiesuzuki.exblog.jp

ただ続けるのみなのか。

d0038897_6281499.jpg

(写真:数年前のニックスボーリング大会にて。アラン・ヒューストンとステフォン・マーブリー)


(ジャズ対ニックスのネタバレ有り)











連日あまりにも寂しいニュースばかりなので、笑顔の写真でも載せようかな?と思った矢先、ジャズに快勝。


こういうガーデンは実に久しぶりで、3Qで差が付いた9点差をジャズがずっと追っかける形でそれをニックスが逃げる、、、、。
4Q残り3分でジャズが2点差に追いつく。
こういう展開が一番試合をおもしろくする。

ステフのフローティングやランドルフのレイアップが点差を徐々に引き離す。

この日はみなオフェンスが冴えており、
ジャマール、ステフ、などガード陣、それとデブ(あ、ザックランドルフです)。カリーとザック、このふとっちょ君たち、いろいろ言われていますが、ブーザーとオクアーのデブ度とくらべ、引き締まり方が甘いけれど、パワーでは負けていませんでした。でもディフェンスはほとんど無いに等しい、・・・・・。


ステフのゴール下へのドライビングは、チームを牽引したと言って良いかな。
ガーデンは盛り上がるし、チームの士気も上がるし、ビッグマンへのファールトラブルなど良いことばかりで、チームリーダーに相応しいものだったかと。


ステフはこの始まったばかりのシーズンの連敗にまったくあたふたしていなかったというが、これはきっと強がっているだけかと思う。絶対あのブーイングには反応していて悲しかっただろうし、アイザイアの「お仕置き」(ベンチスタート)はまさにお灸効果があったかと思う。


しかしそれと同時にステフはこの先こんな感じで勝ちを増やして行けるんだという強い自信も持ち合わせていた。



ひとつ勝つことでこんなに雰囲気変わるんですな。


・・・


思い出したように書くが、

最近のジェフリーズはディフェンス良い。(ウィザーズ時代から素晴らしかった)
それとバークマンとリーの3人は、ニックスの貴重な財産になり得るはず・・・・。なんですが。個々のディフェンスは素晴らしいのだから、これらをもっとチームに活かしたディフェンスを展開できたらさぞかしイケると思うのだけど、なんとかして愛罪屋。


バークマンは途中ボールを追っかけジャズのベンチにつっこんだ。
体がAC達の真上に飛び、怪我一つ無し。(ブリュアーがねんざした。)
チャールズオークリーを思い出す、あのダイブ、貴重ですよ〜。


・・・

ジャズ。


この日の試合はニックス個々のオフェンスが良すぎた。
これに対しジャズのスローンコーチは自分のチームはエナジーが足りなかったと。
見ていても、試合中みんなけっこうしらーとしていて、こんなにガーデンは熱いのにジャズのみんなは70%の力しか出していないようで、これはシーズン通しての温存作戦なんだなといい解釈をすればそうだが、はたしてキリレンコってもっと表に感情を出すタイプなんだが、しらけていたのが気になった。

血管が切れそうなのは、アシスタントコーチ陣のみで、たとえばタイロン・コービン、スコット・レイデンなどがコート内の選手へ「リバウンドー」「ゴラァ〜ボックスアウトじゃー」と叫ぶ。
レイデンは、もちろんブーイングを浴びるなんてそんなの何にもあませんでした。彼はまるでニックスのGMだったことが前世の出来事であったかのように、ACとして小さくまとまっていました。


・・・

こんな日に限ってオーナーは見に来ていませんでした。
きっと会議室で、今後ニックスをどうするかを話し合っていたのでしょうか。


選手、コーチなど現場がいかに前向きであるのかは、勝敗でかなり左右される。先日ブルズに勝った時も、アイザイアはほっとした様子で選手も肩の荷が下りたようだった(この試合はブルズが悪すぎだったのですが)。その前のゴールデンステイト戦でのさんざんな大敗のときには、アイザイア、涙目になり「僕のせい」とすべての責任を被っていた。


ジャズとの対戦は、ニックスという組織がめちゃくちゃになろうとしているのを何とか繋いでいる状態に戻したようだが、果たしてどちらがいいのかはわからない。いったん崩壊させるのか、このままだましだまし戦ってゆくのか、もっと良い結果が待っているのか。。。。



・・・

上の写真は、数年前のボーリング大会。会場が暗かったので粒子が粗いですが、欲しいというのでアランとステフにあげたことがあります。ふたりのツーショット、持ってないのかな。

しかし最近アランはどうしているのでしょうかね・・・。
ペニーやヒルの活躍を見るたびに思い出します。



シーズンはつづく・・・。
[PR]
by chiesuzukihome | 2007-11-24 06:46 | NBA | Comments(4)
Commented by zakana at 2007-11-28 20:38 x
初めまして。毎回楽しく拝見させていただいてます。
カリーとザックの体重も気になるところですが、Qリッチも相当太ってますよね?成績もいまいちですし心配です。
Commented by Takuro at 2007-11-28 22:22 x
Chieさん こんばんわ
カリーとランドルフ デブコンビですね~
一時期カリーは140Kg以上あるみたいなことを聞いたんですが
いまはどうでしょうか
比べてみると下のチャンドラーは細いですね~
(またチャンドラーの話 笑) 
KGも細いですよね ジェフリーズも
でかくて細いやつがいい選手になる素質を持ってるのかな?
Commented by chiesuzukihome at 2007-11-30 16:00
>Qリッチも相当太ってますよね?成績もいまいちですし心配です。

Zakanaさんはじめまして。
いつも見てくれてありがとうございます。
Qちゃん、ニックスの中ではなかなかいい選手のひとりなんですがねー。リバウンド能力も高く、昨シーズンまではスリーポイントなど含めシュートもイケていたんですが、今シーズンは利き腕の怪我のためか、エアボールを放ったりして残念です〜。健康状態に左右されていて、それさえよければ、そして彼のシュート確率が上がることが、インサイドのふとっちょ君達のターノーバーを減らすことにもなりそうなのですが。いい選手です彼は。

Commented by chiesuzukihome at 2007-11-30 16:06
>KGも細いですよね ジェフリーズも
>でかくて細いやつがいい選手になる素質を持ってるのかな?

Takuroさん、こんにちは。
KGのセルティックス、ほんとうにファイナルが楽しみです。(カンファレンスファイナルは行けそうですね)
彼の場合は特別ですね。あの細さでもちゃんと筋肉があって、脂肪は付きそうになく、でも今のセルティックスではときどきインサイドでパワープレーをさせられることがあるので、体重が必要かもしれませんが、あのままでいて欲しいですね。ドワイトハワードやエディカリー相手だと、よろけそうですけど。
<< 逆転する人事。 ああ無情 >>