ブログトップ

CHIE SUZUKI HOME COURT blog

chiesuzuki.exblog.jp

サンズ対スパーズ・ゲーム6

(ネタバレあり)





ニューヨーク地方は、急に涼しくなった。

昨日までは80度くらい、きょうは54度って?

摂氏だと12度。


冷たい風が吹いていて、長袖二枚は必要。

サンアントニオはどんな気候なんだろう。
なんて考えながら。


最近テレビに、リック・カーライル(元ペイサーズコーチ)とかサムミッチェル(ラプターズコーチ更新)とか、出演してスタジオでのテレビ解説をしている。カーライルはなんだかテレビ慣れしていて、テレビに向いてる。はきはき喋りカメラ目線も忘れないってところが、コーチングの顔と違っていておかしい。逆にミッチェルは初めてなのかあがっていて、視線が定まらない。そんなミッチェルに気を遣うカーライル「そうですよね〜」と話を振ったり。

笑えた。

バンガンディも、舌の根も乾かぬうち今日のサンズスパーズ戦にテレビ解説で出ているとは・・・・。ロケッツコーチ4年で首、スッキリした顔で登場していた。そんなに未練がなさそうな様子だったので、少しほっとしたが。


・・・



サンアントニオで行われた試合、

デビッド・ロビンソンが見に来ていた。

私にとってサンアントニオ・スパーズは、デビッド・ロビンソンのイメージなため、ダーティー。とは思えない。そう、じつはサンアントニオ・スパーズからNBAファンを始めたのだ。

当時の贔屓はロビンソンだったし、
ファンの時代、日本に来たエリオットと元奥さんともお話ししたことがある。
コヨーテからサインをもらったこともある。


当時から、彼らはどちらかというとほのぼのチームだったと思う。
途中、ロドマン入れたり不思議なトレードもあったと思うが、やはりティム・ダンカンが入ったことで、急激にチームが、「まじ強いチーム」になった。

エリオットもナイスガイだったけど、つま先スリーポイントは執念のシュートだった。
彼の腎臓がそんなことになってしまい、彼はストロングマインドを持つようになった。


きょうの、スパーズ、
信じられないストロングマインドがあった。
あの3Qの執念のスリーポイントはいったいなに?
ジノビリ、トニー、ボウエン、あれ、全部入れちゃうの?
あの3Qはサンズにとって魔の時間帯だった。


あのシュート率、どこからあの執念がわき上がってくるのか。
何かコワイものを感じました。

サンズのディフェンスがルーズ気味になりそこをがしがし突いてきて、
ジャック・ボーンまでジャンパーが、すべてリムに吸い込まれる。


それに比べ、サンズに執念のシュートはあったか?と言われると、ナッシュとアマレのみ。しかもスパーズは執念のディフェンスで、容易に得点を許さない。


「他の何よりも、僕らはお互いを信じ合った」
ダンカン。


そんな厳しい中でも、ナッシュの終盤のとんでもない、
畳みかけるような連続得点、あれも信じられなかった。



ナッシュはたぶん世界一のポイントガードだろう。

あのナッシュが優勝できないとしたら、ものすごく不公平な世の中だと思う。


このシリーズ、あまりにも不運だった。

1.鼻から流血で終盤棒に振るナッシュ。

これはトニーの持っているボールを奪おうとして、鼻がおでこに激突。激しい運動をしていたため血が止まらない。終盤の時間帯ナッシュ出場できず。考えてみればこれも、流血している場合エイズ対策によりコートに出られない。というルールの下だった。

2.アマレの発言でスパーズ勢いが付く。

選手生命に関わるほどの怪我でワンシーズンをリハビリで過ごしたアマレ、当然危険なファールを仕掛けてきたボウエンに文句を言いたくなり言ってしまう。それがシリーズ真っ最中、スパーズの団結を助長させた。世の中からも悪者扱いされていたため。

3.オーリーのファールでサンズの主力出場停止。

この事件がこのシリーズのカギを握ってしまう。ユーイングの時代から、まともな選手まで出場停止にしてしまい、レギュラーシーズンを渾身の力を振り絞り戦い、シードを獲得してもこんな不公平なルールがあることを今更思い知らされた。


試合後会見で、

「シリーズの大きな要素ではないものが、
大きな部分を担ってしまうのは、とてもつらい。」
ナッシュ。

こんな事が起こって、
ナッシュが年取るまでに優勝できなければ、
ほんとうに、残念だ。


そして
うつむきがちに出たのが、
こんな言葉、これは本心だろう。


「タフだ。なんて言っていいかわからない・・・。
つらい負けだ・・・。
たとえば、・・・これ以上なにか言っても、それは無駄な言葉になるな・・・。」






・・・


スパーズ、カンファレンスファイナル進出おめでとう。
きっとこのまま優勝しそうな勢いですね。
私の知っているスパーズは、強くていい人の揃っているチーム。
どうかボウエンカルチャーを助長させないチームになってください。



・・・


ネッツ対キャブス、

この日は、ボンジョビや俳優ブルース・ウィルスが駆けつけ、
ウィルスが応援団長を買って出ると、観客も盛り上がり、3Qネッツは追い上げたはずなんだけど、あのあと撃沈されましたね。
キャブスの真のリーダになった感のあるレブロンは、自分がやらなければ、というお手本を見せ次々得点。

ネッツは、キッドがいくら動いても、パスする人がいない。
ホームなのにノーマークのスリーも入らないなんて、情けないです。


レブロンは試合前ロッカールームの飲料水の入った冷蔵庫の前にて短い会見をしましたが、まあ、驚いたのはまーったくいつも以上にリラックスしていたっってこと。
あれがプレーオフ試合前の姿かね〜。
[PR]
by chiesuzukihome | 2007-05-19 15:59 | NBA | Comments(10)
Commented by pip at 2007-05-20 07:37 x
chieさん、こんにちは。
そうですね、でびたんというばMRナイスガイ、ライン際の3が鮮明なエリオットさま、かっぱちゃん・・ではなくえいぶりーなど、ホントいい方々でした。
いやだな~と思うのは、「ずるくても勝てば良いんだ」が基準になることです。すっかりplayoffの興味が薄れた朝でございます。
Commented by mari at 2007-05-20 12:35 x
ナッシュのコメント読んでいて泣けてきます。次回は優勝してもらいたいところですが西には強豪が多すぎて,サンズは翌シーズン,さらにメンバーを充実させなくてはなりませんね。
Commented by Garnett at 2007-05-20 17:38 x
Chieさん こんにちわ
やっぱりスパーズ強しってことですかね
サンズ残念です 

Chieさんの仰るとおりスパーズはクリーンなイメージが強いんですが
変わってきているとしたら少し残念です
相手があれほどのチームだとそうも言っていられないのかな
Commented by 愛罪屋 at 2007-05-20 20:51 x
本当に残念です.ナッシュには不運としか言い様がありません.
この無念を来シーズンに晴らすためには,センターの補強ですかね?
これでランアンドガンチームはまた優勝できませんでしたね.
Commented by jumpmen at 2007-05-21 22:01 x
こんばんは☆
悲しい結末でした・・・ どうもスッキリしない感じです。
このままだとおそらくFinalsまでいくでしょうし何とも言い難い気持ちになってしまいます。Nashもいっていましたが、力以外のところで勝敗が決まってしまったように思えて
Phoenixが気の毒です。

それといきなりなんですがご相談です!!
Chieさんのページとても深くて面白いのでChieさんさえ良ければ、私のページの「お気に入り」に載せてもよいですか?
Commented by chiesuzukihome at 2007-05-23 03:27
>かっぱちゃん・・ではなくえいぶりーなど、ホントいい方々でした。

pipさん、こんにちは。
かっぱちゃん、は当時から影のリーダーでしたねー。

>いやだな~と思うのは、「ずるくても勝てば良いんだ」が基準になることです

私は自分自身も、狡いことするのなら負けた方がいい。と思います。
狡いことしてでも汚いことしてでも勝てばいい。と思っている方、絶対バチが当たります。
まあ、スパーズは、ボウエンさん以外はそうでもないのですが。
Commented by chiesuzukihome at 2007-05-23 03:31
>スパーズはクリーンなイメージが強いんですが
変わってきているとしたら少し残念です

Garnettさん、こんにちは。
そうですね、クリーンなイメージだったように思います。
以前からレイ・アレンなどが一生懸命訴えていましたね、ボウエンさんがレイのジャンプシュート時、着地地点に足を置くと。これはやっぱり汚いファールだと思います。フレグラントファール、というカテゴリー以外に、ダーティーファールというのを作ったらいいのかな〜?
Commented by chiesuzukihome at 2007-05-23 03:35
>サンズは翌シーズン,さらにメンバーを充実させなくてはなりませんね。

mariさん、こんにちは。
翌シーズンはベンチの充実が課題でしょうね。ジェイレン・ローズとマーカス・バンクスは、ちょっと失敗でしたね。リーグにはサンズ向きな選手多いと思いますので、走れるビッグマンを始め、あとティム・トーマスみたいなのもいたら良いかと思います。ナッシュの控えでは、ボリスとバルボサがPG完璧こなせればいいのですけど。
Commented by chiesuzukihome at 2007-05-23 03:40
>これでランアンドガンチームはまた優勝できませんでしたね

愛罪屋さんこんにちは。
ランガンチームの優勝はありなのか?
今年も全滅ですね。でもサンズはきっとまた昇ってくるんじゃないかと思うのですけど、ナッシュのPGとしての寿命があるうちになんとか達成してほしい。個人的には最近のナンバーワン事項です。ロケッツもカルチャーを変えるようですし。
Commented by chiesuzukihome at 2007-05-23 03:46
>力以外のところで勝敗が決まってしまったように思えて
Phoenixが気の毒です。

jumpmenさん、こんにちは。
サンズは世間の同情を買いましたねー。
スポーツ選手ってけっこう虐げられて世間から誤解されるほど力を発揮する輩が多いってことを改めて感じました。ってことはスパーズのほうが世間から虐げられた事で十二分な力を発揮してしまったようですね。

>私のページの「お気に入り」に載せてもよいですか?

もちろんです!。お褒めいただきありがとうございます。
こっちも相互リンクあったのですが、間違って消して以来やり方がわからなくなってしまいそのままです。何とか復活させたいですね。
<< またもや スパーズ対サンズ・ゲーム5 >>