ブログトップ

CHIE SUZUKI HOME COURT blog

chiesuzuki.exblog.jp

ファーストラウンド・ゲーム1

アップセット数件あります・・・。




自由闊達さで、マブスに勝利したウォリアーズ。


このチーム、器用なオフェンダーが揃っていて
運動能力もハイレベルでのってしまうと止めることが難しい。


コーチ丼ネルソンは、レギュラーシーズン中、スターター、ベンチの組み合わせをこれでもかというくらい変え、ビードリンズや、モンテ・エリスという新しい若手スターを生み出した。



一方のマブスは、守りに入りすぎ
ぎこちないチームワークを作ってしまっている。


この先はどうなるのか。

マブスはここで折れてしまうほど、弱くはない。
チームとしての機能は、ウォリアーズの数倍優れているが、
あのウォリアーズのノリの良さはやっぱりネルソン節なのか・・・・・。
気持ちいい音楽が流れてくるようです。(やっぱりRUN DMCかな?)


ところで
マブスはレギュラーシーズン中、
ウォリアーズに一勝もしていない。
これで0−4だよ〜。



・・・

ナゲッツもスパーズに勝利、
ティム・ダンカンを押さえた、ネネ。
パーカーへのブロックショットが脅威なキャンビー。
アイバーソンとカーメロのオフェンスがプレーオフモードに。
特にアイバーソンは、レギュラーシーズン中譲っていた部分がなくなりギアチェンジしましたね。


底力あります。

・・・


ブルズ、強さを見せつけております。
デン、ベン(ゴードン)、ノシオニのオフェンスが
コンスタントに機能すれば、勝てるかも。
ディフェンスの問題はほとんどなし。
ウェイドにはなんとルーキーセフォローシャが付いて苦しめていました。

ヒートはシャックのファールアウトとウェイドの本調子でない体で
がたついております。



・・・


ネッツ、ビンスがしょげた顔でプレーしているも勝利。
ラプターズは外のシュートが入り始めれば、楽でしょうが、
プレーオフ経験ありのモーリス・ピーターソンの怪我は精神面でちょっと痛いでしょう。

・・・


きょうは早くもゲーム2です。
ニューヨークも春のぽかぽか陽気がやっと訪れましたが、浮かれている場合じゃないのがプレーオフ出場チーム。
この時期エナジー全開で戦う選手達ですが、我々は花見に団子でお気楽観戦しましょう。(同調してしまうと見るだけでも疲れてしまうので)
[PR]
by chiesuzukihome | 2007-04-24 02:33 | NBA | Comments(2)
Commented by 愛罪屋 at 2007-04-25 11:19 x
ウォリアーズはノリノリですね.最後の最後で滑り込んだ勢いを
そのまま持続している感じですねぇ.後はどこまで持つかですか.
アップセットの可能性があるのはネッツですかね?個人的には
トロントにがんばってほしいのですが.
Commented by chiesuzukihome at 2007-04-25 15:19
愛罪屋さんこんにちは、
ウォリアーズ、楽しみですね。このまま突っ走って欲しいです。
呑ネルソンのおじさん、またポケットにBud Liteを忍ばせて、それを試合後の自分への褒美にしていそうですね〜。
トロントは21世紀のチームという感じですが、ニュージャージーへ行ってこのあと混戦しそうですね。
<< ファーストラウンド・ゲーム2 ニックス終了&マブスの弱点 >>