ブログトップ

CHIE SUZUKI HOME COURT blog

chiesuzuki.exblog.jp

痛たたた。

d0038897_9531852.jpg

(写真:いたたた。っていうかこんなに飛べます。グラント・ヒル)

d0038897_9534577.jpg

(写真:これこそ痛い。ステフォン・マーブリーのフローティングは・・・。)

d0038897_954923.jpg

(写真:おまけ。ロナルド・バークマンのアリウープ、二連発)

d0038897_2312598.jpg

(写真:7フッターの長さん、カナヅチを振るいボランティアに奮闘。その恩恵はマブスとの契約?)



(ニックス対マジック戦)

●痛すぎる仕打ち
マーブリーのフローティング(アーチ状に浮かせるシュート)を、ものすごいいきおいでブロックした、ドワイト・ハワード。
これで試合はニックスとほほの極致。

あまりにもブロックが凄すぎて・・・。息の根を止めるようなブロックショット・・・。
ニックスいたたた。
NYポストによると試合終了直後ロッカーに戻る時ボールボーイがハワードに聞いた。
「あれは絶対ゴールテンディング(舅の頂点から落下中のブロックは得点と見なす)だったよ。」するとハワードは「ごめんね〜」と微笑んだとか。

あれはゴールテンディングだったのでは?と言う質問にハワードは「審判が(OKって)そういったから、ゴールテンディングじゃない。」とにやついていた。マーブリー側は怒り収まらず、「あれはゴールテンディングだった。」と。ムッとしていた。(いつもムッとしているけど)

●ステージが高いお方
ロッカールームでのグラント・ヒルは、出来る限りメディアとは話したくないオーラが漂い、掴まった場合は当たり障り無いコメントを1分したあと「家族に会うから」と来ていなくてもそう言い訳し逃げています。もう、他の選手と生きている次元が違うようです・・・。足もまるで痛がってはいません。

●クエンティン・リチャードソン、たぶん今シーズン終了。気持ちは背中の手術に向かっている。怪我人続出、ロードゲームなど多くこのあとプレーオフ滑り込みはちょっと無理そうなニックス?


(ニックス対マブス戦)

●マブス相手にここまでできてすごいわ。としか言いようがありません。この日はエナジーとマーブリーのシュート(43点シーズンハイ)で大接戦を展開。
しかしやっぱり賢く戦うマブスにニックスは策無し。相手ディフェンスもスキなしだが、終盤での崩れたディフェンスで戦うのはあまりにも痛い。残り数分、マリークとジェフリーズではなく、カリーとバークマンを出場させた。バークマンはもちろん両サイドで畳みかけるような!エナジーを発揮するのだが、慎重なディフェンスをしなければならないポゼッションの時、やはり前者のお二人の方が私は信頼できる。(タイムアウトがなかった場合はオフェンスに前者を起用だとちょっと厳しいが)

103-105、2点差でマーブリーが打ったレイアップ、またもやブロック!されてしまった。
・・・あたりまえっすよ。ダークの目の前で素直にレイアップじゃあ。

というわけで、コワイもの無しのマブスに勝てたならこの先のロードも調子よかったかもしれないが、惜しかったな。これではニックス、プレーオフを諦めなければなりませぬ。


●で、そのマブス、往年の選手ケビン・ウィルスと10日間契約間近。
44歳のジーンズ屋さん、ときどきNBAのイベントに顔を出していた。04-05シーズン以降戦線から離れていたが、もちろんどこかと契約したがっていた。そんな矢先、このあいだのオールスターラスベガスでマブスのオーナー、マーク・キューバンと会い話が進んだそう。ワークアウトは欠かさなかったようで、月曜日の身体検査でパスすれば本契約となる。

エイブリー・ジョンソン曰く、役割を分かっているベテランだという。ビッグマンの練習台として、そしてときには数分出場しブロックショットをするのではないかと思われる。スパーズ時代ダンカンロビンソンのバックアップとして脇役を完遂したウィリス、今回も同様のプレーで望む。
先日Dリーグのメンサボンスが短期間契約の後解雇されたばかりだが(再びラインナップに復帰)、エイブリーは自チームのビッグマンにちょっとした不安を抱いているようだ。DJも膝の怪我だし。再びマイアミ・ヒートとファイナル対決の場合、アロンゾやシャックに対抗できるテクニック(経験)を持っていない、マブスの若いビッグマン達を教育しようとしているのだろう。
そのほかにもエルデン・キャンベルやアントニオ・デイビスも候補に挙がったそうだが、優勝経験&エイブリーともよく知った仲なので選ばれたようだ。
[PR]
by chiesuzukihome | 2007-04-01 01:58 | NBA | Comments(7)
Commented by Garnett at 2007-04-01 22:27 x
chieさん こんにちわ。
マブス強いですね。やっぱり格別。

ヒルの調子はもう完全な状態なんでしょうか
というかここ2、3年のNBAの状況しか知らない自分はヒルの
実力というかポテンシャルがどのくらいのものなのかあんまり
知らないんです。
たしかキャリアがスタートしたのはデトロイトでしたか??

それと10日間契約にはこういった選手の練習台なんていう目的も
あるんですね。
育成の対象となるのはたとえば誰なんでしょうか??

長々と失礼しました(笑) 
それではお体に気をつけて頑張ってください。
次の更新を楽しみにしています。
Commented by mari at 2007-04-02 11:32 x
chieさま、7フッターの長さんの写真とても微笑ましいです。これはオールスターでの撮影かと思われますがスーツ&革靴の上にエプロンがすてきですね。これからも楽しい写真達期待しております。
Commented by chiesuzukihome at 2007-04-02 13:05
Garnettさん、

グラント・ヒルはオールスターの人気投票全体で一位だったくらいプレー、人格ともに素晴らしい選手でした。そんな矢先に足の怪我で戦線を離れること数年。しばらくみな忘れていましたよ彼のこと。オーランドでひっそり復帰しながら実はチームの核とも言えるコート上のコーチのような役割してますね。

>練習台。
とはちょっと言葉が雑でしたね。大抵のベテラン選手はチームの統率を計ったり若手を説教?する役割が暗黙の了解です。それと先日あるビッグマンなベテラン選手は「オレは保険だからな」と話していました。ビッグマンはチームにたくさん居て困らないのです。相手チームにシャックやヤオのようなのがいればファールトラブルは必至。そんなときに頭数が居ることで助かるわけです。

若い選手はこの先成長しますが、ベテランはキャリアの最後を「与えること」で終了するほうが、その後の人生にも有利な気がしますね。(マイアミのような、ベテランを起用に使いこなせるコーチがいるところを除いては)
Commented by chiesuzukihome at 2007-04-02 13:09
mariさん、
更新怠りがちでしたが、写真を載せたいのは山々。ボツ写真が多すぎてねー。どっかで買ってくれるところないかしら。
というわけで、長さん、マブス入りするといいですね。きょうのマブス@サンズ戦、けっこう楽しかったです。ヒート@ピストンズと2戦ABCが放映。これは東西カンファレンスファイナル対決のようで、これからのプレーオフをわくわくさせるものでしたよ。
Commented by 愛罪屋 at 2007-04-03 08:07 x
ちえ様.お久しぶりです.
ウィリス長さん契約しましたね.大工姿なので見分けにくいですが,
まだまだインシェイプって感じです.ワークアウトしていたのでしょうか?
これだけ見てもベテランの存在感があります.
個人的には何番を着けるかがとっても気になります.43ですかねぇ.
Commented by chie suzuki at 2007-04-04 12:46 x
愛罪屋さん、
ウィリス長さん(笑)、応援してあげてください。
ジーンズ屋の方も順調で日本進出計画ありあり。
ワークアウトは趣味のようです。
背番号・・・42番がスタックハウス、年齢の44がクローシュア、で45番にしたそうですよ。
きょうのキングス戦はインジュリーリストで私服でした。ノビツキーも腹痛かなんかで欠場でした。ナゲッツ戦か、ポートランド戦から出場らしいです。
Commented by chiesuzukihome at 2007-04-04 13:19
ベテランを起用に→ベテランを器用に
でした!!
<< ニックス終了&マブスの弱点 エンターテイナーと演出家 >>