ブログトップ

CHIE SUZUKI HOME COURT blog

chiesuzuki.exblog.jp

その指輪、見せちゃダメ

d0038897_584153.jpg

(写真:ゆうさん(パトリック・ユーイング)、コート反対側の人物と会話中。帽子がお似合い)

d0038897_585980.jpg

(写真:その人物とはベンチで観戦のカート・トーマス。スーツがお似合い)

d0038897_592053.jpg

(写真:バルボッサの痩せた体はサンズにぴったり。昨年に比べ層も厚くなりファイナルへ行く用意は出来ている。)

d0038897_59406.jpg

(写真:中国のおねえさん、一輪車は3メートルくらいの高さ。底が上を向いた皿と下を向いた皿を交互に足の上に何枚も乗せる。)

d0038897_5102429.jpg

(写真:0.2秒後、片足に引っかけた数枚の皿を蹴って頭上に重ねてしまう。有り得ない曲芸。
マリオンの曲芸写真じゃなくて、これで我慢してください)


ショーン・マリオンのアリウープを撮ることが、フォトグラファーにとっての楽しみである。
周りのカメラたちは、ほら、こんなの撮れた、あ、ちっきしょ審判にまた邪魔された。なんて言ってサンズショーを楽しんでいる。
自分は、ナッシュを撮っていると、その0.2秒後にマリオンが飛んでいて、あっというまに絶妙なパスが通りシャッターチャンスを逃してしまうのである。
タイミング的にはサンズの写真を撮るのが一番難しいかもしれないが、フロアを広く使っているので、人物が重ならないで撮れるというメリットもある。

ロッカールームでは、記者たちの数が通常の2,3倍はいる。
サンズはメディアに対してオープンな雰囲気を持っているので、インタビューもし易くネガティブなストーリーもあまり生まれない。

ロッカールームの雰囲気で、このチームがどんな状態かが、だいたい想像できる。
サンズはリーグ一位ではないかと言うくらいなごやか。ナッシュの人柄、プレーなどが反映されているのだろうか。他のチーム、たとえば妬み、嫉妬、などがチームメイトの間で汚くバトルしてしまうと、せっかくの才能もひとりひとりの努力も実を結ばない。
リーダーの頭の良さが、チームを引っ張っているようだ。



翌々日のヒート戦、

この日はジャマール・クロフォードの大爆発4Q残り6分まででキャリアハイ52点という、快挙でヒートに勝利したニックス。
その後のミルウォーキー戦では同じタイプのモー・ウィリアムスの爆発で、ジャマールの小爆発が阻止された。モーとジャマール、ふたりに共通するのは「イノセント」。
ロバート・オーリーにも言えるのだが、「邪気の無さ」は、クラッチシュートに欠かせない。

しかし、煩悩にまみれながら生活していても「有り得ないくらい練習」したりすればその煩悩もどこかへふっとんでしまう。


・・・・・・ヒート戦

この日もゆうさん、観戦に訪れる。

なぜなのか、試合後ニックスのロッカールームよりも、ヒートのロッカールームに入り浸る。
それは、ニックスロッカーには誰も知り合いがいないから。ヒート側にはアロンゾがいるからであった。アロンゾはこの日風邪でスーツ姿。茶の光る素材。サングラス着用。君にしか似合わないだろう。

シャックのインタビュー中、ゆうさんが挨拶。「じゃあな」
シャックは「ちょっと待ってて〜」

アロンゾとゆうさんの絆の中に入ってゆくシャックであった。


d0038897_17481349.jpg

(写真:ウェイドショー、フロアの至る所に出没)

d0038897_17483936.jpg

(写真:シャック。いつもおもしろいジョークを言おうと企んでいる)

d0038897_17485865.jpg

(写真:アロンゾ。その指輪、ゆうさんに見せちゃダメ)
[PR]
by chiesuzukihome | 2007-01-28 05:10 | NBA | Comments(8)
Commented by mari at 2007-02-01 14:21 x
ゆうさん、懐かしいお顔です。悠々自適に過ごしていらっしゃるようでほっとしました。アロンゾのスーツとネクタイはすごいですねえ、それにしても指輪を見せびらかしているようですよ。
Commented by Garnett at 2007-02-01 23:29 x
こんにちわ、Chieさん。 お元気ですか??
サンズはいいですよね!アマレやらマリオンやらありえない
身体能力を毎試合見せつけてくれるしナッシュのリーダーシップが
なにより一番ですね!
Chieさんはサンズではどの選手がお好みですか??

それにしてもアロンゾのサングラスとスーツはすさまじいですね 笑
「ボス」って感じです
Commented by moto at 2007-02-02 01:21 x
chie様、お久~。昨日ようやくNHKのBSで我らがNYKの今シーズの姿を見ることがかないました(涙)。媚のいないレイカーズに勝ったものの、あんあにターンオーバー見せられちゃあなあ・・・。しけた顔でベンチに座ってる哀罪屋が画面に映ると、ほんまにトホホな気分になってしまう今日この頃。ゲーム中は常に立ち上がってダイエットコークを飲みつつ全身でアクションしていたJVGが懐かしいと思ってしまう旧世代の独り言でした。
しかし、DLはいい!ゴール下のタフなリバウンドは、思わず白いOAKか!と思ってしまいました。獏も2シーズン目にはもっと腰が据わるといいんだけどねえ。などと、来シーズンに思いをはせてしまう私です。
Commented by pip at 2007-02-02 16:08 x
chieさん、こんにちは。
マリオンのアリウープを狙うなんて、フォトの方々、わかってますね。マリオン、合わせがうまいんですよね。早くて、飛べるから、ファールされ難いし、あまり凄そうに見えないし。(^^;
アロンゾ、素敵な色使いですね。他のプレイヤーもできないし、日本人には似合わないでしょうが・・。日本にきた頃も○OOPでおしゃれさんBEST1でしたね。
ところで、kobeの出場停止、あれは故意に肘をぶつけてます!たしか2000年のc.finalでも、あきらかに故意に肘うちして、相手選手が出場できなくなったことがありました。そんなこんなで、我が家では、近所のすぐほえる犬に似ていることから、「わんきゃん犬(けん)」と彼を呼んでいます。fanの方々ごめんなさい。
Commented by chiesuzukihome at 2007-02-03 03:17
>それにしても指輪を見せびらかしているようですよ。

mariさんこんにちは。アロンゾの指輪、指から滑り落ちそうなくらいかなり大きかったです。ゆうさんも変わらず、そしていちだんと愛想良くなりましたよ。でもいつまで経っても人見知りなところもあって、ゆうさんだなあ・・・。と感慨深いです。
Commented by chiesuzukihome at 2007-02-03 03:25
>アマレやらマリオンやらありえない身体能力

Garnettさん、こんにちは。あれはありえませんねー(笑)どうしたらあんな風に飛べるんでしょうかね。現在マリオンは全盛期でしょうか。その間に優勝してほしいですが、ダラス、サンアントニオの壁はけっこう厚いですね。

>Chieさんはサンズではどの選手がお好みですか??

サンズはみんな素晴らしいですね。ディオウのプレースタイルはサンズの要とも言っていいですね。この人の中からのパスがなければサンズはそれほどでもないってくらい。それからラジャベルも今やなくてはならない存在感があります。ナッシュは言うまでもなく現在ナンバーワンポイントガードでしょう。あの体制からのパスなど、信じられないですね。アマレとマリオン、それからJJは地味ですがこの選手もサンズにぴったりはまっている選手ですね。長身ながらスリーも打つ、走る。バルボッサもなくてはならない存在です。ってみんなすごいってことでしょうか。(笑)
Commented by chiesuzukihome at 2007-02-03 03:36
>DLはいい!ゴール下のタフなリバウンドは、思わず白いOAKか!

motoさんこんにちは。とうとうBSで放映したんですね。おめでとうございます。NHKの方〜、NBAの放映増やしてくださいね。
White Oak ですか。素晴らしいあだ名!!DLはシックスマンアワードとMIPを一緒にとってもおかしくないくらいスゴイ選手になったですよ。
NYKのリバウンドはリーグ一多いのですが、それの殆どはDLのおかげですね。リーはオールスターの2年目チームにも選出されて、昨年の屈辱を晴らしましたね。(昨年はフライのルーキー選出、ネイトのダンクチャンプでリーだけお家でテレビでした)若いのが着実に成長しているNYKですが、オールドファンに対してもうならせて欲しいですね。
Commented by chiesuzukihome at 2007-02-03 03:46
>「わんきゃん犬(けん)」と彼を呼んでいます。

pipさん、こんにちは。わんきゃん犬(爆笑!)です。(ファンの方すみません〜)
媚さんはシュートの時よく腕を広げる動作、していますね。で、今回不運なことにそこにジノビリの顔面があったということでしょうか。故意なのか故意でないのかはわかりませんが、こういった危険な動作でけが人が出ることを恐れてリーグは出場停止にしたのでしょう。きのうはレブロンがウェイドに対してファールしようと腕を首に回したのですが、これは故意ではないようですが、危ない行為としてリーグで何らかの話題には上るでしょうね。でもレブロンはさすがに「わんきゃん」啼いていませんでしたねー。
<< 平衡感覚が狂います。 ニュージャージーからブルックリンへ。 >>