ブログトップ

CHIE SUZUKI HOME COURT blog

chiesuzuki.exblog.jp

終着駅はデトロイト

d0038897_82254.jpg

(合成写真:クリス・ウェバー、デトロイトに籠城。)

ちょっと失敗したけど、こんな感じでしょうか?
ブルーのほうが似合いそうですね。

ウェバーにとってピストンズは地元という意味と優勝に近いと言う意味では最高の土地でしょう。(一部のFab Fiveファンはまだウェバー・タイムアウト事件を許していないらしい)

チャウンシーも歓迎のコメントを出しております。
「今まで一緒にプレーしたなかで最もパスのうまいビッグマンになりそうだ。・・・・・」
I’m excited, man, I’m excited.”

とべた褒めですが、先日の発言は何だったんでしょうか。


そして、この日対戦相手だったウルブスのガーネットは、
「僕が見ていて大好きだった、かつて最も素晴らしかったコンビだよ。」

とラシードとウェバーについて語る。
彼らふたりは95年のルーキーシーズンにワシントン・ブレッツで一緒にプレーしていた。「これだけは言えるのだけど、このふたり、ハイポストとローポストでどれだけうまいことパスが通るのかを見たい。パーフェクトフィットだと思う。対戦相手としてではなくて、ファンとして。どう実戦するのか楽しみだよ。」

とお気楽なことをゆっておる。
きっと羨ましかったんだろうなあー。
ガーネットにも、誰か与えて。

ウェバーがやはり、スターティングセンターでしょうか。
そうなるとショットブロッカーがいなくなる心配もありますが、ジム・オブライエン先生に因れば、ピストンズが多用するゾーンディフェンスにはウェバーはよいと言っております。というのも、ディフェンシブでなく足ののろい彼にとって、ゾーンを敷けばあまりそれが目立たないからだとか。(ぷっ)
それとサンダースのオフェンシブな作戦には素晴らしく活躍するであろうな。

ただ、ここんとこピストンズにはケミストリー問題が上がっていて、これがウェバーが入ったことによって、もっとめちゃくちゃになりはしないかと、それは心配でありますが、チャウンシーさんについて行ってください。
[PR]
by chiesuzukihome | 2007-01-16 12:46 | NBA | Comments(4)
Commented by Gernett at 2007-01-16 15:47 x
こんにちわ、Chieさん。 ピストンズですか~ 
となるとやっぱりセンターになるんでしょうね。きっと 
ベン・ウォーレスがブルズにいってしまってから少しインサイドが
さみしい感じだったので選手の層が厚くなったと思います。

でもたしかにチーム内のケミストリーはどうなるんでしょうかね?
雰囲気がよくないだけならまだしもウェバーが加入して悪化して
しまったら・・・
Commented by 愛罪屋 at 2007-01-16 16:34 x
いやぁ.ピストンズですか.個人的にはフィットすると思います.余り早く動けないCWebbにとってハーフコートバスケットチームは良いのではないでしょうか?また,自分が1stオプションにならなくても良いチームですし,だいぶ考えて決めた様ですね.

ところで#4はデュマース先生の番号ですし,#2もチャックデイリー大先生の欠番ですから,おそらく#44(コールマンには義理立て不要でしょ?)をつけるのでは無いでしょうか?
Commented by chiesuzukihome at 2007-01-17 09:10
>ピストンズですか~ となるとやっぱりセンターになるんでしょうね。きっと 

Gernett さんこんにちは。
とにかく、選手たちが楽しくプレーしてくれるのが一番いいですね。傍らでマルコヤリッチとピストンズのビッグマンの誰かとトレード話があるようです。
つうことで、ガーネットを助ける大男がとりあえず手に入りそうです。マクダイス、ナジー、デイルの誰かではないかと思うのです。

とりあえず、ガーネットのシュートをし易くするために働ける人材確保。というかんじでしょうか。。。
マルコはサンダースコーチが去ってから幸せそうではなかったので、ちょうどよいかな?

Commented by chiesuzukihome at 2007-01-17 09:20
84番に変えましたよ。>愛罪屋さん。
そうそう、4番はデュマースでしたね。ウェバーの甥っ子6歳が考えてくれたそうです。ハッピーになる番号だとか。
バスケット的にもサンダースにマッチしそうですね。
健康にも問題はないと言っていますが82試合すべてプレーしたことはないくらい、休み休みやってなんとか元気にプレーしている状態でもあります。地元に帰って精神的に落ち着いたら体のほうも、よくなっていくことを願います〜。
<< ニュージャージーからブルックリンへ。 2007年亥年おめでとう。 >>