ブログトップ

CHIE SUZUKI HOME COURT blog

chiesuzuki.exblog.jp

優勝への道・・・。

d0038897_9314642.jpg

(写真:アロンゾモーニング、優勝への執念)
d0038897_13115575.jpg

(写真:パット・ライリーが創り上げたマイアミヒート。)


優勝です!!!!!!!


ゲーム6で決まってしまいました。
なんと下馬評では不利、記者たちもマブスが優勝と見ていたのですが、
マイアミヒートが優勝を果たしました。

これがいったい、なぜなのでしょうか?
???

勝率5割なんぶ程度のチームが、あのスパーズを破ったマブスを玉砕なんて、
そしてヤングブルズに手こずり、多彩なマブスに二連敗し、がたがただったあのヒートが優勝ですよ。


ゲーム6は、マブスが二桁リードを守れなかった。

ノビツキーに対するウドニス・ハスレムのディフェンスは超一流だったし、ジャンパーも入れていたね。ジェームスポージーはゲーム5でいいディフェンスとオフェンスを展開していて、試合前スリーポイントを9割方入れていたのできっと今日はジャンパー入れてくれるな。なんて思った。こういうロールプレーヤーって優勝チームにいてくれないと困る人材。きょうは大事なスリーポイントを叩き込んでくれていたし。

アントワンも正確なジャンパーが目白押し、あのアントワンジグル、寝ながらやっていた。そしてジェイソン・ウイリアムス、試合終盤ペイトンのほうは審判に口答えなんかしていたのでジェイソンがポイントガードとして仕切っていたね。

シャックのフリースローは、とほほだったけれども、
ディフェンスを引きつけ外へパスを出し、フロアの中心になり、そしてウェイドを踊らせた。ウエイドはもうすでにジョーダン級のスーパースターですね。

マブスは、ほぼ完璧な作戦をもつ優れたチームだけれども崩れ方が際どい。
ヒートのディフェンスのよさに壊れてしまったのだけど、ノビツキーは前の試合のタイムアウト事件後から、感情的におかしくなっていましたよ。ぜったい。この悔しさを上手く使う方法はあるのだけれど、その引き出し方が間違った方向へ行ってしまったようです。若さがこの辺に露呈したのかもしれない。


ヒートにはロールプレーヤーに徹する若手とベテランの教え、そしてふたりのスーパースターがいる。

ヒートには何かがあるのです。

その何かとはやっぱり、ウェイドが原動力の何か。

これはね、ウェイド次第なところがあるヒート。
でもロールプレーヤーの地味な仕事っぷりがすごく気になります。
さっきも言ったハスレムとポージー。
見ていると汚れ仕事はすべて任せろってな気合いが、そこかしこに感じられます。

パット・ライリーの持つ何か。

このいさぎよい、そして年寄りになったという証拠なのか、
ある程度さばけた考えを持っている。おおざっぱに諦めるところは諦め、
適当なところもある。
ウエイドが時々パット・ライリーのコールを無視して適当にやっているところが
実はすごく相手にとって脅威なのではと思う。
ウエイドは勘に頼ったプレーやギャンブル的なプレーが多い。
本来ならばこうしろよ。なところをイレギュラーな仕事をしてくれる。

もしこれが、ヽ(。_゜)ノラリ爺ならば無理矢理にでも矯正するであろうし、
正しいバスケをするであろう。
しかし、ライリーはある程度見放して、まいっか的な観点で試合を見ている時がある。

ここがヒートのすごいところだと思う・・・・・・。


この辺は研究対象にさせてもらいます。


しかしアロンゾのブロックショットはキョーレツでしたわ。

とにかく優勝おめでとう!!!!!!!!!!!!

うぎゃ〜〜〜〜〜。
[PR]
by chiesuzukihome | 2006-06-21 13:49 | NBA | Comments(8)
Commented by moto at 2006-06-21 16:44 x
家に帰ってHDをチェックする前に、日刊スポーツWebを見てしまった(泣)。。。。
マイアミ優勝、NYKマニアとして感慨深いっすね。G4のNHKBSでEWやティム・ハーダウェイが映った時は、黄金の'90MSGでの激闘を思い起こしてしまいました。GT33コネクションのZOよ、本当によかったのう。Pの字も、AWも、ついでに元NYKのSAもMDもまとめておめでとさん!しかし、JWがスターターのチームがリングを獲得するとは思わなんだ。3の使い方も含め、CHIE様の言う通り、ぱっと爺とらり爺のスタンスの差をしみじみと痛感させられますね。last shotを任せられる男DW、こんな奴がガーデンに欲しい・・・(誰が指揮するかってのもあるが)。
Commented by madu at 2006-06-22 03:04 x
あ〜〜〜〜( ̄○ ̄;)


優勝してしまいました。。。ひーと

これはダラス寄だから残念とかじゃなくて絶対Game7までもつれるだろ〜って思ってたんす(-.-;)

でも今シリーズではライリーの凄さを見せ付けられた感じっす

Game3の勝利から徐々にDから建て直し、Game6ではもうオフェンスも完全に建て直してまるでGame1とは別チームに。。。

Game4以降に建て直したひーとの堅いDがダラスの詰めの甘さを付いてきたんでしょうね
Game5の残り1分辺りから。。。

シリーズの流れの中でゲームスタイルを修正させていったひーとと固持し続けたダラスって感じがしますわぃ

ジョシュやマーキスの若いなぁってな場面もありましたしね

とりあえずはひーとおめでとう!!


でもペイトンとかモーニングは引退しちゃうのかな?

Commented by 愛罪屋 at 2006-06-22 08:03 x
マイアミ勝ちましたね。ウェイドの活躍は往年のジョーダンを彷彿させるすばらしいものでした。インサイドを使わない(別にシャックが衰えたという訳ではなく)でもゲームになるという点で新しいスタイルができたのでは?ハスレムのディフェンスは最高だと思います。あれがドラフト2順目だなんて。。。。
Commented by mari at 2006-06-22 09:09 x
mariです。取材おつかれさまです。
ヒートの優勝とは、驚きましたね。レギュラーシーズンは西のレベルの方が遥か上だったはず、ピストンズが最高勝率ではあったけど、サンズ、マブス、スパーズのレベルの高さはヒートなんて相手にしていなかったのでは?とにかくおめでとうおめでとう。です。
Commented by chiesuzukihome at 2006-06-22 12:11
>家に帰ってHDをチェックする前に、日刊スポーツWebを見てしまった(泣)。。。。

motoさん、こんにちは。このブログも思いあまってネタバレバレしてしまいました。試合見る前にここで結果知ってしまった人がいたらごめんなさい。
黄金の90年代、ティムハーダウェー、いい選手でしたなあ。アロンゾがいてPJブラウン、マッシュバーンなんかいたかしら。アロンゾがLJにパンチ事件、思い出すと大笑いです。
そんな歴史を通過した、大手術を克服したZOですからね。
優勝おめでとうです。
Commented by chiesuzukihome at 2006-06-22 12:15
maduさんこんにちは。
そうですねゲーム7までみっちり見たいですね。早くに夢が覚めてしまう。という悲しさはありますね。ヒートのDの立て直し、よかったのでしょう
。ほんとそれにしてもジョッシュハワードはすごい選手ですね。彼の成長、どんな選手になるのかこれから楽しみですわ。かなり変わった男のようですが、彼も研究対象になりそうですー。
Commented by chiesuzukihome at 2006-06-22 12:18
愛罪屋さんこんにちは。
ウェイドはジョーダンを彷彿とさせる。そのとおりですね。彼一人がいるだけで、詰めが甘くてもなんでもとにかくシュートをどんな体制からも入れてしまうキョーレツさがありました。
ハスレムのディフェンスは超一流でしたなあ、ちょっぴりやくざな顔が強靭な精神を表現しております。うむ、ゲーム6は100点満点でした。彼。
Commented by chiesuzukihome at 2006-06-22 12:20
mariさんこんにちは。
まさにそのとおりです。私も西のレベルの方が劇的に高いなあと、事実上のファイナルはスパーズマブスだと、
いやみんなも思っていたはず。でもでもやっぱりヒートには「なんか」あるんです。なんか。なんか。言われてもわからないかもしれませんが、やっぱり神懸かりなウェイドもそのひとつ。でしょうか。
<< ニュースフロムニューヨーク マイアミヒート! >>