ブログトップ

CHIE SUZUKI HOME COURT blog

chiesuzuki.exblog.jp

さかな・チョップ

ダラス対フェニックス、
ゲーム3が終わりました。


サンズはこの試合もラジャ・ベル欠場。
7人で回している状態で、ブライアン・グラントやカート・トーマスはDNP。

しかしきょうは全く走れなかったサンズ。
マブスのスローペース、ハーフコートにやられた。といっても前半はそれでもゴール下のシュートを入れるなどで、52-47でサンズリード。

ところがだね、3Qあたりから登場したサガナ・ジョップ、ゴール下にいるだけでもサンズのシュート率をがくんと下げ、長い腕はボールがリムへ向かうのを阻止。25分の仕事っぷりは効果的だった。
ティム・トーマスが何とかジョップを外へ引き寄せるも、後半のサンズはまな板の上の魚のように、身動きが取れず包丁を入れられてしまうのだった。

マブスはたくさんの答えを持っている、バリエーションのあるチームだ。
サンズのファストブレークは4。得点は84点。
これではサンズではない。
かといってビッグマンを出場させるつもりもないらしい。

デ・サガナ・ジョップ DeSagana N'gagne Diop
セブンフッター/24歳/NBA5年目/高卒・オークヒルアカデミーHS/語学堪能
[PR]
by chiesuzukihome | 2006-05-29 13:16 | NBA | Comments(25)
Commented by ネリ at 2006-05-29 13:17 x
面白いですねwwww
Commented by mari at 2006-05-30 10:39 x
サガナジョップの活躍でサンズ魚が死んだのですね。でもゲーム4には生き返るでしょう。ヒートとピストンズもどうなるかしらー。ぱっとライリー先生、期待してますよ。
Commented by moto at 2006-05-30 12:59 x
今年のPOを見ていると、ラリ爺スタイルはやはり時代に適合しないのかな〜という現実と向き合わされる。いや、それより何よりPGの自制心って大事だよな〜。さてどうする、どうなる、我らがNo.3・・・。
Commented by chiesuzukihome at 2006-05-31 07:35
ネリさんこんにちは。
反応してくれてありがとう!また来てくださいね。
Commented by chiesuzukihome at 2006-05-31 07:37
mariさんこんにちは。
サンズ魚はいったん死にましたが生き返るでしょうか?あと3時間ではじまりまーす。ライリー先生、ファイナルへ子供たちを引き連れて・・・・、弱いと思っていたマイアミですがプレーオフにこんなにアジャストしてくるとは、おじさんすごい!
Commented by chiesuzukihome at 2006-05-31 07:47
motoさんこんにちは。
ラリ爺、不憫です。ラリ爺スタイルは3年は持つでしょうが、プラスアルファ走る場面やアイバーソンじゃなくてもちっこい選手が切り込んでいくスタイルも取り入れて、攻めまくってみるスタイルもアレンジしラリ爺α(アルファ)を完成させるという手もあるのかな?これがもしかしたらアイザイアがしたかったことかもしれないし・・・・。
自制心・・・チャウンシーやナッシュのそれは限りなく完成に近い形ですね。
マブオもここはひと肌脱いでほしいぜ。
Commented by madu at 2006-05-31 10:50 x
お疲れ様ですmaduです!
ジョップいいですよね〜走れるビックマン!サンズは何でSハンターを出しちゃったんでしょうね〜あーもったいない( ̄○ ̄;)

レフェリングはペリメーターの選手が有利な感じに変わってますよね。これはしゃ〜ない(^_^;)
ライリーもこのルール改正がなかったらウェイドが1stオプションになることもなかったって記事がありましたょ確か先月位の某紙に

だからブラウンもこれを理解して欲しいしアイザイアも忍耐強くそれを紐説くベキですよ!
簡単にクビにしてほしくないっす!

堅いDが根底に必要なのはいつの時代も変わらないわけだし

ピストンズも速攻&3P&ピックアンドロールを取り入れただけで全然変わったわけだしだしだし

まぁ今シリーズではなんか揉めてるみたいだけど〜(^_^;)

その辺の情報も何かあったら是非お聞かせ下さい!
よろしくお願いしますm(_ _)m


Commented by moto at 2006-05-31 11:44 x
http://sports.espn.go.com/nba/news/story?id=2463377

マブオよ、口に出したらやってくれ!!!!
Miracle NYKの明日はどっちだ!?
Commented by chiesuzukihome at 2006-06-01 14:06
maduさんこんにちは。
スティーブン・セブンフッター・ハンターですかい?なかなか良い選手ですねー、シクサーズは彼とダランベアでがっつりツインタワーできますね。彼がサンズにまだいたのなら魚に対抗できていたでしょうかね。きっと。
Commented by chiesuzukihome at 2006-06-01 14:06
>アイザイアも忍耐強くそれを紐説くベキですよ!
そうですねー。ほんと。フィリップ・サンダースコーチがピストンズにがしがしとオフェンス教え込んでいるのは良いことですわ。ただベンウォーレスに関しては元どおりディフェンスだけの男にしてしまっていることが、今年のピストンズの弱点になってもいるようです。強固なディフェンスにプラスアルファ、ウェイドをやっつける方法。プラス「ベンもオフェンスするよ」っていう了解のあるオフェンス。があれば、サンダースでもファイナル行けるんじゃないのかなあと考えますが、どうやら選手たちがサンダースのことを信用していない。というところまで事が達しているようです。(ここからは想像)それはやっぱりラリ爺のせいなんじゃないかなあ?去年までの完璧主義、名匠がこだわるディテールをサンダースではできない。その芸術的ともいわれる(私が勝手に言っている)ひとつひとつの絶妙なゲームの運び具合。プレーオフ、切羽詰まって来てきっと今頃それらを思い出しているんじゃねえの?ってな気がいたします。う〜ん。
Commented by chiesuzukihome at 2006-06-01 14:24
motoさんこんにちは。
「俺はKNICKとして死にたい。」とまでおっしゃったそうですね。Knicks Loveなマブオ君。そんなに愛しているのなら、ニューヨークにとどまりなさい。ってドーランに言われたか?
しかしもうひとりニューヨークとガーデンを愛してやまないひとりの爺さんもここにいます。その爺さんだって「ガーデンで指揮するのはわしのドリームじゃ」なんて言って「ここはわしの最終駅じゃとわしは知っている」っとまでおっしゃっていましたよね。アイザイアもそう言わせていましたよね。そんなにニューヨークを愛してやまない、俺様と爺、そこに得体の知れないアイザイアとドーランのラブラブぶりはどうしたって、茶番劇でしょう。
Commented by chiesuzukihome at 2006-06-01 14:24
それと、ある芸術作品を、それは時代に則していないからやり方を変えろ。と言われたら、芸術家だったらぜったいいやじゃ。と言いますね。「やり方を変えたらわしの芸術作品は出来上がらないのじゃ。」わしの作品はわしのやり方で創る。というのが正解のような気もいたします。やっぱり折衷案ほどどっちつかずなものはないのですよ。さっきと言っている事が違うんですが、アイザイアの言う通りにしたらあまりにも芸術家爺がかわいそうかも。そう、魂を売った芸術家にならないといけないのでしょう。よってラリ爺アルファ案はなかったことにしてけろけろ。
Commented by chiesuzukihome at 2006-06-01 14:43
書いている途中でがらりと意見が変わってしまいました。
やっぱりこれってむずかしー問題なんでしょうなあ。
maduさん、どう思いますか?私は今いきなり!!爺がかわいそうに思えて来ちゃったよん。
Commented by 愛罪屋 at 2006-06-01 15:33 x
ぷれいや時代のトーマスを尊敬していたモーメントがだんだん薄れていく今日この頃。アメリカの阪神地区(?)のニックスには、これからももめて欲しいと思ったりして。。。ニックスファンごめん。
Commented by madu at 2006-06-01 17:43 x
例えば、マイアミ。いくら衰えてきたとはいえコート上でリーグ1の支配力を持っているのはやっぱりシャックですよね?でもなんでシャックが現在1st オプションじゃないのか…?

もちろん時代&ルール改正の流れですけど、それだからってライリーが非難されてるかって言ったらぜんぜん違う。

ライリーは今勝ってますよね?それにライリー自身もひとつのスタイルを貫くことはしてませんし。
一昔前のヒートでもその前のニックス時代でもあくまでインサイドゲームがライリースタイルって言われてたくらいだし。(まるで今ブラウンが好んで使ってるスタイルそのもの。)

Commented by madu at 2006-06-01 17:44 x
それはあくまで当時のルールに合わせたスタイルな訳で、ルールが変われば有効策ももちろん変わってくる。それはもちろんゲームの勝敗にもかかわってくる。だからルールに合わせたスタイルを作る。

そういうことだと僕は思うんですよねー。
要はいかに勝つか?状況にあわせてそれに応じたをバスケすることが大事なんじゃないかと…。

新しいルールの中で勝つ方法を見出すことは別にプライドを捨てることではないと思いますよ?一番大事なのは勝つことなんですから。

もしブラウンが新しいスタイルを用いることをプライドの問題とか思ってるようなら、勝つために犠牲を払えないようならブラウンはもう勝てないコーチだと思います。優勝コーチも糞もあったもんじゃない。

ブラウンがやってる事は時代遅れって言ったらまさにそのとおりだと思います。
年齢も程近いであろうライリーが時代に適性取れててブラウンが取れてない。それだけの話だと思いますよ。だから後はブラウン次第な気がします。選手たちが非難したくなる気もわかる気がしますよなんか…。

Commented by madu at 2006-06-01 17:47 x
だから極端な話で


「NBAは明日から国際ルールに戻しま~す!!」


とか言うんだったらブラウンのスタイルでぜんぜんokなんですよきっと。


でも違うじゃん…!

今のルールではペイントよりもペリメーターの選手の方が有利なんだから小さい選手はどんどんドライブして大きい選手はキックアウトパスからのミドルレンジ。それからピック&ロール。

これじゃないっすかね。今までと逆で

小さい選手はより中へ、大きい選手はより外へ。


う~ん名言っぽい!!
確かにハリスやスタックハウスがドライブするからノビのミドルが決まってスタッツ上昇。ダンカンはスペース作ってパーカーはガンガンドライブ。結果スタッツ上がってオールスター…。

もうなんかここまで言えば答えは見えてるような気が…。

まぁあくまで僕の持論ですよ!!国際ルールでしかバスケしたことないんでNBAルールのことはそこまでわかりましぇ~ん

Commented by chiesuzukihome at 2006-06-02 06:04
愛罪屋さんこんにちは!
プレーヤー時代のトーマス・・・・ふむふむ、なんだかそうですねー、尊敬が薄れるとはもっともです。アイザイアが日本に来たとき文句なく「すごい!!」とおもいましたよ。アシックスの宣伝で代々木かどこかで、クリニックを行ったのですが、指一本で地面とボールの距離が5ミリのドリブル!には驚きましたよ。選手としては文句なく凄いです。
Commented by chiesuzukihome at 2006-06-02 06:12
maduさんありがとうありがとう!たくさん書いてくれて嬉しいです。
そうですよね、プレースタイルを時代に則してアジャストしていくことが大切ですよね。
>小さい選手はより中へ、大きい選手はより外へ。
私もそう思いますよー。ふむふむ。名言ですね。(納得)
それと同時に言いたかったのは、ラリー・ブラウンという人間の特性です。
完璧な完成系を作りあげるには苦節数十年とかかっていてそれを新チームに持ってきて最初の一年では下地作り、二年目は実践、三年目は完成系に限りなく近い形。だったとして(爺のばあい)そのなかで時代に則したやり方を取り入れるのが一番いいのですが、それはあまりにも難しすぎる。完璧主義の人間にとって。ってな気がいたします。ぱっとライリーがちょっと違ったのは、自分の弟子(スタン・バンガンディ)のバスケを立場上客観的に見る事が出来たから。なのかなあ。と、シャックとスタンを迎え入れた地点では今までの手法でいけそうだったのでしょうが、リーグが変わってきて、そこに時代を取り入れることをパットはやってのけたのだと思う。そのかわり完成度が低い、かもだけどそこは現地点バラエティに富んだ脇役が仕事してくれてなんぼでしょうか。
Commented by chiesuzukihome at 2006-06-02 06:12
もしファイナルがサンズ対ヒートになったと仮定して、そうなるとシャックを座らせて走るヒート。というオプションも成立する訳ですが(ここが新しい)、走る場合とうていサンズのほうが競り勝つでしょう。というもの走るに関する「完成度」はサンズのほうが高いのです。ところがヒートはシャック主体のバスケももちろん用意している。こうやってオプションをたくさんつくっている「フレキシブルで多彩」なほうが、たった今!現在の状況では有利なのかも?と言う気がしているのですが、しかしながらも最終的には「完成度」が高い事がプレーオフバスケでは重要かもと、ラリ爺やポポビッチは完成度を上げて初めてあれが完成しているというか。
そうはいってもラリ爺、、、緻密な完成度よりもフレキシブルさ、というスタイルになってしまうと、なんだか爺のバスケじゃなくなりそうで。これから「フレキシブルの完成度」を上げるにはとうてい長い長い年月がかかるのではと。
まったくmaduさんのお話には異論はないのですが、どちらかというと私も爺にアジャストしてほしいと願っているのですが、(ノд-。)
人間ラリ爺65歳を考えるとなんだかかわいそうに思えて来てしまったのです・・・。
Commented by mari at 2006-06-02 11:56 x
爺さん、果たしてアジャストするのでしょうか?それとも?
お二人のご意見には賛同いたします。
プレーしている方のご意見、貴重ですねー。
がんばれ爺、負けるな爺。
Commented by madu at 2006-06-03 05:26 x
すいません。ダラダラと長く書いてしまって。ニックスのこととなるとつい熱くなってまって…(ノ∀`)
これからも熱く語らいましょう!勝手ながらリンク貼らせて頂きました。よろしくお願いします。

ピストンズも走り出して、スパーズも敗退してしまった今、NBAはルール的にも新しい時代に突入している所だと思います。

なのでどのコーチが一番早く新しいスモールバスケットで完成度の高い優勝チームを作るか…?
今は二つのスタイルがクロスフェードしているような段階だと思うんですよね。

ブラウンなのか?ライリーなのか?Pジャクソンなのか…?はたまたダントーニ???

ヒートはプレーオフに入ってからチームの完成度も上がってきてる感じがしません?シャックがいなくてもある程度勝てる見たいな空気もあるし…。やっぱり一番乗りはライリーなのかな?
Commented by madu at 2006-06-03 05:26 x
>ラリー・ブラウンという人間の特性

うむ…。難しいですよね(;-_-+頑固というか…。

でもNBAはプロバスケなんだからアジャストしてくれないと困ります!途方もないお金が動いてるんだし…。これはニックスロースター全体にも言えることですけど…(◎-◎;)

でもなんかニックスにはまるでスター☆が二人いるかのようですね…( ̄□ ̄;)!!

二人が歩み寄ってくれればいいんですけどね。いまいち踏み込めないみたいな…?

「仲良くしようよ~ゴメンネ?」

っていう一歩が出ないみたいな…

勇気が出ない…恥ずかしいみたいな(笑)

あ、でもフランシスもいたんだった…(笑)

う~ん   問題山済(ノ∀`)タハー


今のところはアイザイアのギャンブルが裏目に出てるっていうくらいに考えておりますよ。僕は。やつはギャンブラーですからね(・∀・)

も~みんなの期待を裏切らないでくれよぉ~い!

ブラウン負けんな!!!!!!!

Commented by chiesuzukihome at 2006-06-04 12:08
>プレーしている方のご意見、貴重ですねー。
mariさん、そうなんですよ!
プレーしている方は選手の気持ちなんかがわかるでしょうし、
知識が体に染みついているとかね。
これからも書き込んで貰いましょうね。
Commented by chiesuzukihome at 2006-06-04 12:21
>これからも熱く語らいましょう!勝手ながらリンク貼らせて頂きました。よろしくお願いします。
maduさん、熱く語りましょう!がんがん述べてくださいね。
ここは特に制限なしですから。
見ましたよー、ブログ、ミュージシャンなのですね。クレイグ・ディビッドはいいですよね。ああ、蠍座なんですね。私もですわ(笑)。情熱といえばサソリですね。(´ー`)ありゃ宣伝していただいているようでありがとうございます。こちらもリンク作っておきますね。
>でもNBAはプロバスケなんだからアジャストしてくれないと困ります!途方もないお金が動いてるんだし…。
そうですね、ビジネスしないといけませんよね。よくマイナーリーグとかで悲惨な現場を目撃していますので、やっぱり働いた分だけ支払える世界になって欲しいですよ。選手はものすごいミリオンダラな努力をしているわけですからね。コーチしかり。
というわけでこれからも宜しくお願いします。(ノ≧∀≦)ノ
<< ファイナルへの道 へとへと〜。 >>