ブログトップ

CHIE SUZUKI HOME COURT blog

chiesuzuki.exblog.jp

カンファレンスファイナルへの切符

を手に入れたのは、



ピストンズと、
ダラス・マーベリックスとフェニックス・サンズでした。

スパーズ対マブスはほんとうに激戦でしたよ。
おもしろすぎて瞬きができないくらいだった。

ありゃ、どっちが勝ってもおかしくないくらいで、オーバータイムに持ち込んだのはやはりダークのファールをもらいながらのレイアップでのスリーポイントプレー。(ジノビリが腕を叩いて来たのがラッキーだったと、ダーク)
ダンカンもインサイドアウトサイドゲームで敵なし。だったのだけど、終盤のサガナ・ジョップのディフェンスの前には簡単そうな(難しいはずですが)バスケットの真ん前でのショットを外してしまったり。
が、マブスのひとりひとりは、全員が普段以上の力を出していたと思われる。そうハッスルプレーがスパーズよりも上を行っていた。
エイブリー・ジョンソンを尊敬します〜。

ピックアンドロール、ダークの一対一などなどは基本だけど、ジェイソンテリーのよく入ったジャンパー(出場停止後で爆発)、バンホン坊ちゃんやスタックハウスがジャンパーを外さなかったことは、オフェンスバリエーションが豊富で勢いとテンポが衰えなかった秘訣。
ベンチバリエーションがなかなかなのはやっぱり金持ちチームの力?

それと年中無休のジョッシュ・ハワードのジノビリへのディフェンスと、
身体能力のあるサガナ・ジョップのダンカン密着対策は、スパーズの核を突いていた。

フィンリー、か可哀想・・・・・。

さて、サンズ対マブスはどうなる?

そしてピストンズ対ヒートは?
[PR]
by chiesuzukihome | 2006-05-23 14:52 | NBA | Comments(2)
Commented by madu at 2006-05-24 09:36 x
chieさんこんばんわ
マブスのタレントの多さは今に始まった事じゃないけどそれをまとめるAJが凄いですよね。スタックがベンチスタートを受け入れるのも頷けますわ…

まだ現役を退いて間もないだけに説得力があるんでしょうねきっと
我がニックスにもあーいうHCが来てくれるといいんですけど…チークストか…

特に必見はジョップでしょう!相変わらずファール多いけどDALの課題だったゴール下の汚れ役をダンピアーと共にしっかりこなしてますし
ノビのスタッツがここ数年軒並み上がってるのも奴らのお陰ですね!
なんかDALもPHXみたいに選手を再生しだしてる気が…


Commented by chiesuzukihome at 2006-05-25 13:48
maduさん、ニックスにもあのようなヘッドコーチ必要ですね。ふむふむ。そういえば、1999年のファイナル、スパーズ対ニックス、MSGで決勝点を入れたのがエイブリーでしたよ。あのスリーポイントにも満たない、ラインよりもだいぶ前の方で、壊れたクロックを見つめながら・・・。(懐かし)
話が逸れましたが(笑)、ヘッドコーチいったい誰になるんでしょ。まあ見物です。エイブリー的なコーチと言えばそうですね、チークスやドッグリバースでしょうか。しかしエイブリーはやはりポポビッチ&丼ネルソンの横でプレーして来たのはコーチ人生にとって大きかったのかも。
>なんかDALもPHXみたいに選手を再生しだしてる気が…
うむ、そういう気もしますねー。やはりポジティブな風がどこかから吹いてくる、そんなバスケなんでしょう。この2チームは。
<< へとへと〜。 大激戦 >>