ブログトップ

CHIE SUZUKI HOME COURT blog

chiesuzuki.exblog.jp

キャブス@ウイザーズ、ゲーム6

ネタバレ


今年のプレーオフはなんだか凄い試合ばかりです。
ウィザーズ、なんであんなにシュートが入るのじゃ、と思うようなオフェンスマインドの強い選手達、
ギルバート・アリーナスはもちろんのこと、
カロン・バトラーもどこからあんなエナジーが沸き起こるのか(キャリアハイ20リバウンド)
アントニオ・ダニエルズのスピードあるレイアップ、
アントワン・ジャミソンのシュート力、と
東のチームとは思えないオフェンス力だが、

この試合ももうちょっとディフェンスを考えれば勝てたのに。

特にアントワンのディフェンスを何とかしてくれ〜・・・。
ゲーム5もエンドラインをきっちり守っていればレブロンに抜かれなかったのに。
というのがゲーム6も全く同じようなシチュエーションの、
こんどはエンドライン沿いを守ったつもりだが、
アリーナスが守っている側との間に隙間ができて、そこにレブロンが軽〜く空き巣のように進入。

ジャレド・ジェフリーズはレブロンをディフェンスすることにかけて、かなり良かった。彼がいなければウィザーズは空き巣が入りまくっていただろう。

ところで試合はやっぱりゲーム6も五分五分で
しかし終盤のキャブスの追い込みがあったのだが、やはりこの時間帯にディフェンスがいかに重要なのかが露呈する。

ウィザーズの今シーズンが終わりかけるころ、
残り6秒くらいだったか?3点差をアリーナスがずいぶんと長いスリーポイントシュートで同点にこぎ着けた!

キャブスはタイムアウトを取る前にインバウンドパスがなされ、エンドラインからの残り1.8秒になってしまう。

結局試合はオーバータイムに突入し、ウイザーズがリードしていたものの、アリーナスが残り14秒でファールゲームのフリースローを二本外した。このとき二本目にレブロンがライン上のアリーナスに何かを囁いた。113-112の数字はそのまま。

そしてタイムアウト後レブロンにボールが渡ったが、ダブルチームされると
ボールはコーナーのスリーポイントライン上の、デイモン・ジョーンズに渡り、見事矢を射抜いた。(これはライン内だったらしく2点)

レブロンはフロアにデイモンを倒し、のしかかり、喜びを表した。
113-114でレブロンのキャブスはカンファレンス・セミファイナルへ。

ルーキーコーチと若いレブロンでよくもたどり着いた。
レブロンはここに来てぐっと頼りがいのある男に成長している。終盤レブロンにボールを持たせれば、何かやってくれる。と思わせるのだった。

キャブスの次の相手はデトロイト・ピストンズ。
目が離せませんな。
試合は日曜日からです。

・・・・

追記

「チームは沈みかけていて、まるでタイタニックのようだった。」
レブロンは切羽詰まる激戦をそう形容した。

(4Q、オーバータイムと、レブロンの頭の中ではタイタニックのテーマソングが流れていたのかと思うと笑える・・・・。)


アリーナスに対し二本目のフリースローの時、
「このフリースローを二本外せば、ゲームオーバーだ。」
と囁いたのだという。

恐ろしい男じゃ、レブロン、既に心理作戦をも・・・。

アリーナスは
「それをこの夏のモチベーションとし、今後名誉挽回の機会をたくさん作るつもりだよ。」
とさらにこれ以上成長するであろう、アリーナスにも期待する。
[PR]
by chiesuzukihome | 2006-05-06 12:42 | NBA | Comments(2)
Commented by くる at 2006-05-06 16:32 x
ものすごい試合でしたねー!
干されていた?デイモンの意地の一発!
それにしても最後フリースローの時、レブロンがアリーナスに何て言ったのかすごい気になります。
次のデトロイトはセキュリティがしっかりしてるので簡単には空き巣に入れないと思いますが、また面白いシリーズになりそうですねぇ!
Commented by chiesuzukihome at 2006-05-07 02:17
くるさんこんにちは。
あまりの面白さに書かずにはいられなかったですよ。フリースローの囁きは上(追記)に書いたので見てくださいね。
このトラッシュトークはかなりアリーナスのこころに響いたでしょうね。ゲーム5だったか「これはレブロンのショーで、僕らはみんなそれの証人であるわけだから・・・」(NIKEのスローガンにあるらしい)と発言してメディアを笑わせていたアリーナスですが、彼の潜在意識の中でも思っていたのかもしれませんね。それがついついこころの状態が顕著に現れる「フリースロー」というところに出ちゃったんですかね。
さて、セキュリティ設備がしっかりしているデトロイトでのレブロンはどうやって空き巣を働くのか?(笑)
ほんと楽しみですねー。
<< ネッツ対ヒートゲーム2 ペイサーズ対ネッツ、ゲーム6 >>