ブログトップ

CHIE SUZUKI HOME COURT blog

chiesuzuki.exblog.jp

ペイサーズ対ネッツゲーム4

コンセコで行われたゲーム4は、

ジェフバンガンディが解説。
って彼はたしか昨年プレーオフで審判批判をして罰金科せられたよね。
イリーガルスクリーンがどうのこうのと言う話だったな・・・。


「あ、これはフロップですね。」と
オニールがまたもや早々の2ファールを取られ、クリスティッチにたいしてフロップだと解説。さすがにバンガンディはコワイものなしな発言をするな。

そのオニールは4Q残り1分30秒ほどでカーターのレイアップを阻止したためファールアウトになる。
眉は八の字に曲がりベンチに腰を下ろす。

・・・

前半から3Qまでネッツは20点差を開き
クリスティッチのジャンパーやRJの得点が入り、しかもディフェンス面も充実しておりペイサーズに隙を与えなかった。

ペイサーズのほうはディフェンス緩く、ノーマークのジャンパーも外し、フリースローも確率低く、特に要のひとりスティーブン・ジャクソンが良くない。

それでもオニールのインサイドショットとクローシュアのアウトサイドショットで食いつなぎ4Q20点差から10点差に近づき、最後の2分には5点差までこぎ着けた。

が、引き続きカーターはインサイドに切り込みファールを貰うし、
オニールは終盤いいショットを続けていたのにファールアウトで、ペイサは4Qは31点も入れたがその後手がない。

ペイサーズのターンオーバーを誘ったのはたいていが、ネッツの選手がドリブルするボールを下に叩いたことが原因のひとつ。
正当に守るとファールになる、体がぶつかっただけでファールになる。
ドリブルするボールを叩いたくらいではファールにならない。

今日のネッツ選手たちの佇まいは、勝つぞという意気込みが十分見受けられた。
ペイサーズのゲーム1の佇まいと同じだった。
97対88でネッツ。

これでペイサーズ2勝ネッツ2勝で、どちらもあと2勝しなければならない。
しかしこのシリーズ、まさに審判を自分サイドに引き込まないと、ファールトラブルが試合を決定しかねない。
ネッツはクリスティッチを早い段階で絶対ファールアウトさせてはならないし、
RJの得点も重要。そしてペイサーズのターンオーバーを誘うプレーをする。

ペイサーズはオニールに気持ちよくバスケさせるために、アウトサイドショットが必要でそれはAJやジャクソンの得点(ペジャは膝で出場しないし、ヤシケビシャスはキッドに付けない)。それから時々手を抜く48分間のディフェンスを緩めないことなのだけど、これがファールトラブルに繋がっては元も子もないなー。

このシリーズほんと五分五分ですね。ゲーム7まで行きそう。


NBA プレーオフ
NBA Playoffs '06 Nets @ Pacers Game4
[PR]
by chiesuzukihome | 2006-04-30 07:16 | NBA | Comments(6)
Commented by くる at 2006-05-01 21:18 x
ジャーメインはいくつになっても少年のような顔なので、スターなのに審判からリスペクトされないんでしょうか?
でもやっぱりプレーオフは面白いですね!ちょっと大人になったコービーに、生まれつき大人のレブロンに、一生大人にならない男ロンロンもみんな凄すぎる!!!
シャック親父そろそろ起きろー。
Commented by pip at 2006-05-02 01:46 x
chieさん、最近の審判はなんとなくレベル低下していませんか?もしくはWWEに路線変更とか(これはないか)
流れを壊さないよう、審判も試合をつくることはわかります。試合をぶつ切りにされてはどうしようもないですから。でも肩入れが極端のように感じます。またコーチなどがマスコミを使って騒ぐのもちょっとね。
またかと思ったのが、LAL-PHX第3戦開始直後のコービへのジャッジ。まあスターということなんでしょうね。
以前にも、視聴率が取れるチームを勝たすという話を聞き、キングス、ブレイザーズ戦等を見た印象から、LAL3連覇を素直に受け入れられていません。
マローンはあの体でいつも転んでファールもらっていたし、ユーイングはスクリーンで見つからないように突き飛ばしていたし、ジョーダンもユニフォームつかむこともあったから、テクニックなのかなー、でも少し引いて応援します。(過去の体験からジャッジには・・・)
Commented by chiesuzukihome at 2006-05-02 14:23
まずはクリッパ一回戦突破おめでとう!!カンファレンスファイナルへ行ける可能性も大ですね!!
というわけで、くるさんこんにちは。
少年のような顔・・・どうも彼、怒ると自分を見失ってしまうタイプのように見えますが、そんな熱いところが良し!
大人になったコービ・・・今回チームメイトを生かしまくってますね。
生まれつき大人のレブロン・・・あの顔で産まれたのかあ。(笑)
大人にならない男ロンロン・・・半ズボンに虫かごが似合います。
シャック親父・・・ヤバすぎです。哀愁漂うライリーの背中は泣いています。
Commented by chiesuzukihome at 2006-05-02 14:33
WWEに路線変更。(笑)そうかもよー。
プレーヤーと審判の仲にも因るらしいです。というのもルーキーは「ルーキーコール」というのがあるそうで、NBAの洗礼を受けて最初は厳しくコールされるけど、お互いが慣れてくると(ルーキーのプレースタイルに審判が慣れるとか審判のコールにルーキーが慣れてくる)「やり過ごし方」が分かってくるらしい。
そういう意味でもスーパースターは審判に尊敬されるそうで、正にマイケル・ジョーダンは審判にNBA一尊敬されているコールを受けていたと思います。なのでもし審判のコールが全員の選手に平等ならばジョーダンのようなスーパースターも生まれなかったのかもしれません。つーか私は審判が平等でないのは反対ですけどね。
現在ではコービに対しそれが行われつつまりますね。
レブロンはまだ若いこともあってなのか?先日の試合なんかはずいぶんとオフェンスファール取られていましたね。
しかし私はあくまでもラジャ・ベル!を応援しているあまのじゃくなのであります〜〜。pipさんも同じかなあ〜。
Commented by pip at 2006-05-02 18:25 x
はい、81さん。皆のリスペクトを受けるし、NBAがそうする方ですか。でも、ジョーダンは自分やpipに向かってきたミラーや誰だっけ?にはパンチもしましたが、関係のないディーオを突き飛ばし、テクニカルまで与えるなんてことはなかったですが・・・。
私はPHXのゲームが好きで、マリオンも好きで、ディーオのアクロバティックな、パスもすきで、そういえば流れが素敵なんですよね。
ベルさん、ちょっとちょっかい出すベルさんですね。昨年くらいからオフェンスも良くなったけど、LALとのシリーズではちょっとあたってないかしら。
あー、こうなれば、LA決戦でマーズアタック(36歳)に期待しよう。ケイマンはマグマ大使に似ている~?
Commented by chiesuzukihome at 2006-05-03 15:48
サンズ、いいチームですよね。走るバスケを貫いてなんとか勝ち抜いて見て欲しいのだ。ニックスで腐っていたティム・トーマスが重宝に使われていますね。
最近のNBAとジョーダン時代のNBA、はたまたニックスがごりごりディフェンスのころのNBA、などなどずいぶん変わりましたね。
ゾーンが解禁になったことなどや審判がハンドチェックも容赦なく取ることで、たとえばペイトンなんかはあのグローブみたいな手がディフェンス相手を吸着していたのに、足でしかできなくなってさぞ辛かろう。ほんと最近トリプルダブルも多いし40点ゲームも多いし、そっちを目指しているのでしょうNBA。まープレーオフになるとみんな鼻息荒くなってテクニカル取られやすくなるけど、審判のコールがいきなり変わるのは見ていてイヤですね。
<< ペイサーズ対ネッツ@NJゲーム5 ペイサーズ対ネッツ、ゲーム2と3 >>