ブログトップ

CHIE SUZUKI HOME COURT blog

chiesuzuki.exblog.jp

ニューヨークで戦争勃発

d0038897_16134369.jpg

前々からラリ爺とステフとの間には蟠りがあり、ステフが「未だに彼のやりたいことが分からない。」とラリ爺のコーチング批判をすればラリ爺は「今まで30年間同じようにコーチングしてきたつもりだ。」と鼻であしらう。


スターブリー殿が、「(あまりにも勝てないんで)俺は今まで通り俺のやり方(AKAスターブリースタイル)で行くぜ。」とラリー・ブラウンコーチング以前のやり方を貫くと発言し、ラリ爺のコーチングを批判。
スターブリーが「自由を与えろ」と言えば

「ファール数がリーグ最下位、フィールドゴールは下から二番目、ターンオーバーは他のどのチームより多い、ほとんど最低に近いブロック数、

こんなスタッツで、よく「自由」などと言えるわい。」
と爺は嘆く。

そしてアイバーソンやスノウをほめほめ。(ステフをコケにする)

「アレンは出来る限りハードにプレーし毎試合勝利のために戦っていた。プレーで痛めたり、転んだり、毎晩毎晩競い合い、我々は彼のやったことを受け入れたチームだった。」
(ほのぼの)

さらにラリ爺、泣きが入る。

「わしはコーチを何年していると思うかね。ずいぶん長いよ。わしは今までな、決してそのチームを預かった時よりも、低迷させたまま去ったことはない。
考えてみてくれ、わしのことを。わしはな、ひどい状態のまま去ったことはないんだ。
今と比べて決して変わったことを選手にしていたつもりもない。」


このような爺vsAKA Starbury
の戦争勃発状態を、各紙おもしろおかしく、追跡している。

きょうのアトランタ戦などは、その戦争状態を煽る、まるでCNNヘッドラインのように、試合前、ジャーナリストのひとりが電話生リポートをするなど、ニューヨークのお家芸は佳境を迎える・・・・、おもしろすぎる・・・・・。

金曜日のデトロイト戦ははたまた大変なことが起きそうだ。
[PR]
by chiesuzukihome | 2006-03-16 16:14 | NBA | Comments(20)
Commented by moto at 2006-03-16 22:14 x
あしたの爺

あしたのために その1:スターターを固めるべし
キャッツアイはもう御免。2007シーズンを栄光のシーズンとするために、タフでディフェンス&ブルーカラーなオフェンスをする5人+1を決めるべし。
F:D.Lee
F:J.Rose
C:C.Frye
G:Q.Woods
G:Starbury !!!!!
6th:N.Robinson
ステフよ、お前なら「3」を背負おう意味が分かるじゃろ!

爺〜、立つんだ、爺〜!
あしたのために その2はまかせた!
Commented by maboo at 2006-03-16 23:36 x
Chie様ハジメマシテ、HOOPの1番好きなコーナーはChie様のイラストコラムです。買ったらまず最初に見ますよ。

NYのお子様マーブリーvsブラウン爺の戦争盛り上がってますね
大半のファンの思いはFire!!アイザイア&マーブリーでしょうか?

アイザイアは以前NYKはブラウンのチーム、HCとうまくいかないなら何かしなければならないと言ってましたが、、、
オフでのマーブリー放出はほぼ確定的なのでしょうかね?
このまま戦争がずるずると続けば・・・
Commented by chiesuzukihome at 2006-03-17 04:01
あしたの爺
あしたのために その1:スターターを固めるべし
(続き)

スターター
G:スターブリー
G:フランシス
F:ローズ
F:ローズ
C:カリー
(よく見たら昨日のアトランタ戦と同じだ。)

ベンチ
ジャマール
ネイト
ウッズ
リー
バトラー(JJ )
(5割以下のチームにはベンチチームに「勢い」で勝ってもらう案)
実は
ジャマール
ローズ
フライ
テイラー
カリー
(オフェンスがんがんチーム。でもちょっとディフェンス弱いラインナップ。リバウンドも少し不安。フライがSFにいることが新しい)

また、
フランシス

ウッズ
リー
ローズ
(がつがつディフェンシブチーム。でもその気になればオフェンスもいける。相手チームに長身アスレチックプレーヤーがいる場合、イタイけど)

何パターンも出来ますね。
35種類スターター変えているだけあって、
なかなかスターター固まらないね。
Commented by chiesuzukihome at 2006-03-17 04:36
mabooさん、こんにちは。買ったらまず最初に・・・ってあがとうございます。こういう言葉にはとっても励まされます。
mabooさんは名前の通りマーブリーにブーイングですか?(笑)
昨日の試合もフリースローの度にマブはブーイングを受けていたようです。ってフリースローが10本のうち4本しか入っていないので、本人気にしているみたいです。大好きなニューヨークに嫌われたって思ったかな。

Commented by chiesuzukihome at 2006-03-17 04:36
オフでのマーブリー放出・・・サラリー的に言って、ラリ爺との喧嘩も含め、貰ってくれるところあるのかな??アトランタあたりを騙すしか方法はないのかも。??
もしラリ爺の好きな人材ばかり集めれば勝率は6割に近くなるとは思います。ただそうなると、今の楽しくも愛おしいチームメイトは皆いなくなりそう。(ラリ爺好みがいない)
でも現実的に難しいのが、サラリーで貰ってくれない人材(マブ、フランシス、Q、マリーク、ジャマール、JJ・・・・。テイラー、ジェレンは来年で契約終わり。アランも)
(あと爆弾持ちカリーと闘犬ウッズも貰ってくれないね。)

ってことは、フライ、ネイト、リー、っていう、アイザイアが手塩にかけて、可愛がっている子たちのみが、トレード候補になり得るわけで、それ以外の子たちは動けません状態?

ニックスどうにも動けない状態になっていますねー。
やっぱりこのチームとラリ爺は少なくても来シーズンまでは
「心中」ですね。
Commented by moto at 2006-03-17 11:49 x
2008シーズンのHCはJVG・・・ってことにならないかな(若干願望)。
Commented by mari at 2006-03-17 14:10 x
バンガンディっていいかもしれませんね。
ニックスをファイナルへ行かせたコーチ、メンバーがどうであっても。
Commented by pip at 2006-03-17 23:32 x
chieさん、こんにちは。
motoさんも押してますが、やっぱりニックスはスターブリーなしでは考えられません。背番号「3」はNYのハート(・・これは33だったかな?)かソウルです!・・でも本人はどう思ってるのでしょう?
故障前に、やっと一皮向けた(ステフもチームも)と思ったのに、残念です。
今回の騒動も、76ers時代を思えば、日常ちゃめし。ラリ爺、あのクリッパをプレイオフにつれていった力を早く出してください。
でも見ていて楽しいゲームを期待してます。今のSP○Sとか、ちょっと前のJA○Zとかとは違う燃えるゲ・ー・ム・を待ってまーす。

ところで現在、昔のビデオ(92年-)を片づけ中。なにもかもみな懐かしい・・。
Commented by moto at 2006-03-18 01:07 x
>なにもかもみな懐かしい・・。

クーッ!
pipさん、沖田艦長っすか〜!
NYKのイスカンダルは何処にあるんすか〜!!(涙)
スタ〜クス〜!!!!(おっと、スターシアざんした。ベタ落ち失礼・・・)
Commented by pip at 2006-03-18 10:32 x
motoさん、ツッコミ有難うございます。(^^;
わかって頂けて、くーっ。

おかげで思い出したことがありました。
名前の通り、私もBULLSファンでしたが、「シカゴも強くなったけれど、NYKは洗練されていますね。」というTVの解説がありました。
Playoffのgameのopeningで、yellow cabを停めた人が「Take me to the Garden. I STILL BELIEVE!」というフィルムが流れるといつもの「Go NewYork Go!」がかかるのです。
しびれて、CDまで買ってました。えへへ。

デトロイト戦、始まりましたね。
Commented by moto at 2006-03-18 11:23 x
そうなんです、pipさん。
プレイヤーはともかく、NYKのガーデン演出は20年以上前から出色で、あの世界最大のプロレス団体でありMSGを本拠地としていたWWEも「レッスルマニア」開催時にお手本としたほど!
それであの「Go! NY Go!」のテーマなんですが、数年前にマイナーチェンジ(NYK CD のVol.2に入っているライトサウンドなバージョン)に替わり、そして何と昨年12月にMSGに行ったら、あの名曲がなんと全く違う物に(怒&涙)!!!。3シーズンぶりのガーデン生観戦だったのに、まるで浦島太郎になった気分でボーゼンとしてしまいました。あの曲(もちろん1stヴァージョン)、気合いを入れる時にいつもMAX音量で聴いてアドレナリンを出していたというに!

Chie様、どのシーズンからガーデンの入場テーマが変わってしまったんでしょうか??
Commented by moto at 2006-03-18 13:01 x
とりあえず。

勝ったー!!!!
爺、よろしゅうございましたな。
Game Castを睨みながら、ホンマ今日は疲れましたわ。
あしたのために、踏ん張っておくんなはれ〜。
Commented by chiesuzukihome at 2006-03-19 03:11
HGにバンガンディ・・・mariさん、motoさん
そうですねー。ただいま、ジェフバンガンディとロケッツGMは
「口をきいていない」らしいです。
でもエースの怪我ではかわいそうですね。Tマックのワンマンチームだったという・・・ジェフらしくないチームでしたね。
Commented by chiesuzukihome at 2006-03-19 03:16
背番号「3」はNYのハート・・・そうでしたねー、pipさん、確かにそうだった。。。永久欠番でないのにこんなに慕われている番号は他にないですね。
日常ちゃめし。・・・ぎゃははは、ちゃめし状態でしたね、そういえばフィリーの記者もものすごい書いていましたからね。
そういうときアレンは「彼らもメシ喰うために書いているんだから仕方ねえ。」なんつってカッコつけてましたが、ステフもあんまり本気にならずに、そのくらいの気持ちになってくれたらいいのですが、今日の試合では(デトロイト戦)4Q下げられていた数分、ものすごい「屈辱」といった顔をしていました。
Commented by chiesuzukihome at 2006-03-19 03:27
NYKのイスカンダルは何処にあるんすか〜!!(涙)・・・motoさん(笑)どこにあるんでしょー、宇宙戦艦ヤマトのフレーズですね。きっとそれはガーデンにあるのでしょうが、昨日はニュージャージーに神戸牛を見に行っていたので、MSGのすごく楽しい試合、見られませんでしたよ。
それで、何とユニフォームが「ニックスグリーン」になっていました!!というのもこの日はセントパトリックディで(アイリッシュのお祭り)あのセルティックスのグリーンと同じ意味です。しかしそのグリーンがセルティックス・グリーンよりも、すこーしくすんでいていい色なんですよー。グリーンのユニのニックスなんて、絶対写真撮りたかったよ。
Commented by chiesuzukihome at 2006-03-19 13:03
>Playoffのgameのopeningで、yellow cabを停めた人が「Take me to the Garden. I STILL BELIEVE!」というフィルムが流れるといつもの「Go NewYork Go!」がかかるのです。

あー、これですね。pipさん。 これ、最初はアニメっぽかったですよね。アニメと言うには稚拙なコンピューター・グラフィックが出始めた頃、ペンツールで描いてみましたみたいなやつ。そこがかっこよくてよかったんですがね。
それが、2000年あたりから実写版になったのかな?GO NY GO!の音楽もそのあたりでちょっとマイナーチェンジしたんですよ。 2003年あたりにはその音楽もイエローキャブも姿を消して、もっと力強い、摩天楼が現れて、手作り風な部分がなくなった。
でも今は、・・・プレーヤーが稚拙ですね。
Commented by chiesuzukihome at 2006-03-19 13:03
>まるで浦島太郎になった気分でボーゼンとしてしまいました。 motoさん、ファンにとってはそういう部分って重要だったんですね。アドレナリンが出るってところ、これはパブロフの犬状態ですね。私のほうはじつは、アウェーの試合をテレビで見ているとき、起こるのですが、MSG チャンネルのテーマ曲のようなものが流れると、こころがホッとするというか「ニックス戦を逃さないで見ることが出来た」という安堵感があるんです。ニックス戦は一試合も逃さずに見ていたというのがあったので、逃してはいけないと言う気持ちと安堵感が、この音楽を聴くと出てきます。
Commented by chiesuzukihome at 2006-03-19 13:04
デトロイト戦・・・ (結果を書く場合、ネタバレあります。と書いてね。)

というわけで、 ずいぶんとワイルドなゲームだったようです。 3Qにラシードが二度文句を言い、退場。リップがオフェンスファールを取られ、その判定に抗議した意味?のボールをバックボードの上のクロックに当てたので、退場。(ボールを観客側に投げ入れると即退場)という、3Q後半から飛車角抜きのピストンズ。 4Qは同点になるまでステフを投入しなかったラリ爺。ベンチではステフがかなりふてくされた顔をしていました。
最後、同点からショットを放ったのはステフではなくて、ジャマール。ドリブルで上手くチャウンシーを振り切ってフェイダウェージャンパー炸裂。ステフはコーナーにいて、テイションのディフェンスを引きつけていた。
Commented by chiesuzukihome at 2006-03-19 13:05
試合は思わぬ展開で、 105-103と逆転・・・・ ニックスはいいディフェンスをし、ミドルからのマクダイスのショットが外れる。試合終了。と皆が思ったところで、審判のサルバトーレは異議を申し立てる。マリークのファールだと。ビデオで見るとマクダイスの肘の辺りを触っているように見えるし、シュートは大きく左に外れている。 ビデオ判定後マリークのファール。ということになってしまう。 ラリ爺は嘆くわ、観客は騒然とするわ・・・で納得のいかない判定のなかマクダイスのフリースローが2本入ればまた同点。(残り1.9秒) しかし、最初のショットをはずしてしまう・・・・。ここで思ったのが、マクダイスよ、アイザイアに下克上をたたきつけるチャンスなのに。なんて思ってしまったが、時既に遅し、二本目はわざと外し、リバウンドを取ったのは、ニックス。だった。
というわけで、デトロイトに勝利。 試合後、ニックスのみんなはよかったよかった。と言ってコートの真ん中に集まって喜びを分かち合っていました。 さて、明日はマイアミ戦。これも勝ってくださいねー。
Commented by chiesuzukihome at 2006-03-19 13:45
デトロイト戦の日の朝練、ラリ爺は腹痛でお休みしたそうです。
健康状態はとても心配です。でもジャマールの4Qの活躍は腹痛爺をスッキリさせたと思います。もう爺はテクニカル取られたときスコアテーブルにうつむき頭抱えてたし、最後、マクダイスがフリースローを外し、選手がぬか喜びしている時「こりゃ!!ボックスアウト&ディフェンスじゃ。」と言いながら肘を横に突き出す仕草で、リバウンドを取りなさい。とやっとりました。
試合前にやって来た、チャウンシーとリップという教え子には、あまり感情を出さずにハグしたようです。
<< セントパトリックディの衣装 ウィザーズ見ていれば良かったよ。 >>