ブログトップ

CHIE SUZUKI HOME COURT blog

chiesuzuki.exblog.jp

拝金主義の暗黒時代。

d0038897_14591284.jpg

(写真:ニックスに慣れてきたスティーブ・フランシス)

連敗、どれくらい続いているのかさっぱりわからなくなってきている。
日本ではニックス戦は放映されているのだろうか?

ブローアウト、1Qから10点差が付く試合がずいぶん続いた。
何が悪い。ディフェンスがヘタ。
ケミストリーがめたくそ。

しかしブラウン爺(茶色爺)のコーチングはこのふたつが命だ。

先日のメンフィス戦と今日のブルズ戦では、一瞬素晴らしいケミストリーが見えた。あれ?チャリティゲームのメンバーでこんなケミストリー作れるの?って思ったくらい。

でもきょうの得点はほとんどスリーポイントが入ったからリードできただけ。

ここが、ブラウン爺のコーチングのツボだ。
スリーポイントでいくら勝っていても、長い目で見ればそれは偶然なのだ。
じっくり24秒使って攻めて、極上のケミストリーを育て上げて、初めて勝利。なのだ。これさえ自分たちのものに出来れば、あとはどんな強い相手が来ようとも、勝つ確率は限りなく高い。

これを教え込むのに、一年、いや二年かかりそうだ。

それを即勝つことが信条の、ビジネスやすべての物事が日々ものすごい速さで過ぎゆくニューヨークでやっていけるのだから、
凄いことなのだ。

これは、巨匠級コーチと殿堂入りGMの説得力があって初めて成せること。
これが経験少ないコーチでブラウン爺と同じ作戦を実行したとしても説得力不足で、今頃はとっくに首だ。殿堂入りGMもどんな手を使ったのかよく知らないが、説得力は抜群だ。現在社長のジェームス・ドーランはこのふたりの狸オヤジを信じ切って、任せているのだ。

実は、ドーラン一家の会社、
選手に何十億使おうが、負け続けようが、ケーブルビジョン社にとっては屁でもないらしい・・・。

息子の道楽にパパドーランは甘い。
息子は殿堂GMに甘い。
殿堂GMは巨匠に甘い。

負け続けてもNEWSがあるので視聴率が下がらないことでビジネスが成り立っている。
おもしろおかしいNEWSにはやっぱり巨匠爺やチャリティゲームに出てきそうな選手が必要なのだ。


フランシスは、観客から声援を浴びている。
彼が出るたび会場がざわつくのだ。
過去の彼の飛び抜けたオフェンスパフォーマンスを記憶に残しているのだろう。


きょうのブルズ戦は本当に惜しかった。
ディフェンスのミスがふたつ。
マーブリーはシュートしたときに、ファールを取られなかったので、ゴール下で審判に文句を言っている間に、ベンゴードンはあちら側ですっかりノーマークのシュートをたたき込んでいた。
それとジェイレンのディフェンスミスでルオル・デンをノーマークにしてしまい、スリーを入れられた。終盤のディフェンスミスがなければ、勝っていたかな?
もし、今日勝っていたならみんな少しは気が楽になったと思うのだが。

カーク・ハインリックは、トニー・パーカーと同じくらい早くて抜け目無い。
[PR]
by chiesuzukihome | 2006-03-04 15:10 | NBA | Comments(8)
Commented by moto at 2006-03-04 19:52 x
>負け続けてもNEWSがあるので視聴率が下がらないことでビジネスが成り立っている。

何か、古の阪神タイガースですね。
ならば何時の日か、奇蹟の復活はあるのでしょうか?
星野阪神も優勝したのは2シーズン目。
ならば、皆で爺の健康を祈りましょう。

Finalに勝てたら、道頓堀ならぬマンハッタンブリッジからイーストリバーにダイブしたろかい!?
Commented by chiesuzukihome at 2006-03-05 13:20
ネタバレあり・・・この先。
やっと勝ったよニックス!!長〜いトンネルを抜けた感じです。1月15日から24試合で22敗していたニックス。パスをよく回しディフェンス努力も見られリード、相手ミルウォーキーに途中追いつかれながらも最後も踏ん張りを見せました。マリークのベースラインジャンパーが決まったのもでかい。
motoさん、イーストリバーにダイブ、おじいちゃんになってしまったとしても、是非実践してください。カヌーに乗って下で待ってます(笑)。奇跡の復活は、あるかも。
Commented by 増田 at 2006-03-06 12:18 x
フランシスの印象って、マーブリーのそれに似ていますが、うまくいくといいですね。阪神タイガースもそうだったように、きっと優勝しますよ。星野監督は2シーズン目だったのですね。では来年は?と期待しています。
Commented by teshi-hi at 2006-03-06 21:33 x
GMがもう少し納得できる選手の集め方さえしてくれれば負けても納得できるんですが。
日本では、成績が上がらなくてもニックスへの期待はかなり高かったのですが、訳の分からないトレードのせいでニックスファン以外には見放されている感じです。
ラリー・ブラウンは果たして来シーズンもやってくれるんでしょうか。
Commented by chiesuzukihome at 2006-03-07 02:28
>阪神タイガースもそうだったように
突然やってくる奇跡のようなものでしょうか?増田さん。期待していいかな。
1999年のファイナル時も奇跡のようでした。そのときはプレーオフ前にGMが首に、バンガンディコーチは首の皮一枚だけ。
となりましたが、あのころのチームケミストリーは絶妙でしたね。(ユーイングがかわいそうでしたが)あ、さっきユーイングがロケッツでプレーしている夢見ました・・・。珍しいので写真撮ろうとしたらポーズ取っていた。
Commented by chiesuzukihome at 2006-03-07 02:53
>訳の分からないトレードのせいでニックスファン以外には見放されている感じです。

そうですか・・・。あたりまえですよねーこれでは。
teshi-hiさんも見放さないでやってください。
アイザイア・・・GMとしての仕事がヘタです(今更ですが)。ドラフトは得意なのですが、若い選手集めてもラリ爺のコーチングには関係ないし。これだけ金使えるのだからもっと上手く出来そうですけど、選手の信頼、他のGMからの信頼、などを考えるとマズイんだと思います。
ラリ爺は・・・彼の心の中だけはわかりませんね。(今までの経緯)
選手が今シーズン中に爺のスタイルを遂行し始め成長し始めればきっと来年も戻ってくるでしょうが、そうでなければ、心にますますストレスを溜めてしまい体の健康を蝕みそうです。心は頑丈そうだけど、体のほうが先に音(ね)を上げそうですね。

Commented by moto at 2006-03-07 11:20 x
まさか・・・。
禅マスターついに降臨???
Commented by chiesuzukihome at 2006-03-08 18:10
ZENマスターがどうしたって??
<< ディフェンスがヘタなロン・アー... シューズオタクへの道 >>