ブログトップ

CHIE SUZUKI HOME COURT blog

chiesuzuki.exblog.jp

スティーブ・フランシス、ガーデンデビュー。

スティーブ・フランシスがスターターデビュー。
背番号は「1」に変更。
本日のネッツ戦、ステフ、フランシス、リチャードソン、フライ、カリー
というスタート。

フランシスは、みんなが知っているがんがんいくオフェンスを展開しておらず、ハーフコートのパス中心のオフェンスに合わせて、自分から打てる場面でも躊躇していた。
ときどきインサイドに切り込みアクロバティックなシュートやクロスオーバードリブルを試みると、会場には一斉に声援が上がった。

フランシスは試合後水色のワイシャツに水色のマフラー、明るいベージュのスーツで20人以上の記者達に囲まれた。

「練習には参加できなかったけど、いい感じだったと思う。
シーズン途中のトレードは初めてだけど、それにしてはちゃんとした仕事ができたと思う。ステフとは息が合っていたよ、でもバスケは僕とステフだけのことばかりではないんだ。ふたりだけに集中しないでよ。
コーチは僕がナーバスになっているって、もう少しリラックスしろって。とにかくチームが勝つためにがんばった。」

ステフはまだまだ本調子ではないが、フランシスとのコンビを上手くやろうと思っているようだ。
「彼みたいなタイプとプレーするなら彼のプレーを読んでやらないとね。明日はもっとよく読んでやるよ。一試合を経験すれば、それは難しいことではなくなる。彼とプレーするのはホント楽しいね。」

ジェイレン・ローズ
「スティーブは、みんなやコーチスタッフから受け入れられたいし、短期間に投げかけられたものすべてを吸収したい。そういったプロセスはほんの数週間前に僕が味わったばかりだ。今日は彼はハードにプレーし、いい仕事をしたと思うよ。」

フランシスは32分16点5リバウンド4アシスト12本中6本で、ニックスで一番試投数が多かった。(ステフは9本)

試合は90対94でネッツ。内容はネッツが最初から最後までリード。
クリスティッチのシュートが11本中11本成功し簡単に勝利。

醜いのは「トーマス首だー」の合唱が起こったこと・・・。
それほどひどい試合でした。
[PR]
by chiesuzukihome | 2006-02-25 15:31 | Comments(4)
Commented by moto at 2006-02-25 17:25 x
>「トーマス首だー」

代わりにカートよ、カムバック!
「8」も使わないなら、番長係としてスプリもベンチに置いておこう!!
Commented by chiesuzukihome at 2006-02-27 03:53
トーマスはトーマスでもカート・トーマス。そりゃそっちのほうがいいですよmotoさん。カートは走り過ぎなのか骨にひびが入りお休み中です。それとティム・トーマスもウエーブされそうです。
番長係>どんな仕事をするのかい?
Commented by moto at 2006-02-27 21:06 x
>どんな仕事をするのかい?

そら、チャニをキャンビーマン化しながら、ネイチを立派な6thパシリマンに育て上げるためっす。
We Still Believe ! (これも古いか・・・)
Commented by chiesuzukihome at 2006-02-28 03:07
ネイチのパシリは想像できる。が、チャニは逆に兄貴をバカにしそう・・・かも。「なにやってるんすか?兄貴、それは古いっすよ」腕でLマークを作る兄貴・・・。We Still Believe !
<< シューズオタクへの道 ヒート戦の周辺 >>