ブログトップ

CHIE SUZUKI HOME COURT blog

chiesuzuki.exblog.jp

マーク・メシエの夜

マーク・メシエの永久欠番式がマジソン・スクエア・ガーデンで行われているのをテレビで見た。メシエはアイスホッケー、ニューヨーク・レンジャースのグレイトなキャプテンだった。
大の大人が涙を流し、会場は歓喜でいっぱいになり
バナーが掲げられる瞬間には、ベートーベンの「歓喜の歌」が流れ、会場が華やかに彩られた。
小学校の音楽の教科書なんかに載っている喜びの歌。日本では「第九」といったほうが通るのかな?大晦日に歌うあれ。

もちろんドイツ語の本場のヤツだけど、やっぱりNHLはクラシック音楽の土壌なのだろうか。そういえばユーイングの引退式、バナーが掲げられたとき、どんな音楽だっただろう。忘れた。
誰か覚えている人はいませんか。

あのときユーイングは涙を流しそうになったけど、けっきょく流れなかった。
引退式、NBA選手はもっと泪を流してもいいのではないか。
メシエはしっかりした顔をしながらも、泪が次々と流れていき、スピーチも途中詰まる場面もあり、それにつられてガーデンの客は喜びでうれし泣きの人もたくさんいただろう。

さて、次回ニックスの永久欠番はいったい誰になるのだろう。

アラン・ヒューストン?
ステフォン・マーブリー?
エディ・カリー?

それともレブロン・ジェームスとか。

(写真:ニックスの試合に訪れたマーク・メシエ。拍手喝采)
d0038897_1174641.jpg

(写真:メシエの天井に掲げられたバナー)
d0038897_118817.jpg

(写真:踊るロビンソン。ダンクコンテスト出場か)
d0038897_11104840.jpg

[PR]
by chiesuzukihome | 2006-01-14 01:57 | NBA | Comments(0)
<< 気を抜くケビン・ガーネット ニックスの一員になった気分 >>