ブログトップ

CHIE SUZUKI HOME COURT blog

chiesuzuki.exblog.jp

スパーズ対ニックスのぼやき

ニックスは3日間の十分な休養の後、バックトゥバックのスパーズと対戦。
昨日スパーズはミルウォーキーでオーバータイムを戦ったが、ダンカンはファールアウト、最後の数秒クーコッチからのインバウンドパスでボガットにフックショットを決められ、負けたばかり。

ニューヨークで行われた本日の試合、
ニックスはスパーズの超一流ディフェンスにやられっぱなしだった。ブラウンは3日間の休養を練習に充て、今日はどんな試合を見せてくれるのかとちょっとだけ期待もしたが、相手が悪かったな。優勝候補の方々を相手に今のニックスのとろいオフェンスを披露したって、勝てませんよ。


ジャマールやらアリーザやら速攻が得意でクイックショットも確率高いのに、それらをやらず、敢えて現地点では勝つ確率がそれらよりも恐ろしく低いブラウン節を貫くのだから、一年後もし成功しなければこの組織自体やばいでしょう。(ジャマールは速攻がヘタになったしジャンプショットを打たなくなった)


観客のブーイングは1Qから鳴り響き、ステフに対するブーイングもひどくなってきている。

それを、ブラウンはよく「恥ずかしくて仕方ない。」と表現するが、試合後、「ステフはそれでも勝とうとトライしている。」と庇い、「自分が悪い、自分が何とかする。」と責任の所在をはっきりさせている。これは経験豊富な爺だから出来ることでもあるが、これほどまでに醜いとは思わなかったかもしれない。
・・・愛財屋しかり。

「シーズン始まった頃は負けてはいてもたしかに成長があった。しかし今現在はなんの成長も見えない。」ブラウン

そしてスパーズのベンチを褒め称えるブラウン。

・・・・・・スパーズの前では、ニックスはお呼びでない。のだった。・・・

本日もストライキ続行で、遠くからゲームを見に来た者もいるだろう。あのレッドホットチリペッパーズのアンソニー・キーディスも来ていたのにね。

ストライキの模様:

うちから行きのタクシーはひとり15ドル、4人が入れ替わり乗ってきたが、60ブロック下るのにパークアベニューを走り2時間かかった。フェリーで来ているものや数十ブロックを徒歩のものもおり、街は混乱のようす。それでもガーデンのお客さんはまずまず埋まっていた。

帰りはぼったくられそうになる。30ドルとふっかけられたので、すぐに下車し後ろから来たキャブに乗り15ドルでウエストサイドを登っていった。
ポートオーソリティでひとり降り、たまたま前の座席に乗ったので景色がよく見えてマンハッタンの夜景を満喫。

このタクシーの運転手はこれからクイーンズに帰るという。昨日と今日はいつもよりも稼げているというが、何人もの乗り降りでいつもよりもストレスを感じているそうだ。毎日一定の金額を稼ぐと言うことはほとんどなく、良かったり悪かったり不安定であるが、このスト中は一日200ドルエクストラが稼げたと言っていた。ほんとうは一日合計どれくらい稼いでいるのか具体的に聞きたかったが、エクストラが200ドルという事は、まあけっこうギリギリなんだな。と感じ、チップを少しだけ上乗せした。



ブラウン爺とポポビッチと言えば、昨シーズンのファイナル対戦コーチ。
そうとは全く思えない試合っぷりにびっくり・・・。

※金曜日のユタ戦ではメトロカードを差し出せばチケットが割引になるそうで
近隣在住の方は利用すると良いでしょう。

(写真:アルゼンチンのダンディ〜。マヌ・ジノビリ。)
d0038897_15353564.jpg

[PR]
by chiesuzukihome | 2005-12-22 15:29 | NBA | Comments(0)
<< 僕、Tマックになりたいな。 New York 地下鉄ストライキ >>