ブログトップ

CHIE SUZUKI HOME COURT blog

chiesuzuki.exblog.jp

ガーデンの熱い日

シクサーズ@ニックス

何年ぶり?かにガーデンが熱くなった。

今日はネイトロビンソンがアイバーソンにへばり付いてディフェンス。
一時、アイバーソンを突き飛ばす行為も見られ、ネイトのど根性っぷりがそこかしこに見られた。

前半はシクサーズペースでニックスまた負け?師弟対決も師匠危ういと思われた。(ブラウンとチークス)


中略


4Q
残り7秒アイバーソンのレイアップは外れたがウェバーのチップインで同点に。
タイムアウト後、セットしたオフェンスは
0.6秒チャニングフライのジャンプショットだが、ダランベーラのディフェンスの前(ブロック)、逆転とはならなかった。かなり難しいロングジャンパーだったので、これは普通はいらないだろう。
4Qのみだとジャマールが11分11得点上げている。チャニングフライも11分。このふたりは4Qには頼りになる存在としてブラウンコーチから一目置かれている。
もちろん試合を引っ張るのはステフだが。


オーバータイムの布陣はフライ、ローズ、ネイト、ステフ、ジャマールのスリーガード。ローズはみんなに声をかけ、知恵を授けるおばあちゃんのような役割をしていた。
ネイトは引き続きアイバーソンに密着。


この日のアイバーソンはかなりリラックスしているようで、試合中、ぎょえー、ぎゅあぁあ〜、など奇声を発しおどけていて、それはまるで小学生が登下校中歩くことに集中できず、草をむしったり犬を威かしたりしながら奇声を発するような、そんなかわいいキャラが見えていた。彼は普段でもこういう性格が時々出ており、それはメディアとのインタビュー中や超強豪チームとの試合中には出さない一面である。


ステフは相手が敷いたゾーンディフェンスに華麗なステップで切り込んでいく。
ダランベーラの高く上げられた腕の位置を確認し、ボールをリムへ持っていく。このステフのカットインはリーグでもほんの僅かな選手しかできない技だ。恐るべき脚力と反射神経で相手ディフェンスを交わず。

残り1分102-99でニックス。
アイバーソンは、もちろんやるときはやる。残り2分で3ポイント2本レイアップ一本で8得点はすべて彼ひとりが叩き出したもの。
最後の6秒、スリーポイントで同点にこぎ着けたのもアイバーソン。

102−102の同点から、マーブリーがボールを持ち、ディフェンスをふたり引きつける。アイバーソンはステフのほうに一瞬振られたが、ボールはスリーポイントライン上のネイトのところへパスされた。
アイバーソンが手を伸ばしたときには、ボールは手を放れ、その後クロックは0.00秒に。とボールはリムに綺麗に吸い込まれた。

ガーデンは総立ち、チームメイトは中央に集まりネイトを囲み大はしゃぎ。

ドラマチックなスゴイ試合を見せてくれた。
ほんとうにひさしぶりだった。
(写真:試合前アイバーソンにハグされるブラウン。それを羨ましそうに見つめるハーブ)
d0038897_8595325.jpg

[PR]
by chiesuzukihome | 2005-11-28 08:55 | NBA | Comments(2)
Commented by まるこめ at 2005-11-30 13:58 x
お返事いただいてありがとうございます。感激です!えへ
ネイトがスリーポイントで逆転勝ちなんて、こっちもものすごく感激です。
これから部室に行って来まーす。ネイトの活躍を思い出しながらプレーしてまいります。
Commented by chiesuzukihome at 2005-12-02 03:07
部室、いってらっしゃーい。ネイトのようにがんばってね。
昨日はブルズ戦には行かなかったので(NJで同じ時刻に試合が)ネイトには会えませんでしたが、あのスリーポイントは自身の自信に繋がったでしょうね。チームにもいい影響を与えているようです。
<< ネッツ対ラプターズ ニックス対ボブキャッツと感謝祭 >>