ブログトップ

CHIE SUZUKI HOME COURT blog

chiesuzuki.exblog.jp

ニックスのキッズたち。

西海岸遠征、あと2試合、レイカーズとナゲッツ。

どちらが強豪かといえば今のところナゲッツ。
マーカス・キャンビーはプレイヤーズオブザウィークに選ばれたくらい絶好調のようだ。
ニックスにいた頃の、若く初々しかったキャンビー。ロッカールームの片隅で大きな体を小さくして座り、あの辛そうで今にも泣きそうな顔を思い出すと、今の成功はほんとうに嬉しい。I think I can, I think I can...と心の中で唱えていたキャンビー。
今ではディフェンスオフェンスと両方に素晴らしい結果を残している。

というわけで、ニックスはサクラメントとユタで2勝し、いい塩梅。


昨日は、ソニックスを見に行ってきたが
こちらも昨年と比べるとぼろぼろ・・・・。やっていることは同じなのに。
レイアレンは相変わらず饒舌でシュートは不調。
新コーチ、ボブワイス。。。たぶん彼が元凶である。

ACブレンダン・マローン。加入でディフェンスが強くなったはずなんだけど、
ルーク・リドナー曰く、まだまだ発展途上中、練習中なんだとか。
マローンはキャンビーが慕っているACで、彼の成長はマローンなくしてはありえなかった。それもこれもニックス時代の賜。あの妙に落ち着いた雰囲気のロッカールームは今では、わいわいがやがやした「キッズ」たちの遊技場のようだ。ちなみにラリーブラウンは選手のことを「キッズ」と呼んでいる。今のニックスにはぴったりなのだが。

と、話がすべてニックス仕様になってしまうが、
他のチームも興味あり、西ではサンズ、ナゲッツ、ソニックス、ロケッツ、を注目中。
[PR]
by chiesuzukihome | 2005-11-17 01:48 | NBA | Comments(0)
<< ステフォン・マーブリーの苦悩 やっと勝利が。 >>