ブログトップ

CHIE SUZUKI HOME COURT blog

chiesuzuki.exblog.jp

坂茂の新国立競技場案

d0038897_1884655.jpg

(坂茂の新国立競技場コンペ案)

2020年東京オリンピック 新国立競技場:

坂茂さんもコンペ出品していたのか。
100年続いた人工の森、神宮の森との調和を考えるのは当然だと。

「あのコンペに僕も案を出したんですよ。見事に落ちましたけど(笑)。神宮の森と競技場を溶け込ませる配慮は当然です。規模も小さくなります。それは、僕だけじゃなく、他の提案者もしています。当たり前のことなのです。
そのうえで、僕の案は、予算(当初の予定価格は1300億円)の8割ぐらい。もっと簡単にドームの開閉ができるプランです。従来の開閉式ドームは、建設にもメンテナンスにもすごくお金がかかる。一回一回の開閉が大変で、時間もかかります。そこを簡単な構造で、スピーディにできるようにしました。」
President Onlineより



神宮の森との調和。
被災地への想い。

このふたつはこのコンペに不可欠ではなかったのか。
坂は世界の被災地へ飛んで紙管を使った住宅を創り、被災した人々への貢献を無償で行っている。そのような視点を持つ坂茂。なにか盛大なスタジアムを作って日本をアピール!の前に、それらをしなければいけないのではないか。

先ほど、茂木健一郎氏がツイートしていた「負ける建築(隈研吾)」もしかり。


そもそも、21世紀において、日本が世界に発信する建築的メッセージとして、ザハ案はまったくそぐわない。現代の代表的建築家のひとりである隈研吾氏は、「負ける建築」ということを言われる。建築は、設計者の自我の主張、押し付けではない。むしろ、周辺の環境に「負ける」ことが大切。
茂木健一郎 (@kenichiromogi)


「負ける建築」とは、つまり、周辺の環境、文化、歴史的文脈に合わせて、その中で違和感を与えず、ひっそりと息づく、そんな建築であり、まさに日本人の伝統的な建築観(借景などを大切にしてきた)に合うものだろう。新国立競技場には、そのような、環境に適応した控えめな視点こそが必要である。
茂木健一郎 (@kenichiromogi)





まあ、スポーツ界において、負けるのはごめんかもしれないが、
今の時代、公共事業に於いて考えなければならないこと多し。



⚪︎
[PR]
by chiesuzukihome | 2015-07-13 18:38 | 建築門外漢 | Comments(2)
Commented by aiko3 at 2015-12-14 21:47 x
坂さんがコンペに出てたと知りませんでしたが、それだけでとてもうれしかったです。競技場には坂さんが適任だとずっと思っていました!ヾ(@⌒ー⌒@)ノオリンピック理念に合うし、建築にメッセージ性がありますよね。日本だけでなく、海外でも同じく復興に貢献されてて、説得力があるし。費用面でも理想的で・・。もし彼の建築案になったらどんなに素晴らしいでしょう。記事共感です。ありがとうございます!
Commented by chiesuzukihome at 2015-12-20 13:33
aiko3さま、コメントありがとうございます!返信遅れまして失礼しました。(あまり更新していないブログに遊びにきてくださり、ありがとうございました)
私も坂さんのコンペ参加があった事を知り、惜しい〜いいなあ〜と残念がっておりました。
私のほうは建築の事、そんなに詳しいわけではありませんが、今後も素晴らしい建築家の建築を見ていきたいと、思っております!
<< ヨーガンレール 新国立競技場、なぜ。 >>