ブログトップ

CHIE SUZUKI HOME COURT blog

chiesuzuki.exblog.jp

ドラッガーコレクション

d0038897_1151239.jpg


ドラッガーコレクション


マネジメントの父で、経営学最高峰ピーターFドラッガーが、日本画に傾倒していたのはご存知でしょうか。それは趣味の域を超え、若い頃から室町時代の水墨画や桃山時代江戸時代の貴重な文人画など壮大なコレクションを続けていたのです。
今回、没後10年にして千葉市美術館でその一部を見てきました。

渋い趣味しているな、これがマネジメントとどう繋がるのか?
わかりませんでした。

けど、絵画の何も描いていない部分の「間」の取り方、筆の勢いリズム、緻密さ、などは、経営や、いやなんでも重要なところは、全てに通じるものがあるなあと再確認。

もう二度と見られないコレクションだったかもな。


なお、千葉市美術館はけっこういいのやってるよ。
日本画方面が充実しています。


千葉市美術館の周りにはカフェとか見どころがないし東京から来るのには面倒かもしれませんけど。
おすすめといえば、
オーガニックワインバー(da.b)、中近東風のカフェ(apartment-m cafe)、カフェ&ギャラリー(呂久呂)があるけど…。
千葉市美術館の上のレストラン、かぼちゃわいんもまあまあいいです。















[PR]
by chiesuzukihome | 2015-07-08 11:51 | アート | Comments(0)
<< 新国立競技場、なぜ強引に進めるのか。 東京オリンピック >>