ブログトップ

CHIE SUZUKI HOME COURT blog

chiesuzuki.exblog.jp

風刺

d0038897_17502669.jpg

(石田徹也展より)


石田徹也 展

同時代の社会風刺をひたすら描き続けた石田徹也。
戦後教育がどんなものだったか、身に覚えのある光景だ。

同じ顔の男がまるでコピーされたように描かれているが、石田徹也自身だろうか。悲しい虚ろな表情で灰色の現代社会を強制されて生きていく。
どうしても画の中に引っ張られてしまうので見る時は注意が必要。

d0038897_17552933.jpg

(石田徹也展より)

戦前は、たぶん、こんなではなかった。らしい日本人。
もっと自由でおおらかだったらしい。すべての国民が軍隊式の教育で通り一辺倒になった。
もし、石田徹也がまだ生きていたら、今の社会をどう風刺するだろうか。
[PR]
by chiesuzukihome | 2014-06-30 23:46 | アート | Comments(0)
<< 2008ドラフト その1 光琳 >>