ブログトップ

CHIE SUZUKI HOME COURT blog

chiesuzuki.exblog.jp

架空対談:アランとアイザイア

(アラン引退前の出来事)

アイザイア・トーマス(IT):ドーラン社長が手術を受けているんです。
アラン・ヒューストン(AH):お気の毒に。心臓ですね。
IT:お見舞には行ったの?
AH:いいえまだ、絶対安静期間だから。負担がかかるかと思って。

IT:このあいだね、僕とちょっと言い合いになったの。でもバスケットボールが大好きだからこその言い合いなの。みんなバスケが好きなのね。
AH:社長の健康に障ったのですか?
IT:そういうわけではないの。ただストレスなのよね。ロスター、早く見極めないと行けないでしょ。僕の構想は、

ステフ、ジャマール、君、クエンティン、トレバー、エディ、JJ、と来て
ルーキーの、ネイト、リー、フライ、そんで、テイラー、ローズ、ペニー、デイビスそれから凄くイイ仕事っぷりの、マット・バーンズ、ジャッキー・バトラー、僕が残したいんだけど、ブリューワー。それにスティーブン・バーバーにオーティス・ジョージは残るのには厳しいかしら。
ってさ、仕方なくこのふたりをカットしても17人でしょ。とにかくもう2人はこの中からいなくなるわけだし、ラリー・ブラウンコーチにも、お伺いを立てたのだけど、バトラーを残したいそうなの。
でもね、うまくいかないのよ・・・・。
ドーラン社長もやきもきしながら、ね、僕らのロスター構想を聞いていたのだけど、どうしてもロスター枠15人未満に出来ないのよ。

AH:あ、そうなのか、僕がインジュリーに入っても、だめなのか。
IT:いまのところクエンティンと、君ね、それとたとえばマット・バーンズがインジュリーに入って、12人をアクティブにするにしても、バトラーとブリューワーはおさらばなのよねー。どうしたらいいのかしらー。もう。悩むわ悩むわ。

AH:・・・・・・・。
IT:ところで君の怪我はどんな調子なの?えっと、僕らの構想に入れてもいいのかな?
AH:え、出来る限りのことはしています。なんとか・・・痛みが治まれば、復帰できるんじゃないかと・・・。
IT:今はどんな調子なの?
AH:今は、まだ、どうも痛みのほうが同じ状態で、たくさんの医師にも診せていますが完全に復帰の状態に持っていくことは、まだ出来ていないので・・・。

IT:そうなの。ドーラン社長も君のことが心配で心配で、それに今回の手術でしょ、心労がたっぷり、ってな様相でした。
AH:そうでしたか・・・・・。
IT:早くね、きっちりロスターが決まって、ラリーの作戦がはっきり示せれば、社長もきっと回復が早くなると思うわ。健康第一だわ。ね、アラン。ほんとうに、健康あってのこと、健康あっての人生なのよ。健康あってのロスターなのよ。
AH:・・・・・。

※この話に登場する団体、登場人物は、すべて架空のものかもしれませんのでお気をつけください。
[PR]
by chiesuzukihome | 2005-10-27 08:38 | NBA | Comments(4)
Commented by strike at 2005-10-27 17:34 x
笑いました。なぜ女言葉(笑)

アランの引退会見で話すアイザイアの、一点の曇りもない笑顔を思い出しました。あれは心の底から嬉しくてたまらないってな笑顔でしたね…
あと、ブリュワーとスティーブン・バーバーとオーティス・ジョージは解雇されちゃいましたね。いつの間にか。
Commented by crossray at 2005-10-28 01:40 x
アイザイアは基本的にはいつも笑顔ですよね(笑)。

現役時代ジョーダンに体当たりした時もニコニコしてましたし(笑)。
それに若いジョーダンがまた熱くなったり・・・。
相変わらずしたたかですよねアイザイアは、押しが強いっていうか・・・。
アランの責任感をみこしてたんでしょうね。その責任感がアランを苦しめてきたんですよね。そういえばグラント・ヒルなんかはどう思ってるんだろ彼は復活しましたが。デトロイトで一緒にやってましたよね。スマートでナイスな二人ですが、やっぱりニューヨークって土地柄が大きかったのかな。
Commented by chiesuzukihome at 2005-10-28 08:23
解雇されちゃいましたね。スティーブンバーバーは、ネイトロビンソンと同じタイプの子供サイズPGだったので、惜しかったです。壇上のアイザイア、確かに笑っていましたなあ。
女言葉・・・書いているうちに自然にそうなってしまう。私にもその要因が分かりません(笑)。
Commented by chiesuzukihome at 2005-10-28 08:27
ジョーダンに体当たり。ええ、押しが強いですよ。押しが・・・(笑)。でも彼はデキるビジネスマンです。ビジネスにあの余裕の笑みは必要なんですね。
グラントヒル、これがニューヨークなら許されないかもです。こんど遠征に来たら聞いてみます。怪我人なのでやんわりと。
<< 明日のニックス あらひゅー3 >>