ブログトップ

CHIE SUZUKI HOME COURT blog

chiesuzuki.exblog.jp

アラン・ヒューストン物語

あらひゅーものがたり。

アランがニックスに来たのは90年代。
デトロイトをさっさと後にしニューヨークへやって来た。
彼はスマートでナイスガイだ。ファッションセンスなんてたぶんNBAの中でも上位に位置するだろう。
そんな彼はニューヨークの街にぴったりな男だった。
と思う。

ユーイングともなんとか仲良くして、スタークスからは教えを乞うた。
リーグ屈指のピュアシューターにこんどはラトレル・スプリーウェルという男が絡んでくる。シューティングガードがいるのにシューティングガードを加入させるなんてちょっとおかしいのだが。

スプリーは当時、リーグでも評価が真っ二つに分かれる男で、
首を絞めようがコート上ではやることはやる男、首を絞めてリーグに残留できるとはとんでもない。と言う考えと真っ二つだ。

スプリーを欲しがるチームのひとつに当然の如くニューヨークのチームがあった。
ニューヨークとは、生き馬の目を抜く、他人を出し抜いて利を得るのがこの街だ。

コートでいい仕事をしてくれること。どんなことがあっても。

これ以上にこのチームが望むものはない。

それに、おっとりしたアランをすこし競争させるため。もあったのだろうか。

アランをシューティングガード、スプリーをスモールフォワードにして
1999年には奇跡のファイナルへ。
このときのアランの人生での大きな仕事は第一回戦ゲーム5のラストショットだった。
これが奇跡のニックスの幕開けだった。
世界中の目を釘付けにした、この年のニックス。

他を出し抜いて獲得したスプリーとともに、アランはニューヨークという街で精進する。バンガンディという希有なコーチとも。

2001年7月アランはニックスと6年一億ドルの契約。
オーナーのジェームス・ドーランはアル中から立ち直った大金持ちで、ケーブルビジョンというケーブルテレビ会社の社長のひとり。
アランにこんな大金を上げたのも、ニューヨークという街の誇り高き、自己顕示欲高き、金持ち根性だったのでしょう。

しかし2001年のプレーオフ(4月)はラプターズに負けた。
キャンビーの妹さんの事件やチャーリー・ウォードの宗教事件等で、力が出し切れなかった。後味の悪いニックスだった。このときにゲーム5でスプリーはアランを批判した。この土壇場の試合でなんとアランはやることなすことだめだめで、いざというとき頼りにならないんじゃないか。というレッテルを貼られそうになる。

ニックスのシーズンは終わり、アランの契約があり、
そして2001年と言えば9月11日のテロ事件。
この前代見物のテロ攻撃に遇ったニューヨーク市は街ごと意気消沈し、人々は嘆き苦しみ、バンガンディも苦しんだ。(バンガンディは親友を亡くしている)
このテロの影響は絶大で、米国の好景気を一気にどん底に突き落とした。

シーズンが始まるとオフシーズン中話し合われていた、NBA ルールの改定が行われ、ゾーンディフェンス解禁になる。これでマンツーマンが信条のバンガンディスタイルが上手く機能しなくなる。
アランにとってはスリーポイントを前よりも容易に入れられるメリットもあり、一億ドルの価値が光った。
が、テロの影響をまともに受けたバンガンディはチームを辞めてしまう。
「精神的に疲れてしまった」と辞任。

それからのニックス、低迷が始まる。(続)
[PR]
by chiesuzukihome | 2005-10-21 08:46 | NBA | Comments(6)
Commented by crossray at 2005-10-22 04:20 x
はじめまして。HOOPのSuzukiさんのコーナーいつも楽しく見ております。アラン引退ですか。アスリートらしからぬソフトさのあった選手でしたが、そこがまた魅力の選手でした。スプリーと比べられたのが気の毒でしたね。比べるような二人ではないと思うんですがプロの世界は厳しいですね。あの綺麗なフォームが見れないのは寂しいです。
レジ-に続いてのピュアシューターの引退ですが、アランは怪我があっての事だと思います。年齢的にはまだできそうな気もしますが、精神的にきつかったのでしょうか。
Commented by chiesuzukihome at 2005-10-22 13:06
スプリーとアラン、そのYin&Yanのコントラストは絶妙でしたね。つかず離れずな不思議な関係。世紀末のニックスはそれが魅力のひとつでしたね。アランの怪我は精神的なものからも来ていた気もします。あくまでも想像ですけれど。
HOOP、読んでくれてありがとう。また訪問してくださいね。
Commented by pip at 2005-10-22 23:15 x
こんにちは。一度pipについてメールお送りしたことがあります。まだマリンがペイサーズの一員の頃?でしょうか。返信頂き(とコメントに)凄く感激しました。
ところで、以前NBA??という番組で、LJとアランのインタビューを見ました。薄地のピッタリしたcapをかぶったアランが「swimmingCAP?(もちろん冗談ですが)」とインタビュアーの女の子に聞かれて、勘弁してくれよーって顔で応えてましたけど、ホントおしゃれ&好青年でした。なおLJは「試合後にパンツをはかないんですね?」と言われて(見られて)言葉を失ってました。
あと、ヒートを破ったG5ですかね、アランがガッツポーズするのは。普段は見られない姿でしたねー。ユーイング、LJ、マークジャクソン、もう昔話なんですね。
Commented by chiesuzukihome at 2005-10-23 06:00
NBAマニアですね。私も一時期見ていましたよ。懐かしいですねー。pipさんよく覚えていますね↑。
LJ、パンツは履いていなくともあの人情派リーダーシップには、まいど恐れ入りました。マリンはめでたくゴールデンステイトで働いていますが、LJはいったいシャーロットなのかニューヨークなのか、どちらも印象が同じくらいなので(ケガのため)、素晴らしい選手だったのにフロント入りも永久欠番にもならなかったのはホント悲しいというかもったいないです。マーク・ジャクソンはネッツでTV解説していますね(なんとなく伝道師のような喋りっぷりです)。
Commented by strike at 2005-10-23 14:29 x
chieさん初めまして。私はミラクルニックスの翌シーズンからのニックスファンなのですが、ニックス通信ずっと読ませてもらってました。あとHOOPも、chieさんのページだけは毎回チェックさせてもらってます(立ち読みで)。
スプリーとアランのコンビについては色々と思うことがあります。何というか、お互いに近づきすぎるのをためらってるかのような不思議な距離感を、見てて感じてました。二人とも今オフにNBAからいなくなってしまったにも、妙な縁を感じます(スプリーは戻ってくるかもしれませんが)。
アランヒューストン物語、続き楽しみにしてます。スプリーについてもぜひまた書いてください。

Commented by chiesuzukihome at 2005-10-24 03:56
ミラクルニックスのころのスプリーとアランの不思議な距離感、
確かに絶妙でしたね・・・。そう言えばスプリーは口が滑ったまま何処かへ飛んでいってしまいました。最近キャンビーは、給付金が出なければ服装規定用スーツは買えないよ。とこれまた口が滑ったのか、スプリー兄貴を見習ったのか言動が批判されていました。
キャンビーは安定したディフェンスとともにナゲッツで羽ばたいておりますが、スプリーにもまだまだプレーしてもらいたいですね。
HOOP読んでくださってありがとう。でも立ち読み〜ぃ?(笑)
<< あらひゅーものがたり2 新しくなったニューヨーク・ニックス >>