ブログトップ

CHIE SUZUKI HOME COURT blog

chiesuzuki.exblog.jp

NBAグッズ

d0038897_10582671.jpg


(加筆)
この写真は、うちにあったNBAグッズで、先日島本和彦さんのおうちに送ったところです。(ぬいぐるみは埃だらけだったので後日)

写真ではよくわからないかもしれませんが、ピンバッチは過去10年〜くらいのオールスターロゴのもの。自分で持っていても、ただ持っているだけ。になりそうだし、眺めて「しめしめ」なんてやるタイプでもないし。それとトレーディングカード。これらもちょい昔のもので未開封。なぜかポケモンカードも。それと往年のレジェンドさん、デビッドロビンソンのジャージ(小)これも持っているだけで、飾ってもいないし着てもいなかった。ファンなりたてのころにサンアントニオで買ったものだったかな?まあ、買わずにはいられないファン心理。わかりますよね。
それと、スパーズのキャラクターであるコヨーテのぬいぐるみ。これがめちゃかわ!なのできちんとグルーミングして…あげないとね。

と、なぜNBA博士島本さんのところへ送ったかというと、
島本さんは日本のバスケの殿堂を計画中なのです。島本さんはとにかくおうちに山盛りのバスケグッズが(きっとトラック1台分はある?)眠っているらしく、それらを一カ所に集めてバスケの聖地?みたいなものをお考えなのだ。
そのバスケの殿堂は「秋田県の能代」なんだって。おそらく日本でバスケが有名な土地ということなのだろうね。アメリカではマサチューセッツ州のスプリングフィールドっていう、バスケットボール発祥の地に位置する。寒い土地でも室内でできる球技が発明されたところ。


でも、私が寄付するグッズはたったこれだけ…?
NBAのそばで活動していた人間としては、もっとたくさんのグッズを持っているはず。NBAは、まー気前がいいというか、いっぱいお土産くれちゃって、オールスターとファイナルで、それぞれ、スポーツバッグにTシャツやジャージ、スポーツキャップ、ロゴ付きリストバンド、スポーツドリンク用ポットなどなどその都度いっぱいくれました。(最近は経費削減かほとんどないですが)

それらを、どうしていたかというと…長年タンスの肥やしにしていました。
XLのジャージなんか着ないし、スポーツバッグも使わないし…ときどき日本へのお土産にしたりもあったけど。で、これらはニューヨーク撤退の引っ越し時に、ニックスラジオのおじさんに頼んで、NYNJの高校バスケのコーチに差し上げました。子供たちに配ってくれる事を願って。

というわけで、家にあったロビンソンジャージとぬいぐるみ、持ち帰ってきたピンバッジ…。ということに。

実は、寄付しなかったピンバッジがひとつあります。
それは、ある選手の引退セレモニーのときに配られた、NewYork33のジャージの形をしたバッジです。なぜかこれは大事にしています。特別大ファンてわけでもないけど、なんとなく…。
[PR]
by chiesuzukihome | 2011-08-20 13:35 | NBA | Comments(0)
<< September Eleven アメリカと日本 >>