ブログトップ

CHIE SUZUKI HOME COURT blog

chiesuzuki.exblog.jp

ダンカン=バカ殿の意味

d0038897_4142958.jpg


写真左:ティム・ダンカンの頭上に、優勝の紙吹雪が舞う。
そのひとつがダンカンの額に張り付く。

写真右:志村けん演じるバカ殿とミニモニ。
(2002年、このユニットはつんくプロデュースでCD発売したらしい。CDには「アイ〜ン体操」や「アイ〜ン!ダンスの歌」などが収録されているという。)
[PR]
by chiesuzukihome | 2005-07-28 04:02 | NBA | Comments(2)
Commented by hakusyazuki at 2005-07-29 02:16 x
そういうことでしたか。
かな?と一瞬想像しないでもありませんでしたが、紙吹雪がくっついていないウィーティーズ撮影の方にもバカ殿とあったので、そう表現したくなるような面白い逸話でも有るかと少々期待してしまいました。(^_^;)
HNどおりのSA贔屓ですが、Chieさんが1999初優勝時に描かれたSAメンバーのイラストが楽しく大好きでした。
original version へのリンクありがとうございます。
Commented by chiesuzukihome at 2005-07-31 23:46
面白い逸話があったら良かったのですが、ダンカン、会見の時も早口で棒読みで、わざと言葉に魂を入れずに喋るのが「大得意」のようです〜。これでは妙なあだ名をつけても暖簾に腕押しですね。99年イラストはエイブリーがタコのヤツですね。その前にもスパーズ特集をやったことがあって、ダンカンルーキー時で、その頃は大学時のBabyとかSoftとか皮肉な呼称があったようです。
<< ラリー・ブラウンがニューヨーク... ニックスにはブラウンが。 >>