ブログトップ

CHIE SUZUKI HOME COURT blog

chiesuzuki.exblog.jp

ニックスにはブラウンが。

ニックスのヘッドコーチが決まりそうである。

ラリー・ブラウンは、オーナーのジェームス・ドーラン、現ヘッドコーチハーブ・ウイリアムス、GM アイザイア・トーマス、と組織の首脳陣3人と会った。

イーストハンプトンという、ニューヨーク州でも金持ちクラスの暮らす(どちらかというと別荘)地域にブラウンも家を持つ。金持ちドーランもたまたま、ハンプトンに居合わせていたそうで、アイザイアの指示に従い、歓談、そしてハーブとも会食。

普通、ヘッドコーチを招聘する場合、現コーチはないがしろにされ、去ってもらってからアクションを起こすものだが、これはなんというか、ハーブ・ウイリアムスの温厚な人柄からというのか、ブラウンもハーブにアシスタントとして残ってもらいたい意向。

この世知辛いニューヨークで展開されるビジネスにしては、非常にスムースに進行している。アイザイアのにこにこ顔(ブラウンの奥さん曰く、いい人よ)、ドーランはきっとゴルフとかヨットで日焼けし、健康なまま(まるで過去のアル中を想像させない)ブラウンと会合、ハーブはもともとあのいい人路線でそのまま。

ブラウンは、デトロイトのオーナー爺ちゃんに、すまんが去ってくれたまえとオブラートに包まれた辛らつな言葉を、健康が危ぶまれている箇所に一気にストレスを受けながら、ハンプトンへ戻った。
暑い太陽と木陰のそよ風を受けながらの(想像)満面笑顔青年アイザイアとの会合は、きっとうまくいったのだろう。

マーブリーの名前でギフトバスケットが届いたと言うから、これも笑顔青年の指図ではあると思うが、うまくいくことを願う・・・。
[PR]
by chiesuzukihome | 2005-07-27 05:36 | NBA | Comments(4)
Commented by hoopnba at 2005-07-27 07:44
初めまして。めちゃめちゃオモシロいです、このブログ。特に「架空対談シリーズ」がそーいうの大好きです。私もたまにNBA妄想してます。
Commented by hakusyazuki at 2005-07-27 10:27 x
Chieさんのイラストのファンです。以前のページが見当たらず寂しく思っていましたが、ふとしたことでここを見付けました。また楽しませていただきます。ときに以前の記事で、ダンカンにバカ殿と修飾語がついていたのはなぜですか?(珍しいが、不思議に似合っているようなような気もしたり…)
Commented by chiesuzukihome at 2005-07-28 02:03
hoopnbaさん
初めまして。また遊びに来てくださいね。
NBA妄想シリーズ、頭からこぼれそうですー。
そちらのサイトものぞきに行きました。ニュースはやいやはやい、ネタ満載、そして辛口風味でかなりいけます。
Commented by chiesuzukihome at 2005-07-28 02:10
hakusyazukiさん
初めまして。イラストのファンだなんてありがとう。以前のページとはクリックしても繋がらないってやつですか?あれは悪徳プロバイダーのせいでああなってしまいました。新しいページはそのまんま別の場所にあります。今度リンクしておきますね。ところでダンカンファンだったのならごめんなさい。修飾語の理由を上の方にアップしておきますね・・・。
<< ダンカン=バカ殿の意味 郵便配達は十九日遅れる。 >>