ブログトップ

CHIE SUZUKI HOME COURT blog

chiesuzuki.exblog.jp

架空対談:アイザイアの恩返し

IT「ボクらのこれからの課題ですね。X and Oとか
そうゆうのって。でもニックスのヘッドコーチは楽しいですよ。
何てったって大都市ですからね。
それにね、ぜったいにボクはね、ラリーを助けたいの。
ペイサーズを首になったボクを、あのプエルトリコで助けてくれようとしたでしょう?(うううっ涙)」

LB「いや、わしはな、君のような才能ある若者が、道ばたに放り投げられるのを見ちゃ居られなかったんだよ。今、わしのほうが放り投げられているがな。
デトロイトの道ばたで任務を終えてする事のない老兵を、いち早く拾ってくれてありがとう。」

ブラウンは、2003年プエルトリコでのオリンピック練習試合中ペイサーズに解雇されたアイザイアを、ジョン・カリパリと一緒になって、メンフィス大学就職作戦を練ってくれていた。

IT「なんですって、まだまだラリーはいけるわヨ。(なぜか女言葉)」

LB「わしのディフェンスフィロソフィーをぜひ、生かせたらと思うのじゃが、どうかね。」

IT「うふふ、それにはまだまだ手がありますよ。トレード可能な逸材が生鮮市場にたくさんありますよ。(ジャーメインをどうにかして引き込む作戦はないかしら、ないわね)」

アイザイアがお土産に持ってきたニックスユニフォームを着た子供達が、走り抜ける。

IT「まあ、将来のニックスプレーヤーが。(にっこり)」
[PR]
by chiesuzukihome | 2005-07-24 07:31 | NBA | Comments(0)
<< 郵便配達は十九日遅れる。 架空対談ラリー・ブラウン対アイ... >>