ブログトップ

CHIE SUZUKI HOME COURT blog

chiesuzuki.exblog.jp

架空対談ラリー・ブラウン対アイザイア・トーマス

ニューヨーク・ニックス社長兼GMアイザイア・トーマスは、ニューヨーク州イーストハンプトンの閑静な避暑地へ出向いた。
別荘風の建物のブザーを押し、木製の椅子に腰掛けそわそわ。(にこにこ顔で)

休日のおとうさんの格好で現れたこの別荘の主人は、しわが一本増えた元デトロイト・ピストンズの名将ラリー・ブラウンだった。

LB「やあ、しばらくだね。入りたまえ。」
IT「ラリーさんこんにちは。ご無沙汰しています。いいところですねえ。」
LB「いやいや。」

IT「この時をずっと心待ちにしていたんですよ。(にこにこ顔で)」

(世間話省略)


LB「・・・わしはだな、ディフェンスオリエンテッドの選手がおらんとの、わしの作戦は死んでしまうんだよ。あのジャマール・クロフォード君とか、ティム・トーマス君のディフェンスじゃ、話にならんのだ。」

IT「ジャマールはボクが育てている、かわいいかわいい素晴らしく素直な選手なんですよ。(にこにこ)クラッチシューターだし、当たると怖いんですよ。スリーポイントなんかパチンコのように入ってしまうのだから。」

LB「んああ、素晴らしい選手には違いない。
あそれからあのステフォン君はわしの指示通りに打ってくれないんだよ、
オリンピックの時以来成長しているのかね。」

IT「もちろん。心を入れ替えている最中でございます。うふふ。」

LB「ステフォン君はだな、それで、ディフェンスできるのかね。一番のネックなのじゃよ。40分も出場しているからには、わしのディフェンスをやってくれないと困るのじゃよ。」

IT「大丈夫ですよ。ネイト・ロビンソンっていうステキなポイントガードも揃えたし、クエンティン・リチャードソンも連れてきましたから。」

LB「ふむ。
センターは誰だね。
なぜカート・トーマスがいないのじゃ。」

IT「あ、彼、楽しそうなチームへ行きたがっていましたからネ。うふ。」

LB「ジェローム・ジェームスはいいかもしれんが、わし、新人を一から教えるのはしんどいんじゃよ。基礎の分かっておらんお子たちの相手をするよりも、オフェンスのフォーメーションを一つ増やす方に力を注ぎたいのだ。余生もあまり余っておるわけでもなし。」

IT「大丈夫です。いざというときはハーブ・ウイリアムスに全部やらせますから。」

LB「それとだな、恐ろしく激しい防御男をがいないとだな・・・、
そうじゃの、ダグ・クリスティやラトレル・スプリーウェ、
ロン・アーいやなんでもない。わしの作戦はなそういった選手がいないと・・・。」

IT「ダグは幾らだったかしら。(カチャカチャ)・・・・。」

(このお話はフィクションです)
[PR]
by chiesuzukihome | 2005-07-22 13:34 | NBA | Comments(0)
<< 架空対談:アイザイアの恩返し ニューヨーク名物・大型契約? >>